FC2ブログ

日大二×東海大菅生【春季東京大会1回戦】

4/1 春季東京大会1回戦
日大二×東海大菅生 @ダイワハウススタジアム八王子

まだセンバツの真っ最中だが、春の東京大会が開幕。東海大菅生は昨夏は甲子園ベスト4も秋はブロック予選1回戦で二松学舎大付と当たり敗れて初戦敗退。この春も1次予選を突破して本戦に進出した東海大菅生の対戦相手は、昨夏西東京大会の準決勝でも対戦した日大二といきなり初戦で好カードとなる。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180401日大二×東海大菅生

菅生は3回裏、先頭の8番坂本竜がライト線へ2ベースを放つと、続く9番小山のタイムリーで先制。さらにバントや四死球でチャンスをつなぐと。3番渡部の犠牲フライ、5番伴野の左中間への2点タイムリー2ベースで計4点を先制する。しかし日大二もすぐさま反撃に出て4回表、無死1塁から5番高野のタイムリーで1点を返して、さらにバント処理ミスと四球で満塁とすると8番泉が押し出し死球。菅生は2番手鈴木礼をマウンドに送るも日大二の勢いは止められず、9番小川の2点タイムリーで同点とされると、2番真砂のピッチャー強襲の当たりが点々とする間にさらに2者が生還して日大二が6-4と逆転に成功する。

それでも菅生は4回裏、8番坂本竜・9番小山のコンビでまたもやチャンスを作り出すと1番田中がレフトスタンドに3ランを放ち逆転。続く5回裏にも2死1塁から成瀬のサードゴロの送球がショートバウンドとなり、これをファーストが後ろに逸らすと1塁ランナーの片山が一気にホームイン。さらに9番小山の3打席連続ヒットとなるタイムリーが飛び出して2点を追加する。

登板した回こそ制球が甘く日大二打線に捕まった菅生2番手の鈴木礼であるが、5回以降は日大二打線を封じていき無失点。7回裏にも成瀬・坂本竜の連続2ベースで1点を加えて、菅生が打撃戦を制して10ー6で日大二を破った。

20180401日大二 高野
4回の大量得点の口火を切るタイムリー2ベースなど3安打を放った日大二5番高野

20180401東海大菅生 田中2
逆転3ランを打ってガッツポーズの東海大菅生:田中

20180401東海大菅生 鈴木礼
5回以降は日大二を無得点に抑えた東海大菅生2弁Tの鈴木礼



Topic
◆菅生の8番・9番が大活躍
この日10得点をマークした東海大菅生打線において得点源となったのはクリーンアップでなく、8番坂本竜・9番小山翔暉という下位打線であった。

まず1巡目は坂本竜が2ベース→小山がタイムリーと2人の活躍であっさり先制し、4得点のビックイニングのきっかけともなった。2巡目では坂本竜・小山の2人で1・2塁のチャンスを作り出すと、1番田中の逆転3ランに繋げた。3巡目は坂本竜が四球でつなぐと、小山がタイムリー。4巡目には今度は坂本竜がタイムリー2ベースを放った。結局この試合2人で8打席あったがアウトになったのは1回のみで、その他は全て出塁して坂本竜は2打数2安打(2四球)で2得点、小山は4打数3安打2安打2得点という結果であった。これにこの試合は3人で計1安打であったクリーンアップがかみ合うようになれば、菅生打線は昨年の甲子園ベスト4のチームを凌ぐレベルになれるかもしれない。

20180401東海大菅生 小山
先制のタイムリーを放つ東海大菅生9番小山


◆エース代役として期待の中尾が4回KO
東海大菅生のエースは昨夏に甲子園で青森山田から1失点完投勝利をあげるなど活躍した144㌔右腕の戸田。しかしケガなのか、戸田はこの春季大会ではベンチ外。代わりに投手陣の柱として期待されるのは、咋春は日大三戦に先発するなどしていた140㌔左腕の中尾。

この春は背番号9ながら先発のマウンドにあがった中尾は、ヒットは浴びるものの、得意のスライダー・チェンジアップなどがさえて、これらの球が勝負どころでは低めに集まり、1回はアウト3個が全て三振というピッチング。3回まではピンチは招くものの日大二を無得点に抑える。しかし4回表、まともに打たれたのは高野の2ベースだけであるが、コントロールがやや乱れて四死球3個に、自らバント処理ミス(記録はヒット)などで1死もとれずに2失点。なおも満塁という場面で若林監督は、中尾に代わって鈴木礼をマウンドに送った。

打順も6番で野手としても期待されている中尾であったが、ここでは守備に就くこともなくベンチに下がった。これには若林監督からの叱咤という意味合いも込められているのだろう。この後を鈴木礼が抑えて菅生を勝利に導いたが、やはり投げるボールのレベルでいうと中尾の方が上である。戸田不在の状況で上位のチームに勝とうとするならこの中尾の好投は必須となってくるだろう。秋季大会後に主将を務めていたが、この春は坂本幹に主将を譲ったということで肩の荷も下りたことだし、ピッチャー中尾の本領発揮に期待したい。

20180401東海大菅生 中尾
先発した東海大菅生の中尾であったが、4回途中でKOとなってしまった


◆もう少し見たかったエース戸谷
日大二の注目選手といえば190㎝85㎏という立派な体格を誇るエースの戸谷。昨秋は八王子相手に素晴らしいストレートでいきなり3者連続三振を奪った一方、その投球を持続できるほどの安定感はなかった。

この試合の戸谷は変化球でカウントを稼げるようになり、1・2回は四死球もなくピッチングの安定感は増しているように見えた。その反面秋ほどのストレートに威力はなく、3回には菅生打線に3安打を浴びてしまい4失点を喫してしまった。まだまだこれからと思っていたところであるが、日大二は4回からマウンドに2番手松本を送る。戸谷は打ってもこの春から4番を務めているのでファーストに入ったが再登板はなく終戦。打撃面でも4タコに併殺打と4番としての役割を果たすことができなかった。

昨夏は西東京ベスト4まで進出した日大二であるが、実力まだ上位校には劣る。日大二がそれらの上位校に勝つやには戸谷がそのポテンシャルを開花させて、大エースとして強豪校の前に立ちはだかる必要があるだろう。この日の菅生打線は左バッターが6人と多いために、左腕の松本を~ということであったとも考えられるが、戸谷自身がそこまで乱れたのではなかったので、もう少し菅生打線に対して戸谷を投げさせることで成長を促して欲しかった。

20180401日大二 戸谷
期待の日大二のエース戸谷も3回でマウンドを降りてしまった



Pickup Player
田中幹也 東海大菅生3年 ショート
~忍者の仕事は逆転3ラン~
6点を奪われて逆転された4回の重苦しい雰囲気を一振りで変えたのは、身長167㎝の小柄なショートの田中であった。

田中は1年夏から東海大菅生のショートとして活躍。身長は167㎝(この大会の名簿によると)と非常に小柄であるが、50㍍5.9秒の俊足に、球際の強さ・フットワーク・ポジショニングを兼ねそろえた守備はまさに一級品であり、メディアからも「忍者」と比喩された。打撃面でもボールを的確にミートして打ち返す能力に長けていて、2年夏には1番打者として西東京大会、甲子園でそれぞれ打率.500をマークするなど活躍した。ただその反面ホームランを打ったというような話は聞いたことはなかった。

この春も引き続き1番ショートを務める田中は逆転された直後の4回裏、1死1・2塁という場面で第3打席を迎えると、カウント1B1Sからの3球目のストレートを振り抜くと打球は余裕でレフトフェンスを越えて逆転の3ランホームランとなった。この田中の意外ともいえる一発で東海大菅生は流れを完全に息を吹き返して、その後は安定した戦いぶりで勝利を手繰り寄せた。

結局この日の田中は4打数2安打3打点という活躍。このほかにも3塁前にさわやセーフという送りバントを決めて、1番の持ち味であるショート守備でも相変わらずハイレベルな動きを見せていた。秋の1回戦敗退、2度の主将交代(最初の主将は田中であったが…)、春はエース不在と、新チーム結成以来波に乗れていない東海大菅生であるが、その中でも田中のプレーだけはずっと安定して健在といえる。

20180401東海大菅生 田中3 20180401東海大菅生 田中1
逆転3ランに守備に大活躍の東海大菅生の田中


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ