FC2ブログ

日大鶴ケ丘×創価【春季東京大会2回戦】

4/6 春季東京大会2回戦
日大鶴ケ丘×創価

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180406日大鶴ケ丘×創価

創価は1回裏、2死から3番浪川が四球で出塁すると、4番菊地のライナー性の打球はそのままライトスタンドに突き刺さる2ランとなり2点を先制。創価は2回裏にも2本の内野安打と四球で満塁のチャンスを作ると1番藤井の犠牲フライで1点を追加する。

この状況に日大鶴ケ丘は先発の高岡を早々に諦めて、高岡の1打席目で代打勝又を起用。すると勝又が左中間スタンドにソロホームランを放ち、そのままマウンドに上がって、クリーンアップから始まる3回裏の創価の攻撃を無得点に抑えて流れを日大鶴ケ丘に引き寄せる。すると日大鶴ケ丘は5回表に1番中尾がソロホームランを放ち1点差に迫る。

しかしその裏、創価は先頭の藤井がサード強襲ヒットで出塁すると、2番門脇のプッシュ気味のバントは誰もいないセカンドに転がり、これが抜けてライト前ヒットとなり無死1・3塁。さらに門脇の盗塁を刺そうとしたキャッチャー安永の送球が暴投となり藤井が生還。勝又が3番・4番を打ち取るも、5番大野の打球は風で押し戻されてポテンヒットとなり創価がこの回2点を追加する。

創価は6回から右サイドの吉澤を投入。吉澤は四球でランナーを出しながらもピンチを防いでいたが、8回表には日大鶴ケ丘4番の小林にホームランを浴びる。ただ2点差となった9回に創価はショートを守っていた主将の門脇をマウンドに送ると、門脇が9回をきっちり抑えてゲームセット。2回戦で実現してしまった強豪対決は創価が5-3で勝利した。

20180406創価 藤井
3点目の犠牲フライに、4・5点目の起点となった創価の1番藤井

20180406創価 大野
5点目のタイムリーを放った創価の5番大野

20180406日大鶴ケ丘 小林
8回に追撃のソロホームランを放った日大鶴ケ丘4番の小林


Topic
◆流れ変えた勝又登場であったが…
日大鶴ケ丘の注目はMax147㌔を誇り、打者としても注目の勝又であったが、この勝又がまさかのスタメン外(この春の背番号10といい何かあるのかな?)。しかし先発の左腕高岡が2回までに3失点とあって、早々に勝又に出番は回ってきた。3回に高岡の打席で代打で登場すると、カウント2B1Sからのストレートを見事左中間スタンドに運ぶホームラン。そのままマウンドに上がると威力のあるストレートと縦に大きく曲がる変化球(おそらくスライダー)を武器に、クリーンアップから始める3回裏の創価の攻撃を見事無得点に抑えて、完全に創価ペースであった流れを日大鶴ケ丘に呼び込んだ。

しかし5回には内野安打2本に味方のエラー、ポテンヒットと決して打たれたというわけではないが2失点。この回でマウンドを降りてライトに回ることになった(まだ代えないで欲しかった)。それでもはやり投手としての力は今日投げ日大鶴ケ丘の3投手の中ではずば抜けており、ネット裏でスカウトらしき人もスピードガンを構えていた(どうやら147出ていたらしい)。

結果的に序盤の失点が響いて敗れてしまった日大鶴ケ丘。同じ西東京のライバルに見せたくないというのもあったのだろうが、最初から投げていればどうだっただろうかという試合であり、エース菊地を先発にした創価その差がそのまま出てしまった。これで夏はノーシードからのスタートであり、勝又温存の代償は大きかったかもしれない。

20180406日大鶴ケ丘 勝又
投手として147㌔をマークした日大鶴ケ丘の勝又


◆3発がいずれもソロ…
ヒット数でいえば日大鶴ケ丘が7本、創価が12本という試合であったが打力でいえばむしろ日大鶴ケ丘の方が上という印象の試合であった。それを象徴するのが日大鶴ケ丘の3本のホームランであり、どれも例え狭い神宮第二にでなくても入っていたという飛距離十分のものであった。しかしその3本のホームランがいずれもソロというのは日大鶴ケ丘にとって非常に痛かった。

対する創価は1回に2死から四球でランナーを出した後の2ランと何とも効率的な得点の取り方。3回・5回にもいわゆるクリーンヒットというものは少なかったが着実に追加点を奪っていた。上記のエース温存に加えて、攻撃の効率よさというものが勝負を分けた試合であった。


◆ストッパー門脇
エース菊地を降ろして6回から継投に入った創価であったが、2番手の吉澤はボールが続く傾向にあり、四球でランナーを出す不安定なピッチング。8回には小林にホームランを浴びてしまい、ついに失点してしまった。そうなると創価が9回にピッチャーを交代するのは至極当然であったが、マウンドに上がったのがショートを守っていた主将の門脇であったことは驚きであった。それまでブルペンでは2年生右腕の笹岡が準備をしていたし、門脇がピッチャーをやるとは知らなかったので、最初門脇がマウンドにいったときは「よくある野手がボール持ってピッチャー来たら渡すやつ」だと思ってしまった。

しかし門脇は身長170㎝体重67㎏という体格の割にはストレートに威力があり、野手らしいコンパクトなフォームから重心を低くしてテンポよくボールを投げ込んでいくのでタイミングもとりづらい。そして最大の武器はスライダーでこれで右バッターのアウトコースのいいところに決まっていて、この試合ホームランを打っていた中尾を全球スライダーで三振に斬ってとった。ヒット1本は浴びたものの見事なストッパーぶりで9回を締めた。根尾とまではいかないが、見事な背番号6のピッチャーぶりであった。

20180406創価 門脇
9回のマウンドに上がって1イニングをピシャリとおさえた創価の主将門脇


Pickup Player
菊地郁也 創価3年 ピッチャー
~4番エースとしての働きでチームを勝利に~
この試合まさに創価の4番とエースとして働きでチームを勝利に導いたのが菊地であった。

菊地は強打を武器に1年夏から4番ライトとして出場し、準決勝ではこの年甲子園に出場した八王子の早乙女・米原の2枚看板から3安打を放つ活躍を見せるも敗れて西東京ベスト4止まり。またこの試合では先発も務めるなど投手も兼任していた。1年秋からは本格的に4番エースとなり、日大三相手に6回途中1失点の好投をみせるも延長14回の激闘の末敗退。2年夏は延長再試合までもつれ込むも、またもや八王子に敗れてしまった。同じく1年夏からレギュラーの門脇や浪川もいる新チームは大いに期待されるも、秋は帝京に3-9で敗れてしまい、この春季大会では本領発揮が期待されていた。

菊地は打撃では足を高くあげ、体をうねらせるようにしてパワーをため込んで、そこから力強いスイングを繰り出す。この試合でも2死1塁でむかえた第1打席ではまさに弾丸ライナーでライトスタンドに先制2ランを放った。対照的に2打席目には勝又の低めの変化球にうまく合わせて逆方向である三遊間を抜くヒットを放ち、対応力があるとこも見せつけた。

投げては力のあるストレートとスライダーのコンビネーションが武器の右の本格派。特に高めのストレートは力がある球で菊地の武器となっていて、スライダーも小さな変化にものと縦に三振をとるためのものの2種類がある。この試合では勝又・中尾に1発は浴びたもののそれ以外は安定した投球で与えた四球は0個とコントロールもまとまっていた。ただ中盤から若干捉えられてきたことと、創価は基本継投のチームなので5回で降板。菊地の能力を考えれば若干物足りない一方、5回2失点ということでしっかりと試合は作れたと言える。

投げては5回2失点で勝ち投手、打っては先制2ランと投打に活躍した菊地。現段階では二刀流という言葉があっているが、おそらく創価大に進学するだろう来年からは野手になるのかな?と個人的には思っている。この試合でもマウンドを降りた後は外野でなくサードを務めるなど器用なところもあり、サードというのは来年を見据えているところもあるのかなと感じた。まぁでもそんなことはまだ来年の話で…まずはこの春季大会でいい成績を残し、夏には2年連続で負けている八王子にリベンジを果たし、甲子園出場を狙って欲しいものだ。

20180406創価 菊地3 20180406創価 菊地2
投げては5回2失点、打っては先制2ランの創価の4番エースの菊地


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ