FC2ブログ

日体大×東海大【首都大学野球連盟】

4/7 首都大学野球 第2節1日目
日体大×東海大 @越谷市民球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180407日体大×東海大


日体大は2回表、先頭の4番エドポロが左中間スタンドにソロホームランを放ち先制。日体大の先発はプロ注目のダブルエースの松本でも東妻でもなく、吉田であったがこの吉田が安定したピッチングで4回まで東海大打線を1安打無失点に抑える。ホームランでの1点以外は東海大の飯嶋の奪三振ショーにあっていた日体大打線であるが、5回表には先頭の大木がセンタオーバーの3ベースで出塁すると、ワイルドピッチで2点目をあげる。

5回裏からは東妻がマウンドにあがり、東海大打線を打ち取ると、6回表にはエドポロがこの日2本目となるホームランを放ち3点目。それまであまりチャンスもなかった東海大打線は7回裏、先頭の平山快がエラーで出塁してバントで送ると、7番高田がレフト線へのタイムリー2ベースを放ち初得点。しかし8回・9回からは日体大3番手の森に抑えられてジーエンド。日体大が3-1で東海大を破って先勝した。

20180407日体大 エドポロ2
先制ホームランを放つ日体大の4番エドポロ

20180407日体大 東妻
5回~7回までリリーフして勝ち投手となった日体大の2番手東妻

20180407東海大 高田
タイムリー2ベースを含む2安打の活躍をみせた東海大の新1年生高田


Topic
◆先発起用に応えた吉田のナイスピッチ
日体大といえば昨秋日本一の立役者となり、ともに今年のドラフト上位候補である松本・東妻のダブルエースである。しかしライバル東海大との初戦というこの重要な試合の先発を任されたのは、松本でも東妻でもなく、3年生右腕の吉田であった。吉田もMax149㌔を誇り、来年のドラフト候補右腕であるが、この2人を押しのけての先発というのは意外であった。

吉田はゆったりと足をあげるフォームから勢いのあるストレートを投げ込むため打者から見れば、球がいきなり来るように感じとなる。またスライダー・カーブといった変化球も冴えていて、東海大打線を手玉にとっていく。この日はコントロールがよく打たせてとるピッチングで三振は0個。それでも四球も出すことがなく、安定したピッチングで4回1安打無失点の好投。本当に4回で代わったときは「なんで?」と思わせるほどいいピッチングで、見事先発起用に応えた。

ダブルエースと吉田の他にも、この日8・9回を見事に抑えた森、151㌔をマークするまでになった北山と投手陣が豊富な日体大。今シーズンは誰かが完投というより、この豊富な投手陣をフルに使ったリレーで戦っていくようである。

20180407日体大 吉田
4回を1安打無失点と先発の役割を見事に果たした日体大の吉田



◆魅せた飯嶋の奪三振ショー
日体大の先発吉田が打たせてとる一方、東海大の先発の飯嶋は圧巻の奪三振ショーを繰り広げた。飯嶋は田嶋(オリックス)のような柔らかい肩を使ったスリークウォーターのフォームからクロスファイアー気味のストレートとスライダーのコンビネーションで勝負する投手。飯嶋はもともとストレートで空振りをとれる投手であったが、このスライダーがさらに厄介でモーションを見る限りはストレートとの見分けがつきにくく、また打者の手元で曲がるために日体大からさらに多くの空振りを奪った。

3回には3者連続三振を奪うなど6回までで13奪三振という驚異ペースで三振を量産する飯嶋。しかし6回表に天敵でエドポロにこの日2本目のホームランを浴びると、この回で降板となってしまい結局6回3失点13奪三振という内容であったが、ソフトバンクのスカウトが高く評価するなど見事なピッチングであった。

20180407東海大 飯嶋
6回まで13奪三振と見事なピッチングを見せた東海大の先発飯嶋


◆青島復帰で明るい東海大投手陣
飯嶋の後、2番手としてマウンドに上がったのは(3点ビハインドなのに…)なんと東海大のエース青島であった。ただ青島は調整遅れで開幕週の登板は回避していたために、このリリーフが今季リーグ戦の初登板となった。青島は勢いのあるストレートにカーブを交えるピッチングで打たせてとり7回・8回をわずか計13球で抑えてみせた。

これで青島もメドが立ち、明日もしくは来週には先発復帰が濃厚であろう。これで青島・飯嶋に、先週の帝京戦で7回無失点の好投をみせた原田、この日9回にマウンドに立ち2個の三振を奪った小郷と投手陣のコマは十分にそろった。日体大の強力投手陣が話題の首都大学野球連盟だが、東海大も負けていないと言える。

20180407東海大 青島
今季初登板となった東海大のエース青島は7回・8回を見事無失点に抑えた

Pickup Player
エドポロ・ジョセフ 日体大3年 外野手
~新の4番を手繰り寄せる2発~
投手陣の奮闘ぶりが目立った試合だが、その中でホームラン2本で試合を決めたのが日体大の4番エドポロであった。

ナイジェリア人の父をもつエドポロは、柏日体高では2年春よりレフトのレギュラーとなり、2年夏からは4番を務めた。持ち前のパワーで高校通算37発をマークする一方、まだ確実性に乏しく、2年夏・3年夏はともに打率0割台と結果を出すことができなかった。日体大では2年春の桜美林大戦で初スタメンを飾ると3安打の活躍で、翌日にも2ランを放つとその後もDHとしてレギュラーに定着。2年秋は4番も務めて、明治神宮大会Vも経験した。ただリーグ戦の打率は2年春・秋ともに1割台と相変わらず確実性は課題であった。

この日は4番レフトでスタメン出場したエドポロ。2回の先頭打者として迎えた第1打席では飯嶋の甘く入ったストレートを左中間スタンドに運ぶ先制ホームラン。6回の第3打席もまるでデジャヴを見ているのではと思うくらい、同じようにストレートを捉えて左中間スタンドに叩き込んだ。いずれのホームランもそれほど強振という感じではなかったが、持ち前のパワーで左中間スタンドに運んだ。いずれも飛距離十分の大きな当たりで、エドポロは打った瞬間に右手を高く掲げていた。好投手相手になかなか点が取れない中でホームラン2本と見事に4番の仕事を果たした。

他の2打席は三振と確実性に関してはまだまだなところもある。ただ打撃フォームがぶれが少なくなっていて、外野守備にも余裕が出てきていて、2ホームランという結果が以外のところでも成長の後が見られた。正直去年の秋は期待だけで4番を打っている感があったが、今年は真の4番になろうとしている、また絶対的なパンチ力という武器を持ち、その他の部分でも高いポテンシャルを兼ねそろえているエドポロ。来年のドラフト会議で名前が呼ばれる可能性もある逸材である。

20180407日体大 エドポロ
2発のホームランを放った日体大4番のエドポロ



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ