FC2ブログ

相模原×東海大相模【選手権北神奈川大会準々決勝】

7/24 選手権北神奈川大会準々決勝
相模原×東海大相模 @横浜スタジアム

北神奈川大会のベスト4をかけた戦いは、県立の強豪相模原がセンバツベスト4の東海大相模に挑む「相模ダービー」となった。

試合経過

20180724相模原×東海大相模2
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

東海大相模の先発は背番号11の左腕浅海であったが、相模原打線がこの浅海にいきなり襲いかかる。先頭の及川がセンターヒットで出塁→盗塁でチャンスを作ると、四球と4番小島のヒットで満塁。すると5番近藤がライト線にうまく運んで2点タイムリーで相模原が先制。続く風間のヒットでまたもや満塁とすると、7番坂手が4者連続のヒットとなるタイムリーを放つ。浅海はこの日は変化球で思うようにストライクをとることができず、甘く入ったストレートを狙い打たれてしまい、まさかの打者7人に6安打を許してKO。東海大相模はたまらずエース齋藤をマウンドに送るも、準備不足もあってか菅地のタイムリーにワイルドピッチとさらに2点を失い、相模原が初回に5点のリードを奪う。
20180724相模原 近藤
先制の2点タイムリーを放った相模原の5番近藤

齋藤は2回以降は落ち着いたか、持ち前の縦に大きく曲がるスライダーやフォークを駆使したピッチングで2回~5回まで相模原打線をパーフェクトに抑える。すると打線も徐々にエンジンがかかってきて、2回裏に四球で出塁した金城が俊足を飛ばして佐藤のレフト前ヒットで一気に3塁を陥れ1・3塁のチャンスを作ると小松のセカンドゴロの間に初得点。5回裏にも山田・森下の連打で1・3塁のチャンスを作ると、4番西川のショートゴロの間にまず1点。5番渡辺がライト前にタイムリーを放つと、6番吉田は左中間スタンドに2ランを放り込み東海大相模が5回に5-5の同点に追いつき、相模原のエース菅地をKOする。
20180724東海大相模 齋藤
2~5回は相模原打線をパーフェクトに抑えた東海大相模のエース齋藤

こうなると後は東海大相模が逆転をするのを待つだけと思われたが、7回表…相模原は先頭の及川が齋藤からはチーム初ヒットとなるライトフェンス直撃の2ベースを放ち出塁。常盤が送って1死3塁とすると、3番柴田が低めの変化球をうまくセンター前に運んで相模原が勝ち越しに成功。さらに小島のヒットと四球で満塁とするも、7番坂手はキャッチャーファールフライ…と思いきや風もあってかこれを佐藤がキャッチできず…さらに佐藤は捕れなかった際に頭を地面に打ってしまい、負傷交代となってしまう。これで生き返った坂手がセンター前にタイムリーヒット。この時、2塁走者は3塁を回ったところで止まっていたが、センターからの送球を代わったキャッチャー井上が後ろに逸らしてしまい、この間に3塁で止まったはずのランナーがホームイン。相模原がこの回3点を勝ち越して、東海大相模のエース齋藤をマウンドから引きずり下ろした。

さらに2死2・3塁というピンチであったが、齋藤に代わって登板した2年生右腕の紫藤がここは菅地を三振に仕留める好リリーフ。紫藤はコンパクトなサイドスローであり、スピードはまだまだであるが、インアウトにストレートをコントロールよく投げ分けることができていて、スライダーも打者の手元で曲がるしろものであった。続く8回表もマウンドにあがると打者3人で相模原打線を完璧に抑えた。
20180724東海大相模 紫藤
3番手としてパーフェクトリリーフをみせた東海大相模の紫藤

東海大相模は3点を追っているために8回裏に紫藤のところで代打上杉を送る。上杉は2球目の変化球をうま救い上げると、打った瞬間に右手を突き上げるのも納得の打球で、ライトスタンドに吸い込まれるホームラン。1年生スラッガー西川の台頭もあって、この日はベンチスタートとなっていたが、センバツでは全試合で4番を務めていた強打者がその実力を発揮する形となった。しかし5回途中からリリーフした相模原の2番手堀場は安定したピッチングで、8回までに許した得点はこの上杉の1発のみ。相模原が東海大相模相手に2点をリードしたまま試合は最終回を迎えることとなる。
20180724東海大相模 上杉
8回裏に代打ホームランを放った東海大相模の上杉

後がない東海大相模は9回裏、先頭の山田の打球はレフト後方の打球。通常であればレフトフライという打球であったが、レフトはエース菅地が回っていて不慣れであったこともあり、これをキャッチすることができず2ベースとなる。すると続く森下は堀場の変化球の前に2球で追い込まれてしまうも、さらに続けた変化球を見事に捉え、高校通算57号となる同点の2ランホームラン。東海大相模が土壇場で力を発揮して同点に追いついた。
20180724東海大相模 森下
9回に高校通算57号となる同点2ランをはなった東海大相模の森下

追いつかれてしまった相模原はレフトからエース菅地をマウンドに戻すもストライクが入らず、後藤に四球を与えてしまったところで3番手船津に交代。船津は牽制がうまく1塁ランナーの後藤もあわやというものもあったが、渡辺にバントを決められしまうと今度はショートを守っていた柴田をマウンドに送る。柴田は縦に大きく曲がる変化球が武器でこれを多投するも吉田にセンター前に運ばれてしまい、さらに続く金城に四球を与えたところで降板。1点取られればサヨナラの1死満塁という場面でこの大会初登板となる大貫を送る。迎える東海大相模のバッター井上は大貫の低めの変化球に上手く合わせると打球は、大貫の足元(あるいはマウンド)に当たり1・2塁間を転々とするピッチャー強襲のサヨナラ安打。東海大相模が大苦戦しながらも最後は自力を発揮して、サヨナラ勝ちでベスト4進出を決めた。


敗れはしたが東海大相模を最後まで追い詰めた相模原の戦いぶりは見事なものであった。特に佐相監督が「打のチーム」と称するだけあって打線は見事であり東海大相模投手陣から8得点。相手の浅海の調子が悪かったこともあるが初回に5連打を浴びせて主導権を握り、その後はエース齋藤の前に沈黙するも、同点に追いつかれた後にはこの齋藤から3得点。2回のビックイニングを作ったがこれはともに1番及川から始まった攻撃であった。及川は183㎝83㎏と大型の1番打者であり、走力もあるが、本来は知中軸を打っていてもいいような強打者であった。特に7回の攻撃の口火を切ることとなったライトフェンス直撃のバッティングは見事であり、2~6回まで齋藤相手にノーヒットだった相模原打線を再び活性化させたという意味でも核弾頭として見事な働きであった。
20180724相模原 及川
ともに2回のビックイニングの口火を切るヒットを放った相模原の1番及川

相模原として誤算だったのが菅地再登板の流れであろう。エース菅地をレフトに残したために、最終回は先頭の山田に出塁を許してしまい、これが同点に繋がってしまった。同点のあとに菅地をマウンドに戻すもストライクが入らず降板。この菅地→堀場→菅地という継投は前の向上戦では成功していたが、この試合ではそれが裏目に出てしまった。菅地と堀場がベンチに下がってしまうと、あとは大会登板の投手陣しかおらず、結局9回裏に5人の投手をマウンドに上げるという必死の投手起用を見せるも、東海大相模にサヨナラ打を浴びてしまうのはある意味必然な流れであった。
20180724相模原 菅地
再登板を果たすなど力投をみせた相模原のエース菅地

一方の東海大相模としてはやはり初回の浅海が1死しか取れずに降板というのは厳しかった。エース齋藤を温存するのはまだしも、本来であればセンバツでも3試合に先発した野口を起用したかったところであろうが、9回に登板した野口は1イニングを無失点に抑えたがボール自体は全然であった。センバツ以降東海大相模の投手陣がどこかパッとしおらず、その流れをまだ引きずっていると感じた。それでも最終回の打線の粘りはさすがであり、1番いいところで1発を出した森下は称賛するしかない。1年生の西川が4番に座り、代わりに4番だった上杉はベンチスタートも代打ホームランを放つなど層の厚さも見せつける形になった。投手陣に若干の不安がある以上、打線がそれをカバーして勝ち上がっていくしかなさそうであり、この後慶応→桐光学園と好投手を擁する2校との対戦でその真価が発揮されることだろう。


Pickup Player
吉田元登 東海大相模3年 サード
~度重なるケガを乗り越えて最後の夏に躍進~
5回の同点2ラン、最終回にはサヨナラに繋ぐセンター前ヒット。6番吉田のバッティングがこの試合の東海大相模にとって非常に効果的であった。

吉田は走攻守揃った内野手として1年夏からベンチ入りを果たすも、その後はケガに苦しんだ。2年秋にはやっとサードのレギュラーとなり、関東大会では4番を務めるなど、秋の公式戦で打率.375と活躍。180㎝73㎏と東海大相模においては大型というほどでなく、本来は中距離ヒッタータイプの打者であるが、パンチ力もありスタンドに放り込む力もあるバッターである。しかしセンバツ前には骨折してしまい、センバツと春季大会はベンチ外…。この夏に復帰してサードのスタメンとして出場していて、厚木東戦・大和南戦ではタイムリーを放った他、四死球も多く選んでチームの貢献度は高かった。

この試合も6番サードでスタメン出場した吉田だが、初回の2死満塁で迎えた第1打席ではレフトフライ。しかし3回裏の先頭打者として迎えた第2打席ではライトオーバーの2ベース。そして5回裏の第2打席、変化球を2球続けた後の3球目を捉えると打球は左中間へ…最初は入るとは思わなかったが、伸びた打球はそのままスタンドに飛び込む同点2ランとなった。同点に追いついた後、1死2塁で迎えた第5打席では柴田の大きく曲がる変化球を捉えてセンター前ヒット。打球が早すぎたので2塁ランナーを返すには至らなかったが、これで1・3塁となり東海大相模の勝利がこれで決まったと言えるほどの1打であった。結局この試合では5打数3安打2打点であったが、同点2ランにサヨナラに繋がる1打と数字以上に効果的な活躍であった。

東海大相模でずっと期待されながら度重なるケガで活躍したのは2年秋のみであった吉田。これまでの鬱憤を晴らすべく、甲子園に向けてのさらなる活躍が期待される。

20180724東海大相模 吉田
同点2ランを含む3安打2打点の活躍をみせた東海大相模の6番吉田


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ