FC2ブログ

国士舘×二松学舎大付【春季東京大会4回戦】

4/16 春季東京大会4回戦
国士舘×二松学舎大付@神宮第二球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20180416国士舘×二松学舎大付

国士舘は1回表、2死から3番倉田が四球で出塁すると、4番門間がレフスタンドに先制の2ラン。続く2回表にも赤川・冨田の連打と送りバントで1死2・3塁のチャンスを作ると1番石田のファーストゴロの間に1点を追加する。投げては先発の草薙が3回までノーヒットのピッチング。一方の二松学舎大付のエース海老原も3回以降は立ち直り、試合は3回~7回は0行進となる。

試合が動いたのは8回表、国士舘は内藤真・倉田の連打でチャンスを作ると、二松学舎大付はここで海老原→岸川にスイッチ。しかし国士舘は門間のヒットで満塁とすると、5番田中の犠飛、7番赤川の2点タイムリーで3点を追加。9回表にも石井のセンタオーバーの2ベースと内藤真の内野安打で1死1・3塁とすると3番倉田のサードゴロの間に1点を追加する。

ただ二松学舎打線も9回裏、国士舘2番手の石井を攻めたてて連続四死球と平間のヒットで満塁とすると4番保川が2点タイムリー2ベース。さらに代打有馬のタイムリー、連続四球で押し出しで3点差。なおも満塁でホームランが出れば逆転サヨナラというチャンスを迎える。国士舘はここでエース石井→井田にスイッチ。井田は8番内田をライトフライに打ち取ると、タッチアップでスタートを切った3塁ランナーは途中でストップ。しかし同時にスタートを切った2塁ランナーは戻れずに挟まれてしまいダブルプレーでゲームセット。最終回の二松学舎大付の猛攻を振り切り、国士舘が勝利してベスト8進出を決めた。

20180416国士館 草薙2
6回無失点の好投を見せた国士舘の先発草薙

20180416国士館 赤川
2点タイムリーを含むライト前ヒット3本を放った国士舘の赤川

20180416二松学舎大付 保川
最終回に2点タイムリー2ベースを放つ二松学舎大付の新4番保川


Topic
◆背番号19の4番
国士舘の4番に座るのは背番号19をつけた門間。その門間が1回表2死1塁から放った大きな打球はポール際のレフトの防護ネットに直撃する2ランとなった。2死からランナーを出しての攻撃であり、試合の流れを国士舘に持ってくるという意味でも非常に大きな1発であった。その後試合が膠着して迎えた8回無死1・2塁では、1球目のストライクを見逃したところでピッチャーが海老原→岸川に交代となるも、カウント0B2Sと追い込まれたから岸川のアウトコースのスライダーを見事に流し打ってライト前ヒットとし、無死満塁のチャンスを演出し、この回の3得点に繋げた。

5打数2安打2打点という成績であったがこの2本はゲームを動かく意味でも非常に重要な1打であり、背番号19であるが見事に4番としての仕事を果たせたといえる。この門間以外にも、この日の国士舘の外野はレフトが背番号16の冨田、センターが背番号20の田中と全員が2桁背番号で、まさに激しいレギュラー争いが繰り広げられているが、その中でも門間は大きくアピールできたのではないだろうか?

20180416国士館 門間
初回に先制2ランを放つ国士舘の背番号19の4番門間


◆国士舘の左腕3本柱確立
国士舘は咋秋は経験豊富なエースサイド左腕の石井に、立正大立正戦では16奪三振を奪った井田という左腕2枚で勝ち上がった。しかし二松学舎大付という強敵が相手のこの試合の先発マウンドを任されたのは草薙であった。球の威力ではもともとチームNo1であった草薙であるが、昨秋は準決勝の佼成学園戦で好リリーフを見せたくらいの活躍である。

その草薙が期待に応える6回無失点という見事なピッチング(詳細はPickupPlayerのところで)。7回からはエース石井を投入して盤石のリレーを決行し。8回まで二松学舎大付打線を全く寄せ付けなかった。そんなエースが9回には捕まってしまうも、最後は井田が登場して凌いでゲームセットと見事左腕3人のリレーで二松学舎大付に勝利した。これで草薙も夏に向けて十分に使えるメドが立ったと言え、国士舘の左腕3本柱が確立されたともいえる。

20180416国士館 石井
この日は最終回に打たれてしまったが国士舘の左腕3本柱の中心はやはり石井である


◆目覚めるのが遅すぎた二松学舎打線
二松学舎大付といえば、昨夏の甲子園出場のメンバーも残り、秋には東海大菅生の戸田を打ち崩した強力打線が売り。しかしその打線が6回まで草薙の前に3安打無得点大沈黙。たまにいい当たりも見受けられたが、それがどうも野手の正面をついている感があり、そのまま7・8回も石井の前にテンポよく抑えられてしまい、9回を迎える。

ただ9回には石井の連続四死球からチャンスを作ると、平間・保川・代打の有馬が3連打を放つなどして、最後はホームランが出れば逆転サヨナラという場面を作り出して球場を大いに盛り上げたが、最後は走塁ミスでゲームセット。3点差の場面でのタッチアップが絡んでのミスということで非常に無駄で喰いが残るミスであったが、そもそもでいえば8回まで無得点と打線が沈黙してしまったことが、この試合の二松学舎大付の最大の敗因といえるだろう。


Pickup Player
草薙柊太 国士舘3年 ピッチャー
~強力打線を6回零封のナイスピッチング~
この試合の国士舘勝利の最大の立役者は二松学舎大付打線を6回零封した草薙であり、この草薙の台頭は国士舘にとっても非常に大きい。

草薙は2年夏に背番号13のリリーフとしてベンチ入りをすると、敗れた日大二戦で登板すると147㌔をマークした。ただその反面コントロールなどにはまだ課題が残り、2年秋はその高い守備力もあり、背番号8をつけて外野兼任となる。投手としては準決勝の佼成学園戦でリリーフとしては5回無失点の好投を見せた反面、これが秋草薙の唯一の登板機会であった。

ただ147㌔をマークした左腕に対する期待は高く、国士舘は夏には当たらない東東京の二松学舎大付であるにも関わらず、エース石井や井田でなくて、あえて草薙を先発させた。草薙はゆったりとしたフォームから、勢いよく腕を振って勢いのあるストレートを投げ込んでくるので、打者としてはタイミングが遅れやすい。またストレートに角度もあり、特に右バッターのインコースのボールがよかった。さらに冬場に覚えてこの日有効であったチェンジアップや、大きく曲がるカーブ(どちかというとパワーカーブ系)といった変化球も交えたピッチング。四死球は1回の1個のみと課題であったコントロールも安定していて、二松学舎大付打線を次々と打ちとっていく。結局2回以降は2塁すら踏ませないピッチングで6回無失点の好投。本当にここで下げるのがもったいなさすぎるくらいいいピッチングだった。

もともと球に力はあるだけに、この日のように安定した投球ができれば、3本柱どころか国士舘のエースの座も狙える草薙。さらに言えばネット裏には7球団のスカウトが駆けつけていたように、プロからの視線も熱い草薙に今後も注目していきたい。

20180416国士館 草薙1
この日の好投でスカウトからの視線も熱い国士舘の先発を務めた草薙



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ