FC2ブログ

谷田の米トライアウト挑戦に思う

谷田成吾外野手が米トライアウト受験 ドラフト2度の指名漏れから覚悟の挑戦

JX-ENEOSの谷田が同社を退社して、アメリカでのトライアウトを受験することになったという話だが、これは非常に驚きであった。

まずこの時期に…というのが予想外のタイミングであった。社会人野球でもプロ野球などと同様に、野球部を退部する選手は秋のオフシーズン始まりに発表されるのが通例だ。谷田に関していえばその秋のタイミングでは何もなく、この春もオープン戦にも谷田は出場していた。アメリカのトライアウトに参加するという面ではタイミング的にはマッチしているが、それでもスポニチ大会が終わり本格的に社会人野球のシーズンが始まったことのタイミングでの退社は異例中の異例と言える。

大学時代にまさかと言われたドラフト指名漏れを経験して、ドラフト解禁となった社会人2年目も指名がなかった谷田であるが、今年はまだ社会人3年目。そもそも昨年谷田の指名が見送られた背景には、齋藤・塩見・若林と既にENEOSから3人が指名されたために、各チームが暗黙の了解でENEOSからそれ以上の選手の指名を見送ったという背景もあるかもしれない。いずれにせよ今年の活躍次第ではNPBから指名される可能性が十分にある状態で、わざわざ一流企業であるENEOSを退社してトライアウトというリスキーな賭けに出たことも意外であった。

ただその一方で谷田という野球選手にとっては転機が必要だったのかなという感はある。ENEOS入社直後から4番を打ったいた谷田であるが、現在は打順も下がってきて若干の伸び悩み感は否めない。環境を変えてみることは、谷田にとって一皮むけるためのアクセントとなるかもしれない。

そしてもう1点、プロに入る確率をあげるという観点だけから見ればENEOS退社はアリだ。NPBとしてはやはり名門社会人チームの選手を育成などで指名することはできないし、支配下でも下位指名はややはばかられるものだ。もちろんこんな話はアメリカでは関係のない話で実力次第ではマイナー契約も大いにあり得る。そして今回例えアメリカのトライアウトで結果が出なくても、日本に帰ってくれば独立リーグからは引く手あまたであろう。そして独立リーグにでも入団すれば、上記で説明したように今年の秋のドラフト指名のハードルも下がるのだ。実際にプロ入りするためにセガサミーから石川MSに入った坂本はその年のドラフトで育成ながら指名を受け、同じくセガサミーを退社した高島は社会人時代はドラフト候補といえる存在でなかったが、投手に転向したこともあり一躍ドラフト候補となった。

というわけであまりにも意外であった谷田のENEOS退社であるが、プロ入りする確率だけであればひょっとしたら理にかなっている話なのかもしれない。いずれにせよ新たな挑戦を始めた谷田には是非とも成功を納めて欲しい。


20170312JX-ENEOS谷田
JX-ENEOSを退社して米のトライアウトに挑戦する谷田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ