FC2ブログ

4/9 日大三×関東一【春季東京大会】

春の東京大会で1番楽しいのは、東東京の強豪VS西東京の強豪の対決である(東同士・西同士の対決だとエースとかは隠しちゃうからね…)。そういう意味ではこの日大三VS関東一という小倉監督の古巣対決は、この東京大会で1番面白い組み合わせと言っても過言でなく、この日も神宮第二の2階席まで、それなりに埋まっていた。


スタメン

日大三
CF 宮木 (3) 8
2B 谷田部 (3) 4
C 坂倉 (3) 2
3B 山本 (3) 5
LF 古田 (3) 7
RF 桜井周 (2) 9
1B 桜井朋 (3) 3
P 小谷野 (3) 1
SS 木村 (3) 6

関東一
1B 米田 (3) 3
CF 本橋 (3) 9
3B 山室 (3) 5
C 佐藤佑 (3) 2
LF 竹井 (3) 7
2B 森川 (3) 14
RF 石塚 (3) 13
SS 村瀬 (3) 6
P 佐藤奨 (3) 10


日大三はフルメンバー・関東一は核弾頭の宮本(3年)が欠場したが、これはおそらくケガ。森川ももとは背番号4だった選手なので、こちらもほぼ振るメンバーといえる。


試合経過

1回表、日大三はエラーや坂倉のヒットで1死満塁のチャンスを作ると、5番:古田のタイムリーで1点先制。しかし続く6番・7番の桜井が倒れ、この回1点止まりとなってしまう。(日1-0関)

その裏、関東一も同様に1死満塁のチャンスを作ると、5番:竹井のシートゴロ。ただ打球に勢いがなかったこともあり、6-4-3のゲッツーとはならず同点!と思いきや、この間に一気にセカンドランナーも生還して逆転に成功する。さらにこちらは6番:森川、7番:石塚も連続タイムリーで続き、この回一挙4点を挙げる。(日1-4関)

関東一は3回にも、竹井のレフトオーバーのタイムリー2ベースで追加点をあげ、日大三のエース小谷野をKO。代わった左腕の田口(2年)からも、4回・5回と1点ずつ追加する。一方、日大三打線は関東一の先発:佐藤奨に2~5回をパーフェクトに抑えられ、このままではまさかのコールドでないかという展開になる。(日1-7関)

しかし6回表、佐藤奨が連続四球と突如乱れると、山本・古田に連続タイムリーを浴びて、2点を返される。なおも無死1・3塁のピンチであったが、またもや日大三の6・7番が凡退し、8番の代打:比留間(2年)もセカンドゴロで、日大三としてはかなり物足りない反撃になってしまう。(日3-7関)

だが佐藤奨は立ち直れず、7回にも連続四球でピンチを招くと、山本にタイムリー、古田に四球で降板となる。この1打逆転の満塁のピンチに米澤監督が投入したのは3本柱の河合(3年)でも竹井でもなくて、184㎝の長身右腕:高橋(2年)であった。ただ高橋はまだ場数が足りていないのか球が上ずってしまい、6番:桜井周に3度目の正直となるタイムリー、さらに続く7番に入っていた3番手ピッチャーの阪井にも右中間に走者一掃のタイムリーを浴びてしまい、逆転を許してしまう。(日8-7関)

6回から登板した日大三の3番手:阪井は、6・7回とランナーを出すも、関東一を無得点に抑える。しかし8回裏、先頭の中島(3年)の打球がレフト古田のマズい守備もあって2ベースとなると、死球とバントで1死2・3塁のピンチを迎える。ここで迎えた4番:佐藤佑が初球をレフト戦に弾き返し、逆転に成功。守っては、8回から登板した竹井が2イニングをパーフェクトに抑え、関東一がシーソーゲームを9-8で制しました。

関東一 森川
タイムリー2ベース2本を放った森川

関東一 佐藤佑
逆転の決勝タイムリー2ベースを放つ佐藤佑

日大三 阪井
好リリーフに、一時は逆転のタイムリーまで放った阪井


スコア

日大三
20160409日大三

関東一
20160409関東一


感想

見ている分には面白いシーソーゲームでした。ただ両チームとも逆転をしたというよりは、逆転を許したという展開で、小倉・米澤の両監督から見れば非常に面白くないシーソーゲームではあったでしょうね。


まずは日大三、頼みのエース小谷野が3回でKOされたのが痛いです。今日の小谷野はいつもに比べると得意のスライダーは控えめで、ストレートが多く、それを関東一打線に捉えられていた(打たれたヒット6本中、5本がストレート)。夏に向けてそういうテーマであったのかもしれないが、今日の内容だと昨年からレベルアップしているようには見えなかった。

打線は2~5回パーフェクトに抑えられるなど、序盤は散々であったが、終盤はやや日大三らしさを見せた。チャンスで3番手投手(阪井)に打順が回ってきて、そのまま打たせて逆転のタイムリー2ベースとか日大三ならではですよねwそうやって6点差を逆転しただけに、今回の敗北はより残念ですね…。最終回に守備の乱れからピンチを招き、1死2・3塁から4番に初球を打たれてしまうというのは本当にもったいなかったです(最悪歩かせてもいい場面ですからね…)。


対する関東一は、佐藤奨のピッチングにモヤモヤでしょうね…。昨年の二松学舎付戦のように、左の強打者が多いチームにはこの佐藤奨でいくというのが米澤監督の狙いのようです。昨年の二松学舎付に見せたコーナーにストレートを投げ込むピッチングに加えて、この日は緩急をうまく使ってかわすこともできていて、5回までは見事に起用が的中しました。、ただそれだけに6・7回に突如四球から乱れて、KOというのは残念すぎです。

ここでの高橋の投入は事情もあったのかもしれないですけど、米澤監督の大きな期待を感じました。センバツで東邦に完敗して見えた、新戦力の必要性。これがこの春大の関東一のテーマであったと思います。そういう意味で、高橋のようなスケールの大きな投手が必要だと感じたことは間違いないのですが、まだちょっと早すぎたという印象です。野手陣は森川・石塚の活躍も目立ちましたが、彼らはもともと準レギュラーみたいなもんだからな…。


まぁ両チームともに、いい意味でも悪い意味でも夏への課題は見つかったのではないでしょうか・



Pickup Player

竹井丈人(3年) レフト兼ピッチャー

7回表に大逆転をされた直後、先頭の竹井はライトオーバーの2ベースですぐさま同点へののろしをあげます。しかし後続が続かず残塁…。ベンチに戻ることなく、グラブを受け取って向かった先がマウンドであったときは思わず疑いの目を向けた。「絶対こいつ投球練習していないだろう…」と。

そんな心配とは正反対に今日の竹井のピッチングは「神懸かっていた」。見るからに気合が入っていて、ストレートは威力があって勢いついてきた日大三打線を逆に押している。変化球もいい高さにストンと落ちて決まり、手が出ないという感じでした。結果として2イニングをパーフェクトに抑える。

打っても2本の2ベースと5番の役割を果たした。佐藤佑の逆転タイムリーも、「今日は5番で勝負したくない」という日大三バッテリーの焦りも、影響していたかもしれない。

いきなりマウンドに上がって、今日のようなピッチングなら見事な抑え適正です。夏に向けては、左右の先発(河合・佐藤奨)に、抑え竹井という構図がベストだと思います。高橋という大器の発掘には失敗した関東一でしたが、竹井という未完の大器は、桜から少し遅れて開花したようです。

関東一 竹井


余談

関東一 本橋

関東一の本橋選手です。

秋大では、東京準決勝の帝京戦でサヨナラ3ランを放つなど活躍した右打者ですが、なんとセンバツでは両打で登録されていました。まぁ高校生だと、両打って登録されても、結局片方の打席にしか入らないやついるよね…って思っていたのですが、藤嶋(東邦:3年)相手に本当に左打席に入っていました。

今日はというと右の小谷野・阪井に対しても右打席。名簿も右打と登録されていました。2番打者としても、バント2つ・四球2つ見事な活躍でした。帝京戦のホームランを生で見ていたこともあり、個人的にもオール右打でいいと思うよ、本橋選手。
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ