FC2ブログ

明日は東京六大学開幕

ということで簡単に展望を…。


まずは大学ごとの戦力分析です。


早稲田大

投手陣は昨年の大学選手権優勝・明治神宮大会準優勝の主力がそのまま残っている。先発は大竹(3年:濟々黌)、小島(3年:浦和学院)の両左腕は経験値が高くほぼ確定。同じく左腕でMax148㌔の竹内(4年:松阪)、アンダーハンドの吉野(4年:日本文理)がリリーフとして控える。これに昨年3勝の北濱(3年:金沢桜丘)、新人戦で150㌔をマークした柳沢(3年:広陵)ら右の本格派が台頭すれば心強い。捕手経験の浅い吉見(3年:早稲田実)のこれらの投手陣をうまくリードできれば、問題ないだろう。

野手陣は逆に、昨年ほど固定メンバーで戦ったため、レギュラーであった中澤(4年:静岡)・主将の石井(4年:作新学院)以外はほぼ公式戦の経験がない。よって上記の2人以外のポジションは激しいレギュラー争いが繰り広げられている。ただ、三倉(3年:東邦)・八木(3年:早稲田実)など本来力のある選手が多いため、昨年の道端(現:明治安田生命)や丸子(現:JR東日本)のように、上級生でも高橋監督の指導で開花する可能性も多いにある。今年も上級生中心のチームになりそうだが、その中1年生で唯一ベンチ入りしている加藤(1年:早稲田実)も期待である。


明治大

昨年神宮のマウンドに上がっていた4年生は上原(現:日本ハム)だけであったので、こちらも投手陣はほぼ残っている。主将でエースの柳(4年:横浜)が1戦目は決まりだが、2戦目の先発はリリーフから転向したMax154㌔右腕の星(4年:宇都宮工)を筆頭に、齋藤(3年:桐蔭学園)、水野(3年:静岡)らが激しい争いを繰り広げる。今年投手に再転向した川口(4年:国学院久我山)や、志望届を出していたら上位指名確実だった森下(1年:大分商)にも期待である。

こちらも投手とは逆に、野手は昨年の主力がごそっと抜けた。昨年からクリーンアップを務める佐野(4年:広陵)や竹村(3年:浦和学院)以外は、誰が来てもおかしくない陣容である。甲子園での実績のある中道(4年:智弁学園)・萩原(4年:九州学院)・坂田(4年:倉敷商)の最上級生トリオや、吉田有(2年:履正社)・渡辺(2年:横浜)の2年生コンビには特に奮起してもらいたいところだ。いずれにせよ戦力層は六大学でもNo1なので、それなりの打線には仕上がってくるだろう。


慶応大

投手陣は今年から先発に戻るエースの加藤(4年:慶応)のフル回転が必須な状態だ。2戦目は、今年弟:小原和(1年:盛岡三)も入学した、小原大(4年:花巻東)が濃厚。だが逆に言えば、この小原大と争う投手がいないことに問題がある。清水洋(3年:函館ラサール)・田中(4年:芝)の高学歴左腕コンビに、亀井(3年:慶応)・原田(2年:慶応)らの慶応組がこれに争いに加わることが期待される。また昨年、個人的に大絶賛した高橋佑(1年:川越東)にも十分にチャンスがあると思う。

昨年の横尾(現:日本ハム)・谷田(現:JX-ENEOS)ら突出した存在はいないが、齋藤(4年:慶応)・山口(4年:桐光学園)・沓掛(4年:慶応)・岩見(3年:比叡山)らの中軸は、どこからでもホームランが打てて平均レベルは高い。その前の1・2番候補の主将:重田(4年:佐賀西)・川崎(4年:智弁和歌山)・照屋(3年:沖縄尚学)らが鍵となってくるだろう。1年生では夏の甲子園準優勝の4番捕手である、郡司(1年:仙台育英)が、須藤(4年:創志学園)にどこまで挑めるかが注目だ。


立教大

現役最多の六大学18勝をあげている澤田圭(4年:大阪桐蔭)が投手の柱。ここ数年はだいぶマークされているが、主将ともなった最終学年でそれを突き破ることが期待される。2番手は田村(4年:報徳学園)が濃厚だが、復活を目指す藤田(3年:県岐阜商)・新人の田中誠(1年:大阪桐蔭)・江口(1年:浦和学院)の左腕トリオの誰かがその座を奪うことが期待される。そして田村を抑えに回すことができれば、溝口監督としては嬉しいだろう。

昨年激しいポジション争いを繰り広げた外野陣は全員が3年生以下であるため、今年もその争いは継続。セカンドコンバートの可能性もあった大学日本代表の佐藤拓(4年:浦和学院)は外野残留となり、1枠は確定。あとの2枠を昨秋4本塁打の田中和(4年:西南学院)を初めとして、二角(4年:広島新庄)・豊村(4年:東農大二)・佐藤竜(4年:国学院久我山)・山根(3年:浦和学院)が争う。対照的に内野陣はサードの笠松(3年:大阪桐蔭)以外はほぼ白紙状態で、外野の誰かをファーストなどにコンバートする可能性もある。


法政大

玉熊(4年:北海)・熊谷(3年:平塚学園)・菅野(2年:小高工)の3投手が中心となる。これに昨年の開幕投手:森田(2年:富山商)がケガから復帰すれば、心強い。あとは下級生の投手陣も豊富なので、宮本幸(3年:富山第一)・上條(2年:市川越)らを筆頭として何人かに台頭してきてほしいところだ。

打線の中心は柴田(4年:東邦)・金子凌(4年:日大三)の主砲コンビに、高い身体能力を誇る1番;大西千(2年:阪南大)となる。ここ数年の法政の課題は、戦力になりうる選手は揃っているものの、そこからチームを引っ張っていく圧倒的な存在が出てこないことになるので、この3人にはそのようは存在になることが求められる。福田光(1年:大阪桐蔭)・船曳(1年:天理)ら1年生もレギュラー争いには加わってきて楽しみである。


東大

これまでも東大投手陣にドラフト候補がいることはあったが、1度に2人のドラフト候補を要するのは初めてではないだろうか?Max148㌔の本格派右腕:山本俊(4年:西春)と、Max145㌔の左腕:宮台(3年:湘南)は自分のピッチングができれば、他校でも簡単には攻略できない。2人ともケガ多く、万全な状態でリーグ戦に臨めるかが課題となってくる。

野手陣も昨年からのレギュラーが多く残るために、例年以上に期待がかかる。


総括&予想

やはり今年も、投手陣が安定している早稲田大・明治大の2強となることが予想されます。ただ他の3校との実力差はそれほどなく、慶応大・立教大・法政大も2番手先発投手がいいピッチングをすれば、簡単に追いつけると思います。

一応優勝予想は早稲田大ということにしておきます。



まぁ明日は開幕戦ということで神宮に行って…

横の神宮第二で高校野球を見てる予定ですw


スポンサーサイト



テーマ : 野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ