FC2ブログ

明秀日立×瀬戸内【選抜高校野球大会】

3/23 選抜高校野球大会
明秀日立×瀬戸内 @阪神甲子園球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180323明秀日立×瀬戸内

明秀日立は1回表に先頭の増田が初球を捉えてレフトフェンス直撃の3ベース、さらに相手の中継プレーが乱れる間に一気にホームを狙うもタッチアウト。2死となってから2四球と芳賀の2ベースで満塁のチャンスを作るも山口はセカンドフライに倒れて、何ともちぐはぐな攻撃で先制点を奪えない。対する瀬戸内は1回裏、2死から3番東大翔がヒットで出塁すると、明秀日立の先発細川がここから制球を乱し、3連続四球で押し出しとなり1点を先制する。

明秀日立は3回表に北野がライト線3ベースから芳賀のタイムリー2ベースで同点に追いつくも、瀬戸内ははその裏に死球と門叶のヒットで作った2死1・3塁のチャンスで、1塁ランナー門叶がわざと挟まれると、スタートを切った3塁ランナーを刺そうとしたショート増田の送球が暴投となり勝ち越し。さらに4回裏にも2死2塁から2番新保が左中間にタイムリー2ベースを放って点差を2に広げる。

明秀日立は5回表に四球→ボーク→ワイルドピッチと瀬戸内のミスにつけこんで1点差に迫るも、そこから明秀日立:細川、瀬戸内:浴本の両エースがともに1歩も譲らないピッチングを見せて、試合は3-2と瀬戸内が1点リードのまま9回を迎える。

明秀日立は9回表に先頭の有住がヒットを放ち同点のランナーを出すと、ここで送らずに代打佐伯がライト前ヒットを放ち無死1・3塁。1番増田がきっちりと1・2塁間を破るタイムリーを放ち同点。さらに北野がバントで送ると、瀬戸内からは浴本→山根にピッチャーを交代。しかし明秀日立の3番池田がきっちり犠牲フライを放ち、明秀日立が土壇場で逆転に成功。その裏を細川がきっちり締めて、明秀日立が初出場の甲子園初戦で初勝利をあげた。

20180323明秀日立 池田
決勝打となる犠牲フライを放った明秀日立の3番池田

20180323明秀日立 佐伯
金沢監督の強硬策に応えて、貴重なライト前ヒットを放つ明秀日立の代打佐伯

20180323瀬戸内 浴本
最後は逆転を許したものの明秀打線を8回まで2点に抑えた瀬戸内のエース浴本のピッチングは見事であった


Topic
◆良くも悪くもやりたい放題の増田
明秀日立の野手で1番の注目であったのが主将であり、プロからも注目されるショートストップである増田。そんな増田が初の甲子園で良くも悪くも目立つ活躍をみせた。

まず1番バッターとしてプレイボール直後のボールを捉えると、打球はもう少しでホームランというレフトフェンス直撃の当たり。レフトがクッションボールの処理にもたつく間に俊足を飛ばして一気に3塁を陥れた。ここで1度は止まったものの、瀬戸内内野陣がレフトから戻ってきボールを逸らすと一気にホームへ。しかしこれがあまりにも無謀な走塁で余裕でホームタッチアウト。無死3塁という先制の大チャンスを逃す形になってしまった。1点を追う7回にも先頭打者として左中間フェンス直撃の2ベースを放つも、続く北野のショートゴロで飛び出してしまい3塁タッチアウト。どちらの走塁も無死であったので決して無理をする場面でなく、明秀日立が流れを掴めずに9回までビハインドを追ってしまった大きな要因となってしまった。

守備でも3回裏、1・3塁で瀬戸内は1塁ランナーをあえて飛び出させて、その間に3塁ランナーをホームインさせるという作戦を決行。こんなのは甲子園レベルの高校に使うものではないと思ったが、ホームに向かった3塁ランナーを刺したショート増田の送球はタイミング的には余裕でアウトであったが、キャッチャーの頭上を越えてしまい、瀬戸内に勝ち越しを許してしまった。逆転した後の9回裏にも三遊間の打球を1塁へ暴投し、1死2塁と同点のピンチを招いてしまった(記録は内野安打で、2塁への進塁が増田の暴投)。ただこれも増田でなければ余裕でセーフでもはや投げる必要もなかったという打球。この他にも持ち前の守備範囲の広さとスムーズな身のこなしで増田でなければ…という打球をアウトにする場面もあった。

ただ9回無死1・3塁でまわってきた第5打席ではライト前に同点タイムリーを放ち、サヨナラに繋げるという最高の仕事も果たした。打撃成績だけ見れば3ベース、2ベース、単打と3安打を放ち、延長があればサイクル安打も狙える(フェンス直撃は2本打っていたし)という内容であった。パンチ力のある打撃に走力・守備力も兼ねそろえ能力が高い上にやりすぎてしまった感はあるが、甲子園のファンにも増田の能力の高さは深く刻まれたことであろう。

20180323明秀日立 増田
9回に同点タイムリーを放ちガッツポーズの増田


◆尻上がりに調子をあげた細川
明秀日立のエース細川は、Max144㌔に鋭いスライダーをもつ本格派右腕ということに加えて、DeNAの細川成也の弟ということもあり、そのピッチングに注目が集まっていた。

この日の細川は1回裏に3連続四球を与えて先制を許してしまう。また守備のミスなどチーム自体の流れの悪さの影響もあり、序盤はイマイチなピッチングであった。しかし徐々に甲子園の雰囲気にも慣れてきたか、スピードは抑えつつ、変化球を増やした落ち着いたピッチングができるようになり、5回以降で許したヒットは内野安打3本のみ。瀬戸内に追加点を与えないピッチングで流れを明秀日立に引き寄せると、それに応える形でチームは9回に逆転、その裏のピンチも凌いで、9回3失点完投勝利をあげた。

とりあえずは初の甲子園で自分の役割は果たしたというところであるが、この日の最速は141㌔止まり。冬場を超えれば150㌔も出せるポテンシャルを持っている投手だと思っていたので、個人的にここは物足りなかった。

20180323明秀日立 細川
尻上がりに調子をあげて9回3失点完投勝利をあげた細川


◆就任7年目で金沢監督が悲願の甲子園初勝利
甲子園初出場である明秀日立は2012年9月に、元光星学院の監督である金沢成奉監督が就任し、「3年で甲子園に出場」を目標にかかげ、それから徐々に力をつけてきた。2014年秋には茨城準Vで関東大会に出場。この世代は津山・孫大・大友と実力のある3本柱を擁し、1学年下に細川・糸野という野手がいて、早くも甲子園出場が期待されたが、2年生が1年生への暴力という不祥事で夏は2年生以下は出場辞退。その後も、2016年夏には茨城大会で常総学院に0-1で惜敗、前チームでは秋・春と茨城を制するなど関東大会の常連となってきたが、甲子園出場はかなわず…。昨秋の関東大会では準優勝を果たし、今回初のセンバツ出場を果たしたが、すでに金沢監督就任から5年半が経ってしまっていた。

そんなわけで明秀日立にとって初の甲子園ということで緊張したか、実力的には上回っている瀬戸内に9回までリードを許す展開。ただ9回表に先頭の有住がヒットを放ち同点のランナーが出ると、ここで金沢監督は代打佐伯を起用。セオリーであれば無死1塁なのでバントで送って同点のランナーを2塁へ進めるところだが、強硬策にでると佐伯がライト前ヒットという最高の形でそれに応えて無死1・3塁。強打を信条する金沢監督らしい采配で、それが見事に的中したことにより、呼び込んだ勝利であった。


◆選手宣誓からの試合で活躍
この日に開幕したセンバツ、午前中の開会式では瀬戸内の新保主将が選手宣誓。決まった直後には「正直やりたくなかった」と本音を漏らした新保であったが、見事に大役を務めあげると、その後の試合でも見事な活躍をみせた。

まず得意の守備では、強打の明秀日立相手に「プロかよ?」というほど深いいうほど守備位置をとり、難しいバウンドにもうまく対応していた。7回には無死2塁の場面でも若干ランナーと重なりながらも、冷静にショートゴロをキャッチすると3塁で増田を刺して同点のピンチの芽を摘むなど決して派手さはなかったものの守備での貢献度は非常に大きかった。打撃では4回2死2塁のチャンスで、左中間にうまく流し打ったタイムリー2ベースは見事なものであり、9回裏にも俊足を飛ばして内野安打として最後に1打同点のチャンスを演出した。注目の4番門叶がシングルヒット1本に抑えられてしまった瀬戸内の中で、1番存在感を発揮した野手であった。

20180323瀬戸内 新保
攻守に選手宣誓に活躍した瀬戸内の主将新保


Pickup Player
有住昂大 明秀日立3年 ファースト
~初のスタメンも変幻自在に3安打~
昨秋の公式戦では1打席しかたっていなかった有住が、この試合では3安打。9回表には先頭打者としてヒットを放ち、逆転劇を演出した。

ずっと投手であった有住だが、初のベンチ入りを果たした昨秋の公式戦では登板なし。唯一の出場は関東大会決勝の中央学院戦での代打で、そこでセンター前ヒットを放っていた。関東大会後に金沢監督から勧められて野手に転向。もともとファーストであった池田が本格的にセンターを務めるようになったこともあり、持ち前の打力を武器にセンバツでは背番号3を勝ち取った。

この試合では8番ファーストでスタメン出場した有住は、第1打席では強烈なライナーでピッチャーの横を抜くセンター前ヒット。第3打席では今度は引っ張って1・2塁間を抜いてライト前ヒット。そして1点ビハインドの9回表の先頭バッターとして迎えた第4打席ではライナー性の打球をレフト前に運んだ。ここで有住は代走を送られてお役御免となったが、この一打をきっかけに明秀日立は逆転。その勢いを作った有住の一打は本当に価値のあるものであった。

結局この日は4打数3安打。センター・ライト・レフトとそれぞれ異なる方向への安打で、そのミート力の高さを甲子園という舞台で発揮した。兄の有住隆哉も2015年夏に明秀日立では5番を務めた。その世代は上記でも説明した通り有望なチームであったが。不祥事で細川・糸野ら2年生が出られず、結果として綾部(DeNA)の霞ヶ浦に敗れてベスト4止まりとなった。そんな兄の思いも背負ったのだろうか、初の公式戦スタメン、それも甲子園という舞台で有住のバッティングは見事であった。

20180323明秀日立 有住
初のスタメンで見事3安打を放った明秀日立の有住


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ