FC2ブログ

二松学舎大付は本当にエースに頼りすぎなのか?

花咲徳栄がセンバツに滑り込んだ一方で、
センバツ落選となったのが東京準優勝の二松学舎大付。

まぁ花咲徳栄と二松学舎大付だったら
ほぼ互角でだと思うので、この選出自体にはそんな文句はないです。

ただ
「大江君に頼りすぎる傾向がある」
という高野連の落選理由はどうかと思う!!


わたしに言わせれば、この秋の東京No1チームは二松学舎大付である。

 2-1早稲田実業
 5-1日大三
10-1都城東
10-1東海大高輪台
 3-4関東一

もちろん決勝では関東一に敗れたのだが、
何とも不運なくじ運から早実・日大三を破って勝ち上がってきた実力は本物である。
ちょっと相手のレベルが下がった準々決勝・準決勝では
どちらも10-1と見事なコールド勝ちを納めている。

決勝戦でも8・9回に外野に飛んだ打球は1回だけなのに、
ボテボテの当たり連発で4点を失って逆転負けという不運なところもあった。

もちろん結果は結果なのだが、
秋の東京で1番力のあったチームは二松学舎大付という印象をもった人は
わたしだけはないはずだ。


さてもとの「大江君に頼りすぎる傾向がある」の話に戻る。
こんな東京No1ともいえるチームが本当にエースに頼り過ぎというチームなのだろうか?

二松学舎大付の中心がエース大江(2年)を中心としたチームであるということは事実である。
二松学舎 大江
二松学舎大付 エース大江

1年からずっとエースであり、
決勝戦では逆転された直後に
自己最速を更新する148㌔を出すなど、ロマンもある投手だ。

確かに秋の東京大会も延長戦を含めて全て大江が1人で投げぬきましたが、
連戦の少ない秋をエースが1人で投げぬくなんてことはザラですよね。

頼りすぎるというくらいなので、
さぞかし打てないor守備が悪いということなのでしょうが…

打線はと上記の秋大のスコアの通り、決して弱くない。
(というか十分に強打というレベルである)

特に4番の永井(1年)が活躍が大きい。
二松学舎 永井


夏の段階ではベンチ入りすらしていなく、
それがレギュラー7人が残るチームの4番に抜擢されたのだから、
最初は昨年の橋本(2年)のように期待を込めた起用なのかと思っていたが、
準決勝・決勝でホームランを含む計5安打と打ちまくり、
名実ともに4番として二松学舎大付の打線にさらなる厚みを与えた。


守備も夏のレギュラーが7人残っていることもあり、非常に安定している。
(昨年のショートのレギュラー島根(2年)とセンターのレギュラー平野潤(2年)がともに
ベンチにいられるほどのレベルである)
特に捕手:今村(2年)、セカンド:鳥羽(1年)、ショート:三口(2年)のセンターラインは
素晴らしいものがある。

というわけで二松学舎大付は決して「大江君に頼りすぎ」なチームではないのだ!!


ではなんでこんなことを言われるのかというと…
去年のセンバツですねw

大江が16奪三振をとりながらも、
二松学舎大付は21世紀枠の松山東に逆転負け…。

21世紀枠に負けてしまうと、
選んだ関東・東京の高野連は非常に罰が悪いわけで、
そこらへんの印象が残っているのが今回の「大江君に頼りすぎる傾向がある」発言なわけだ。


とはいえ、高野連のおじいちゃん!
「記憶が曖昧なのかもしれないけど、それは去年のことですよ」


最初にも言ったが、二松学舎大付の落選という結果自体には文句はない。
ただこういうテキトーな理由に関しては文句はつけざるを得ない。

報徳・市和歌山のときもそうだったが、
どうして無理に
・選出されたチームのいい点と
・選出されなかったチームの悪い点
のみを述べて、あたかも自分たちの正当性を主張する必要があるのだ?

別にいいじゃないか、
花咲徳栄の方が、二松学舎大付より素晴らしかったの一言で…。













スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ