専大付属×関東一 【秋季東京大会1回戦】

10/7 秋季東京大会1回戦
専大付属×関東一 @神宮第二球場

春季東京大会、秋に完成度の高いチームをもってくることには定評のある関東一の初戦は専大付です。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20171007専大付×関東一

関東一は1回裏、先頭の斎藤が粘った末にレフトオーバーの2ベースで出塁すると、四球→タッチアップ→盗塁で2・3塁として4番石𣘺を迎える。石橋も粘った末の8球目を打つと強烈な打球がショートの頭を越え2ベースとなり関東一が2点を先制する。

しかし専大付も直後の2回表、先頭の4番松本がレフトポール際に特大のホームランを放ち1点差。しかし2回裏に関東一は死球で出塁した天野を2塁に置いて、斎藤が左中間にタイムリー2ベースを放ちすぐに2点差に戻す。

さらに3回裏には2死1塁から6番泉があと少しでホームランというセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースを放ち1点を追加すると、4回裏には連続四球からチャンスを作ると1番斎藤が早くもこの日3本目の2ベースを放ち2点を追加する。

5回以降は専大付もチャンスを作ると、5回・6回には内野ゴロの間に1点ずつを返す。しかし関東一は5回裏には大久保のセーフティから天野・代打石田の連続タイムリーと斎藤の犠飛で3点、6回裏にはまたもや2死1塁から泉の長打で1点を追加してリードを広げ、6回終了時には7点差をつけて、点がはいらなければコールドという状態で7回表の専大付の攻撃を迎える。

7回表に専大付は1番笹川がヒットで出塁するも2死となり万事休すと思われたが、途中出場の3番向口のフラフラと上がった打球はライト線に落ちて、その間に笹川が一気にホームインして土壇場で専大付がコールドを回避する。しかし粘りもそこまでで、その裏に斎藤にこの日5打点目となるタイムリーを浴びてサヨナラコールド。関東一が無事に初戦突破を決めた。


20171007関東一 石𣘺
先制のタイムリー2ベースを放つ関東一の4番石𣘺

20171007専大付 松本
2回にホームランを放つ専大付の4番松本

20171007関東一 天野
4打席全てで出塁し4得点をマークした関東一の天野


Topic
◆右の2大スラッガー揃い踏み
関東一の打線で期待されるのは1年夏から5番バッターとして活躍し、今年の夏の東東京大会では4試合連続ホームランを放った4番の石𣘺。そして夏はベンチ入りを逃したものの体重90㎏を誇り、春は大型スラッガーとして期待された6番の泉である。

まず魅せたのは石橋で初回に1死2・3塁のチャンスで8球目を打ち先制のタイムリー2ベース。石𣘺の打球スピードはこの試合の中ではひとまわり抜けていて、その前のファールの段階から3塁側で投球練習している味方が危ないと思うほどで、2ベースとなった打球もショートの頭を越えたのちにあっという間にフェンスまで到達した。結局この日の石橋は3打数2安打2打点という活躍で、前チーム同様に期待通りの活躍をしたといえる。

泉はまだ粗さがあり、1打席目こそ専大付のエース大高の変化球に合わずに空振り三振。しかし2死1塁で迎えた3回裏にはあと少しでホームランというセンターフェンス直撃のタイムリー2ベース、6回裏にも同じく2死1塁から今度はライトフェンス直撃のタイムリー2ベースを放った。いずれも打席も2死1塁という長打でしか点をとれない場面でしっかりと打点をあげたのは長距離砲としては評価できる点だ。神宮第二球場ということで1発が是非とも見たいところではあったが、それでも2安打2打点の活躍であった。

どちらかというと足を使った攻撃のできる巧打者が多い関東一。しかし今年は石𣘺と泉という2人の右のスラッガーの活躍にも期待です。

20171007関東一 泉
3回にセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースを放つ関東一の泉


◆まだまだ投手陣はお試し中?
前チームでは高橋・小川という2枚看板がいたために、新チームの投手陣には経験が少ない。その中でも背番号1をつけてこの試合の先発のマウンドに上がったのは平川巧。平川は身長167㎝と小柄ながら威力のあるストレートをコントロールよく投げ込み、縦のスライダーもなかなかのボールであった。安定感はあったが、徐々に専大付打線も平川巧にあってきた感じで、5回を投げて2失点。ただ三振は7個奪うという快投であった。

2番手として登板したのは175㎝82㎏とい立派な体格の1年生右腕の谷。谷はストレートの威力こそなかなかであったが、ストレートに頼り切りでやや一辺倒なところもあり専大付に1イニング2安打を浴びて1失点。3番手で登板したのは中日バルデスのようなフォームの左腕の茂。茂はスピードはないものの緩急をつけたピッチングが持ち味のようだが、この日は変化球の曲がりが早くベース手前でワンバンしてしまうものも多く、0点に抑えればコールド勝ちという場面で1点を失ってしまい、試合続行となった。

3人の投手を登板させ、他にも土屋や渋谷といったピッチャーもブルペンで投げていた関東一。現状は平川巧がエースであり、実力的にも頭少し抜けているようだ。ただ平川は安定したピッチングである一方、全チームの高橋や小川のような本格的派エースというピッチャーでなく、1人で投げぬくというよりは試合を作って継投というタイプかと思う。谷はポテンシャルとしては1番上のようで、一冬越えれば楽しみな存在で、この秋も抑えなどを務められると心強い。ただまだまだ新チームの投手陣はお試し中の部分も多いようだ…。

20171007関東一 平川巧
5回2失点とまとめあげた関東一の新エース平川巧


◆あと1死でコールドから粘った専大付
敗れた専大付であるが、打線は強豪相手に粘りをみせた。点差はあいてしまったが5回以降は毎回得点。特に7回にはあと1死コールド負けという場面から途中出場の向口が起死回生のタイムリー2ベースを放つなどして、関東一から7回で8安打4得点という結果。中でも4番松本は2回のソロホームランを皮切りにライト前、ライトオーバー2ベースと放ち、あと3ベースさえ出ればサイクル安打という活躍で関東一投手陣にとっての脅威となっていた。

あとは春・夏に向けて投手陣がどれだけ成長するか…といったところがカギになってくるところであろう。


Pickup Player
斎藤未来也 関東一2年 外野手
~足だけじゃない4安打5打点~
この試合4打数4安打5打点と大当たりであったのが関東一の核弾頭を務める斎藤であった。

斎藤は50㍍5.8秒、1塁到達3.69秒という俊足で1年秋から関東一の1番バッターを務める。2年夏にも1番ライトとして東東京大会では20打数11安打10打点1ホーマー4盗塁という大活躍をみせチームのベスト4に貢献した。

新チームでも関東一の主力として1番センターでスタメン出場した斎藤はまず第1打席でレフトオーバーの2ベース。2打席目・3打席目にはそれぞれ左中間にタイムリー2ベースを放ち、4回にして早くも2ベースのみで猛打賞。第4打席でもきっちりと犠牲フライを放つと、第5打席では1・2塁間を抜くサヨナラコールドとなるタイムリー。合わせて4打数4安打5打点という大活躍であった。

特に1打席目は粘った末の8球目の2ベースと1番打者として最高の仕事を果たしたという結果だけでなく、打った球が変化球であり、また左バッター特有のやや1塁側に体が流れた状態であったが、しっかりとボールを叩いて逆方向のレフトフェンスまで運ぶ大きな打球を飛ばせた。第2打席・第3打席も同じく左中間という逆方向に大きい打球が打てていて、これは非常に魅力的であった。

守っても新チームでは外野の中心であるセンターを務める斎藤。やはり俊足が注目されていた選手であったが、バッティングの力強さも際立っていて、このままいくとドラフト候補と言われる日も近いのではないか?

20171007関東一 斎藤1

20171007関東一 斎藤2
流れながらも逆方向にレフトオーバーを放つ(上)など大活躍をみせた関東一の斎藤



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホームラン 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1458円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ