やっぱり滋賀県3校は違和感あるよな…


センバツには滋賀県から近江・彦根東・膳所と3校が出場することになった。近江と彦根東は近畿大会でセンバツ出場にふさわしい成績を残したし、同一県は2校までというルールは21世紀枠には適用されないということなので、これに21世紀枠の膳所が加わってもルール上は問題ない。ただ違和感はある…。

2001年に常総学院・水戸商・藤代と茨城から3校がセンバツに出場して以降、上記の同一県は2校までルールが採用され、それ以降は21世紀枠も含めて同一県から3校の出場はなかった。「21世紀枠は地域性は関係ない」と高野連は公言しつつも、3校が1度もなかったという事実に加えて、一昨年長田の選出により報徳学園が選ばれなかった例などを見ると21世紀枠も地域性には実質上関係はしていた。

よって今回も近畿の21世紀枠推薦校が膳所であった時点で、「今年は近畿はお休みの年なんだな」と思った。ましてや膳所は滋賀でもベスト8止まりという成績で、近江に対して1-3と善戦したものの、いわゆる強豪校を倒して勝ち上がったわけではない。近江・彦根東は近畿大会でそれなりの成績を残したが、準々決勝ではこの2チームが対戦するなどしていて、例年に比べて滋賀のレベルが高いというわけではなさそうであった…。残念ながら個人的には膳所は今回のセンバツで最弱という評価だ。

膳所は県内でも有数の進学校であり、21世紀枠としての要素を兼ねそろえている。だが高野連が「女子部員がデータ分析を~」ということを理由に掲げている。まぁ21世紀枠の選出理由なんでもともと大した理由がないのだが(地域の清掃してるとか…)、分析なんてでもやっているわって感じだし、女子だからってとこに焦点を当てるのもなんかおかしい気はしますよね…。なんか高野連のお偉いさんの事情とかが関係している選出と疑いたくもなってしまう。


今回の同一県3校同時出場に1番???なのは上宮太子ではないでしょうか?上宮太子は2016秋に大阪大会Vで近畿大会ベスト8。しかし履正社・大阪桐蔭がいたために、同一県2校までルールの犠牲となりセンバツ出場を逃している。この履正社と大阪桐蔭がセンバツの決勝に残ったことをみると、センバツに出場はあったのに出れなかったという意味で何とも可哀そうな話であった。


まぁ結局何が言いたいかというと…センバツの同一県2校までルールってのがおかしいということだ。単純にセンバツ甲子園で活躍できるチームを選ぶという意味では、県の枠なんかにとらわれる必要がないし、21世紀枠含めたら3校でもOKという特別ルールは甚だ謎でしかない。ここのルールももっと納得のいくものにしない限り、昨年の上宮太子もそうだし、今回の滋賀県3校も納得のいかないという人が出てきてしまうと思う。


20171103彦根東 増居
夏に続いて彦根東のエースとしてセンバツに望む増居

20171103近江 北村




ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホームラン 2018年 03月号 [雑誌]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/2/14時点)


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ