FC2ブログ

桐光学園×横浜商大 【秋季神奈川大会4回戦】

9/10 秋季神奈川大会4回戦
桐光学園×横浜商大 @サーティーフォー保土ヶ谷球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170910桐光学園×横浜商大

桐光学園は1回表、先頭の楠本が粘った末に三遊間を破って出塁→バントで送ると、山田の1塁線の打球をファーストが捕れず(記録はヒット)先制。しかし天野のヒットと死球でなおも満塁とするも、ここで商大先発の青山が踏ん張って2者連続三振に斬ってとると試合はここから投手戦に突入する。青山は毎回のように得点圏にランナーを背負うも、あと1本をゆるさずに2~4回は桐光学園打線を無得点に抑える。一方の桐光学園先発の谷村は2回にヒット2本は浴びるも、それ以外は圧巻のピッチングで商大打線に付け入る隙を与えなかった。

試合が再び動いたのは5回表、桐光学園はこの回先頭の辻がレフト前ヒットで出塁すると、続く山田が右中間を破るタイムリー2ベース。さらに天野もタイムリーで続いた。田村は併殺打でランナーはなくなるものの、続く途中出場の渡邊がセンターオーバーの打球を放つと、中継が乱れる間に一気にホームインしてこの回3点目をあげる。続く6回表にも商大の2番手堤から辻のセンターオーバータイムリー3ベース、山田の犠牲フライ、田村の左中間へのタイムリー2ベースで3点をあげて7点差。

谷村が6回までを2安打7奪三振無失点という完璧なピッチングを見せると、7回裏は背番号1をつけた冨田が2個の三振を奪い3人で締めてゲームセット。桐光学園が7回コールド勝ちでベスト8にコマを進めた。

20170910横浜商大 青山
2~4回は桐光打線を無得点におさえた横浜商大先発の青山

20170710桐光学園 谷村
6回2安打7奪三振無失点と完璧なピッチングをみせた桐光学園先発の谷村

20170710桐光学園 高橋
好リードに加え、打っても4打数4安打と乗っていた桐光学園のキャッチャー高橋


Topic
◆夏の同じ投手リレーで
桐光学園は夏の神奈川の終盤では先発谷村→リリーフ冨田という1年生リレーで戦った。この秋は冨田が背番号1をつけ、谷村が背番号10であるが、谷村→冨田のパターンは健在のよう。前の綾瀬戦に続いてこの日も谷村が先発のマウンドに立った。

谷村はアウトローのストレートが中心のピッチングであったが、ゆったりとした感じからいきなり腕が出てくるようなスリークウォーターのフォームであるために球速以上にストレートに威力が感じられ、たまに高めに浮いたり、中に入ったりするボールでもしっかりと空振りがとれていた。谷村は三振を7個奪ったが、そのうち3個が3球三振という内容でまさに圧倒的なピッチング。6回2安打無失点という完璧な内容でマウンドを降りた。

冨田は7点リードで抑えればコールド勝ちという7回裏のマウンドに立った。この日の冨田は相変わらず桐光学園の先輩の松井裕樹そっくりなフォームから繰り出すストレートで押すピッチング。このストレートを低めに集めることもできて、カウントを稼ぎ、追い込むとこちらも低めにワンバンするようなスライダーで三振というパターンで2個の三振を奪って3人で締めた。

ともに夏から戦力となっていた2人の1年生投手であるが、そこから球威・コントロールともにさらにレベルアップした感じは受けた。谷村→冨田というリレーは早くも他のチームにとって脅威となることであろう。

20170710桐光学園 冨田
最終回をきっちり3人で締めた桐光学園の冨田


◆末恐ろしい1年生軍団
桐光学園は上にあげたダブルエースの1年生以外にも、4番を打つ天野、正捕手の高橋、唐橋・楠本の二遊間とスタメンに1年生が5人名を連ねて、まさにチームの中心を担っていた。天野は4番として3安打の活躍、高橋は完封リレーを演習するリードに打っては9番ながら4打数4安打の活躍、楠本は初回に粘ってヒットで出塁して先制点の起点となり、2回の併殺などを見ていると唐橋・楠本の二遊間はかなりハイレベルであった。

まだ新チームも始まったばかりで木が早すぎかもしれないが、来年のチームは本当に末恐ろしく、来年は横浜・東海大相模でなく桐光学園が神奈川を牽引するという構図も大いに考えられると思った。

20170910桐光学園 天野
1年生ながら桐光学園の4番として3安打の活躍をみせた天野


◆4強との力の差を痛感した横浜商大
昨秋は神奈川ベスト4に輝いた古豪の横浜商大であるが、今年は4回戦で散ることとなってしまった。先発した背番号10の青山は腕の振りがしなやかでコントロールのいいスリークウォーター右腕であり、決して投球内容が悪いというわけではなかったが、5回途中まで4失点で降板。他にも打線も守備もそれほど悪いとは感じなかったが、残念なことに桐光学園との力の差は歴然であった。

激戦区といわれている神奈川であるが、横浜・東海大相模の2強に、慶応・桐光学園を加えた4強の実力が近年は際立っていて、甲子園に出るならこの4チームのどれかという状況だ。それに続く第2グループに横浜商大もいると感じているが、そこの差は大きいと今日あらためて痛感した。


Pickup Player
山田陸人 桐光学園3年 サード
~打線の中心はやっぱり山田~
1年生が多い桐光打線であるが、その中で存在感を発揮したのが前チームから野手で唯一のレギュラーである山田であった。

山田はちょうど1年前の1年秋から背番号16でベンチ入りを果たすと思い切りのいい打撃を武器に、逢坂を押しのけてショートのレギュラーに定着。2年夏には3番サードとなると、5回戦の大師戦では決勝の2ラン、準々決勝の慶応戦で逆転タイムリー2ベースを含む4安打、準決勝の横浜戦でも敗れはしたものの2安打を放つなど22打数14安打13打点と当たりにあたっていた。

最終学年となった山田は、この日も前チームと同じく3番サードでスタメン出場。第1打席では1塁線に先制のタイムリーヒット、第2打席でもレフト前を放った。そして無死1塁で回ってきた第3打席では、この日1番の当たりといえる右中間を綺麗に破るタイムリー2ベース。第4打席でもきっちりと犠牲フライを放ち。3打数3安打3打点という活躍でチームの勝利に貢献した。レフトに2本、右中間と1塁線に1本ずつと見事左右に打ち分けた山田。もとは思い切りのよさが武器であったが、夏頃からボールに合わせて、うまく右方向へもっていくこともできるようになってきた。

1年生が目立つチームで、4番をうつ天野の打球スピードなどは目を引くものがある。それでも桐光打線の中心は、経験があり、また右へ左へ打つことのできる柔らかさをもった2年生の山田であると思う。

20170910桐光学園 山田
3打数3安打3打点の活躍をみせ、桐光学園打線を牽引する山田





ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

商大は三回戦負けでなく、四回戦負けです。

Re: タイトルなし

> 商大は三回戦負けでなく、四回戦負けです。

あっ、そうですね…ご指摘ありがとうございます。
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ