横浜×横浜創学館【春季神奈川大会4回戦】

4/15 春季神奈川大会4回戦
横浜×横浜創学館@サーティフォー保土ヶ谷スタジアム


試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180415横浜×横浜創学館

横浜は1回表、先頭の小泉の飛球が強風で戻されてショートとレフトの間に落ちて2ベースとなると、3番齊藤のタイムリーであっさり先制。さらに内海の内野安打などで2死1・3塁とすると、6番角田が三遊間を破るタイムリーを放ち2点目をあげる。続く2回表にも1死1・2塁から2番山崎が右中間フェンス直撃の2点タイムリー3ベースを放ち2点を追加。

横浜創学館は3回から2番手として三浦をマウンドに送るも流れを止めらえず、3回表には遠藤の右中間へのタイムリー3ベースで1点、4回表には2個の死球から板川に3ランを浴びてしまう。さらに3番手の佐藤聖は5回表に、横浜3番齊藤にソロホームランを浴びてしまい、横浜は5回まで毎回の9得点。

横浜は投げてはエース板川が4回3安打無失点。2番手の及川は149㌔をマークするなど、打者7人をパーフェクトに抑えると、最終回に登板した松本は3四死球で満塁のピンチを招くも最後は三振で凌いで7回を完封リレー。横浜が強豪対決をコールドで制して、ベスト8進出を決めた。

20180415横浜 板川
投げては4回無失点、打っては3ランの横浜エースの板川

20180415横浜 齊藤
5回にホームランを放つ横浜3番の齊藤

20180415横浜創学館 町田
先発するも2回で降板となってしまった横浜創学館の町田



Topic
◆あとは万波だけな横浜打線
小泉の高く上がったフライが強風によってショートとレフトの間に落ちて2ベース、内海のボテボテのゴロが湿ったグランドで止まって内野安打と、初回に天候も味方して2点を先制。そのまま勢いにの乗ると横浜打線は5回まで毎回の9得点をあげた。まさにどこからでも点のとれる打線で、スタメンでは8人がヒットを放った。唯一の不安要素が、ヒットを打たなかった1人の万波である。前チームでは4番を打っていた万波も打順は7番まで下がり、この日も見ていて全然タイミングがあっていないと感じた。個人的には昨秋からのノンステップ打法は止めて、元に戻してみては?と思う。ただ4番の長南はベンチに下げても、万波はフル出場させたあたり平田監督の復活にかける期待も大きいのだろう。

20180415横浜 万波
横浜打線の中で万波の状態だけが心配である


◆3世代の左腕完封リレー
横浜の先発は前日の試合に続いてエース板川であった。板川はエースらしい安定したピッチングで、Max136㌔のストレートをコントロールよくコースに投げ分け、得意のスライダーに加え、この日は120㌔前後のSFF(?)が良かった。4回をなげて3安打無失点という内容で全く相手打線を寄せ付けなかった。板川は打っても3ランを放つなど絶好調で、登板を終えた後もレフトの守備についた。5回からは2番手として及川が登場し7人をパーフェクトに抑えた(及川についてはPickUp Playerのところで詳しく…)。抑えればコールドの7回の先頭バッターを及川が三振に斬ってとったところで、横浜はバッテリーを交代。マウンドにあがった1年生左腕の松本は7番横田の3球目には145㌔をマーク。コントロールがバラバラで3四死球で満塁のピンチを招くも、最後は佐藤孝を三振に斬ってとった。まだまだ粗さの塊であったが、昨年の及川に続いてスーパー左腕が横浜に入学したようである。これで板川ー及川ー松本と3学年にわたっての左腕完封リレーが完成した。昨秋は投手陣の乱れでコールド負けを喫した横浜であるが、それをバネにして強力な投手陣を形成しているようだ。

20180415横浜 松本
7回に初登板を果たし145㌔をマークした横浜新1年生の松本


◆堅実な戦いぶりの平田監督?
1年生では大手も代打でデビュー。積極的な打撃でいい当たりを放ったがショートゴロに倒れてしまった。他にも度会などを初めてとして多くの1年生がベンチ入りしていた横浜だが、出場はこの2人のみで昨年・一昨年に比べるとやや少なめ。前述もしたようにエース板川を前日に続いて連投させるなど、この春の横浜は色々試すというよりは堅実な戦い方が見られる。昨秋に鎌倉学園にコールド負けしたことで、平田監督に対する外野の声も厳しくなり、使いづらいということもあったかもしれない。


◆完敗すぎた創学館の収穫は2年生投手陣の経験
一方の横浜創学館にとっては厳しい結果となった。もちろん選手のレベルでは横浜に敵わないが、横浜創学館も秋山・坂田(ともに西武)、石井(日本ハム)、望月(阪神)らを輩出した、部員数も神奈川でトップクラスを誇る強豪校。それだけに打っては3安打のみで、7回コールド負けは屈辱的であった。その中でも収穫といえたのは町田、三浦、佐藤孝といった2年生投手が横浜打線を肌で感じられたこと。特にエースの佐藤孝は、9点差のついた6回からの登板であったが、柔らかい腕をつかった左腕らしい出処の隠れるようなフォームからMax134㌔のストレートを投げ込み、横浜打線を2回無失点に抑えた。

20180415横浜創学館 佐藤孝
2イニング横浜打線を無得点におさえた横浜創学館のエース佐藤孝


Pickup Player
及川雅貴 横浜2年 ピッチャー
~スーパー1年生から1年後の149㌔~
この日、横浜の2番手としてマウンドにあがったピッチングは圧巻の一言でしかなかった。

ちょうど1年前にはスーパー1年生として騒がれた及川は、春季大会の決勝の東海大相模戦で先発デビューも2回途中6失点でKO。夏には南戦に先発して4回無失点、桐光学園戦ではリリーフで2回無失点の好投を見せると、甲子園では秀岳館相手に3回無失点のピッチングをみせた。新チームでは板川とのダブルエースとして期待されたが、鎌倉学園戦では先発するも3回途中6失点でKOとなり、横浜まさかのコールド負けのきっかけを作ってしまった。

今年の春季大会ではこれまで登板のなかった及川だが、この日は5回からマウンドにあがった。この春から保土ヶ谷球場にはバックスクリーンに球速表示が出るようになったのが、投球練習から140越えを連発して観客を沸かすと、先頭打者の初球にはいきなり147㌔をマークするなどすべてストレートで三振。さらに最速となる149㌔をマークしたストレートを中心にしたピッチングで、たまに130㌔を超えるスライダーを交えて相手打線を圧倒していった。結局7回1死まで打者7人をパーフェクト4奪三振という内容で、まるで大人が子供を相手にしているかのようであった。

保土ヶ谷球場はスピードガンはまだ怪しいところもあるが、それでも見てわかるほど及川の球の威力は増していた。昨年までの及川は非常に綺麗なフォームであったが、この春はスリークウォーター気味に腕を思いっきり振るフォームで荒々しさも少し感じられたが、それでも四球はなくコントロールも安定していた。体も一冬越えて大きくなっていたように感じられた。

咋春のスーパー1年生が1年経ってさらなる成長を遂げていて、観戦していたソフトバンクのスカウトも絶賛する投球で、これが毎回できれば本当に手のつけようのない状態。なんで背番号22を付けているのかが本当に不思議でしかなかったピッチングであった。

20180415横浜 及川
Max149㌔のストレートを武器に7人をパーフェクトに抑えた横浜の及川




ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ