FC2ブログ

4/24 慶応×桐光学園【春季神奈川大会】

第1試合で勝利した横浜の準決勝の相手を決める戦いが、この第2試合の慶応VS桐光学園。実は昨夏も、横浜の準決勝の相手を決める戦いは、慶応VS桐光学園でこのときは恩地(青山学院1年)が2失点で完投し2-5で桐光学園が勝ってしました。

そんな昨夏のリベンジとなる戦いです。

スタメン

慶応
RF 大串 9
2B 矢澤 4
1B 綿引 3
LF 正木 7
CF 堀内 18
3B 水久保 5
SS 瀬戸西 6
CF 西澤 2
P 木澤 10


桐光学園
LF 延命 7
CF 渡部 8
RF 斎藤 9
P 中川 1
C 大坪 2
3B 棒田 5
1B 小林将 13
2B 渡辺 4
SS 逢坂 6



試合経過

1回裏、桐光学園は1死から2番:渡部がライト線への3ベースを放ち、初回からビックチャンスとなる。続く斎藤はファーストフライとなるも、4番:中川が慶応のシフトの裏を書くようにレフト戦へ先制タイムリーを放つ。(慶0-1桐)

4回まで中川のストレートに押され、完璧に抑えられていた慶応打線だが、5回堀内・水久保の連打とバントで1死2・3塁のチャンスを作る。すると8番:西澤は初球を振り抜き、2点ライト前タイムリーヒットで逆転。さらにライト:斎藤が打球をそらす間に3ついまで進むと、次打者:木澤がアウトコースのボール球に必死にくらいついてスクイズを成功させる。(慶3-1桐)

5回裏、またもや渡部がライトへ長打を放ち、中川のヒットで1死1・3塁。大坪の犠牲フライで1点差とすると、木澤は続く棒田に死球を与えたとことで降板。2番手:森田は小林将に同点ライムリーを浴びるも、続くピンチを凌ぎ、同点止まりとする。(慶3-3桐)

8回表、2つの死球とバント処理のミスで慶応は2死満塁のチャンスを作る。ここで5番:堀内がセンター前にタイムリーを放ち、慶応が勝ち越しに成功する。(慶5-3桐)

8回裏、桐光学園は斎藤のヒットと中川の2ベースで無死2・3塁と絶好の同点のチャンスを作り出す。しかし得点は棒田の犠牲フライの1点のみ(これが非常に痛かった…)。9回裏にも、1死1・2塁で次の打者が中川というビックチャンスを作り出すが、3番:斎藤がまさかのセカンドゴロダブルプレーでジーエンド。慶応が5-4で桐光学園に勝利して、夏の第1シード当確となりました。


桐光学園 中川2
4打数4安打と打っても大活躍の桐光学園:中川

慶応 木澤
慶応先発の木澤

慶応 堀内
決勝点となる2点タイムリーを放った堀内

スコア

慶応
20160924慶応

桐光学園
20160424桐光学園


Topic

今年はチーム力の慶応?
残念ながら今年の慶応の選手個々の力は例年に比べると少し落ちるかと思う。しかしここまで鎌倉学園と法政二をともに3-2で破るなどチームとしての接戦の強さは例年以上であると思う。今日の試合も、内容では桐光学園の方が上回っていた。しかしヒット8本のうち、6本が得点に繋がるという効率的な攻撃と、ランナーを出しながらもあと1本を許さない守備は目立った。

また期待された2年生の3・4番(綿引・正木)は見事にノーヒットであったが、それを3年生の下位打線がカバーできたというのも大きかった。次の横浜戦は今日よりもまた難しい展開となるだろうが、今日のような試合ができれば横浜をひと泡吹かせる可能性は大にある。

投打の柱:中川
最近流行りの「二刀流」がまさに似合うのが今日の中川である。「4番ピッチャー」で出場し、打っては4打数4安打、投げても完投という活躍ぶりだ。

まず投球はストレートの威力が増したようで、序盤は見事なまでに慶応の各バッターが詰まらされていた。そんなストレートの割合が非常に多い投球で、タイプとしては大学日本代表の高橋礼(専修大2年)に近いものがあった。このままいけば2・3年後には安打スローで140㌔が出せると思う。

打撃ではレフト戦、センター前、ライト前、右中間と見事に打ち分け、パワーだけでなく、技術の高さも証明した。この日の桐光学園の得点は全てこの中川のヒットが絡んだものである。

そうなると少し早いが気になるのが進路だ。アンダースロー&強打者という組み合わせは今までになく、どちらにも力を発揮している中川が将来的にはどうなっていくのかは非常に見ものだ。

桐光の2年生野手陣
この日の桐光学園はスタメン9人中6人が2年生であった。といっても春大だからお試しとかでなく、これが現在のベストメンバーなのだと思う。

そんな2年生の中でも目を引いたのが渡部と小林将です。
渡部は1年生の昨夏からレギュラーで主に守備が武器の小柄の選手でしたが、この日は木澤・森田のボールを引っ張りライトに長打2本+フェンスギリギリのライトフライとパンチ力もあることを示しました。そのパンチ力で非常にインパクトを残したのが小林将。まだ粗さは目立ちますが、レフト戦に大きなファールを打つなどスラッガー候補です。今日も6回裏に同点タイムリーを放つと、その次の打席では敬遠されるほど慶応バッテリーに警戒されていました。

桐光学園 小林将
期待のスラッガー桐光学園:小林将



Pickup Player

森田晃介(2年) ピッチャー

接戦に強い慶応を象徴するようなピッチングをしたのが、この大会で背番号1を背負い、今日リリーフで登場した森田だ。6回のピンチで登板した際には同点タイムリーを許したが、それ以降はランナーは出すものの、無得点or最少失点で抑えれうなど、ゲームを作る能力の高さを証明してチームの勝利に貢献した。

タイプとしてはコントロールがよく、ストレート・スライダーをテンポよく投げる投手だ。特にスライダーは、曲がりが遅い(=より打者の手元で曲がる)ような感じで、肩口からストライクゾーンに入る変化球に桐光打線があまり手を出せていないような印象を受けました。コース自体はいいので、あとはもうちょっとボールを低めに集めることができれば、そもそもランナーを出さないようなピッチングができるでしょう。

今日は木澤→森田という順番であったが、個人的にはゲームメイキングに長けている森田が先発で、威力のある速球をもつ木澤が抑えという形が慶応にとっては良いのでないかと思う。

慶応 森田
6回途中からリリーフ登板した慶応:森田


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ