FC2ブログ

立教大×早稲田大【東京六大学野球連盟】

4/14 東京六大学野球連盟第1節1日目(開幕日)
立教大×早稲田大 @神宮球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180414立教大×早稲田大

立教大の田中誠、早稲田大の小島の両エースによる投手戦となった試合。田中誠は6回までヒット1本を許した以外はパーフェクトというピッチング。対する小島もヒットは許しながらも6回まで7奪三振と要所では粘り、6回まで0-0の試合となる。

試合動いたのは7回表、立教は先頭の藤野がセカンド内野安打で出塁→バントで送ってチャンスを作ると、代打林中がセンターオーバーのタイムリー3ベースを放ち先制する。ただ早稲田も直後の7回裏、吉澤・加藤の連打とバントで2死2・3塁のチャンスを作ると、代打岸本がセンター前ヒットを放ち同点。しかし2塁ランナーはホームタッチアウトで逆転はできなかった。

8回表、立教先頭の寺山の打球はセンターの前へ。この回からセンターについた小太刀が飛び込むもあと1歩及ばずにこれが2ベースとなり、バントで送って1死3塁のチャンスを作る。続く4番三井の打球はファーストのグラブをはじくタイムリーヒットとなり立教が勝ち越しに成功する。

早稲田は8回裏に先頭の檜村が死球で出塁して、バントで送って1死2塁と同点のチャンス。ここで高橋監督が右の代打三木を送ると、立教も田中誠→中川にスイッチ。早稲田は代打の代打で山野を送るもサードライナー。続く1番池田も三振に倒れて同点ならず。このまま9回裏も中川が引き続き好リリーフをみせて立教が2-1と逃げ切って勝利した。

20180414立教大 田中誠
8回途中まで1失点の好投をみせた立教大のエース田中誠

20180414立教大 林中
先制のタイムリーを放つ立教大の代打林中

20180414早稲田大 岸本
7回裏に同点タイムリーを放つ早稲田大の代打岸本


Topic
◆今季も互いに譲らない田中誠ー小島の投手戦
開幕戦となったこの日は立教大の田中誠、早稲田大の小島という両エースが登板し、互いに譲らない見事な投手戦を繰り広げた。まず小島は8回までヒット10本を浴びながらも、140㌔前後のストレートでインコースを突き、スライダー・チェンジアップを有効に使ったピッチングで要所では三振を奪うピッチング。7・8回には1点ずつを失うも8回2失点という見事なピッチングであった。田中誠はストレートは速くても130㌔中盤であったがノビがあり空振りをとることができて、スライダー・カーブで緩急をつけられたこともよりストレートを際立たせた。初回に先頭の池田にヒットを浴びるも、6回終了までそれ以外はランナーを1人も出さないピッチングであった。7回に同点打を浴び、8回にピンチを招いたところで中川にリリーフを仰いでしまったが8回途中まで1失点というこちらも見事なピッチングであった。

昨年の春の早立戦の初戦では、小島ー田中誠の両投手が完投して1-0で早稲田大(小島)が勝利した。今回も昨年に匹敵する両エースの投げ合いで結果的には田中誠がリベンジを果たした形になった。

20180414早稲田大 小島
敗れはしたが8回2失点と見事なピッチングをみせた早稲田大の小島


◆今季も完璧なリリーフな中川
8回裏の1打同点のピンチで、立教大の溝口監督はここまで好投のエース田中から中川にスイッチした。中川は代打の山野を力のないサードライナーに打ち取ると、続く池田を三振でピンチを切り抜ける。続く9回裏も、山岡・吉澤を連続三振で斬って取ると、4番加藤もライトフライに仕留めてゲームセット。結局5人の打者相手にパーフェクトの3奪三振という最高のリリーフをみせた。

昨年は1年生ながらリリーフとして活躍し、全日本大学野球選手権優勝の最大の立役者といえる働きをみせた。今年はオープン戦では先発なども務めていたが、この開幕戦を見る限りでは今年もリリーフエースとして起用されるようだ。昨秋は防御率が4.35と研究されてきたこともあり、春に比べると成績を落としたが、この日はアンダースローとしてはかなり速いといえる135㌔をマークするなどさらに進化した姿を見せたリリーフエースに今年も期待である。

20180414立教大 中川
8回のピンチから打者5人をパーフェクトに抑える好リリーフをみせた立教大の中川


◆徳山ー岩本のバッテリーが公式戦デビュー
8回裏の攻撃で小島に代打が出た関係で、9回表の早稲田のマウンドにあがったのは大阪桐蔭のエースとして昨年のセンバツを制した1年生の徳山であった。徳山の登板と同時にキャッチャーも岩本に代わって、大阪桐蔭1年生バッテリーが公式戦デビューとなった。

徳山はMax144㌔をマークしたストレートを中心に、120㌔中盤のスライダー、130㌔を超えるSFF(?)を交えた投球。先頭の吉田をSFFでファーストゴロに打ち取ると、続く中川・笠井をショート檜村の好守もあり連続ショートライナーに仕留め、9回の立教の攻撃を見事3人で抑えた。上々の公式戦デビューを果たした徳山。岩本とのバッテリーで、六大学に今後どのような歴史を作ってくれるのか楽しみである。

20180414早稲田大 徳山
1イニングを見事3者凡退で抑えるデビューを飾った早稲田大の徳山


◆早立に分かれて活躍の大阪桐蔭
徳山・岩本というフレッシュ勢だけに限らず、この試合では大阪桐蔭出身者の両チームに分かれて活躍した。

早稲田では3番ファーストで吉澤が出場。2015年夏のエースと4番の対決となった、田中誠の対戦は遊ゴ→三振→センター前ヒットという活躍。このヒットは半ばエラーのような形だったので内容でいえば田中誠に軍配があがったが、このヒットで出塁した吉澤は同点のホームを踏んだ。

2016年夏の大阪桐蔭は3番吉澤、4番三井というオーダー。この日は早稲田の3番、立教の4番とまさにチームを隔てての3・4番となった。2人ともこの2年目にレギュラーを掴み、いきなりの中軸ということで期待がかかっているが、この試合では三井が決勝タイムリーを放つ活躍でまず結果を残した形だ。

他にもこの日の第1試合では慶応大の1年生福井が代打でタイムリーを放つデビュー。法政大には福田、永廣という二遊間もいる。センバツを連覇した大阪桐蔭のOBたちの神宮での活躍にも注目である。

20180414早稲田大 吉澤
大阪桐蔭時代の同期、先輩との対決となった早稲田大の3番吉澤


Pickup Player
三井健右 立教大2年 外野手
~新4番が見事に決勝タイムリーデビュー~
この春から4番に座る三井の決勝タイムリーで立教大が先勝した。

三井は大阪桐蔭では2年秋からベンチ入りを果たすと4番レフトとして活躍。近畿大会優勝を果たし、翌春のセンバツ出場を果たす。初戦の土佐戦では2安打を放つも、続く木更津総合戦では早川の前にノーヒットに終わり敗退の原因となってしまった。3年夏も4番を務めるも、関大北陽の前にまさかの3回戦敗退となってしまった。立教大での1年目はフレッシュリーグで主軸を務めたりはしたもののリーグ戦の出場はなし。しかし2年生となった今季は、卒業した大阪桐蔭の先輩の笠松の後を継ぐ形で4番に就任した。

しかし1打席目・2打席目は小島の前に三振と東京六大学の洗礼を浴びる。3打席目もショートゴロに倒れてしまい、4番としての仕事は全く果たせずにいた。1-1の同点、1死3塁という場面で回ってきた第4打席も小島のストレートの前に2球で追い込まれてしまうが、3球目の外のストレートを身長186㎝の長いリーチを生かして何とか捉えると、強烈な打球はファースト吉澤(大阪桐蔭時代には3・4番を組んでいた仲)のグラブをはじいて、勝ち越しのタイムリーとなった。4番という重圧からか、打った後には渾身のガッツポーズも見らえた。結局この三井のリーグ戦初ヒットがこの試合の決勝タイムリーとなり、何とか4番の責務を果たしたといえよう。

まだまだ粗さも残るが、そのパワーには目を見張るものがあり、期待度も高い三井。この三井がこのまま4番として活躍し続けることができれば、立教大にとっては大きな戦力の上積みとなり、春連覇にとって重要なピースとなってくることだろう。

20180414立教大 三井
リーグ戦に立教大の4番でデビューを果、見事決勝タイムリーを放った三井



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ