FC2ブログ

横浜×三浦学苑【秋季神奈川大会2回戦】

9/8 秋季神奈川大会2回戦
横浜×三浦学苑@サーティフォー保土ヶ谷球場

センバツをかけた秋季大会が開幕。横浜の初戦はいきなりの三浦学苑であり、昨年の初戦と同じカードとなった。

試合経過

20180908横浜×三浦学苑
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


横浜は1回表、先頭の小泉がストレートの四球で出塁すると、2番庄子もバントの構えをするも、三浦学苑のエース渡辺はストライクが入らずに連続四球。3番度会は何とか追い込むも、浮いたストレートをレフト前に運ばれしまい横浜が先制。さらに4番内海はライトフェンス直撃、5番冨田はセンターやや左中間よりのフェンス直撃のタイムリーを放ち横浜が追加点。渡辺はこの横浜クリーンパックの3連打に動揺してしまったか、持ち直すことができずに津田に死球を与えてしまうと、大手にもレフト線にタイムリー2ベース。続く及川の打席では高めにワイルドピッチを2つ記録するなど制球はさらに乱れてしまう。横浜は9番山口にもレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースが飛び出し、何と1巡目をノーアウトのまま、フェンス直撃のタイムリー3本を含む8得点という結果で終わる。
20180908横浜 山口
レフトフェンス直撃のタイムリーで横浜の1巡目を締めくくった9番山口

2巡目に入っても小泉が2打席連続となるストレートの四球、庄子の打球は打ち取ってやっと1アウトかと思いきや。これがセンター・ショート・セカンドの間に落ちてしまい無死満塁となる。すると度会が2打席連続となるタイムリーを放ち2点を追加し、さらにこのイニング5個目となるワイルドピッチで11点目。ただ野球というのは流れのスポーツというように不思議なもので。ここから渡辺が内海・富田・津田と3人連続で打ち取って、長い長い初回の横浜の攻撃が終わる。

横浜の先発はついに横浜の背番号1を手にした左腕の及川。及川は思わぬ展開に登板までの時間が伸びてやや難しい入りとなってしまったが、三浦学苑の1~3番を3者連続三振に仕留めるという最高の立ち上がりをみせる。

1回の終わりの3人連続アウトで立ち直ったかのように思えた渡辺であったが、2回表にもいきなり大手・及川に連続四球、さらには2個のワイルドピッチも絡んで無死1・3塁。ここまで絶対的なエース渡辺の立ち直りにかけて我慢してきた三浦学苑ベンチだが、ここでついに2番手の長谷川をマウンドに送り込む。横浜は山口の内野安打、庄子のバントヒットで満塁としてから度会の犠牲フライと2点をあげるも、長谷川は捉えられた打球はなく、小泉・内海という横浜新チームの2トップから三振を奪うなど見事なピッチング。

長谷川は打者の手元で沈むようなカーブが持ち味であり、これで空振りを奪えていた。長谷川のストレートはそれほど球威があるわけでなかったが、投げっぷりのいいフォームもあり、このカーブのおかげでストレートも早く見せることができていていた。3・4回は横浜を無得点に抑えて、三振も計4個を奪う好投ぶりであった。
20180908三浦学苑 長谷川
2番手としてマウンドにあがり横浜打線相手に好投を見せた長谷川

しかしこのままでは終われない横浜打線は5回表に先頭の度会がこのカーブを捉えて2ベースで出塁。内海も同じくカーブをセンター前に運んで1・3塁とすると、富田のセカンドゴロの間に1点を加える。これで5回表終わって14点差とした横浜は、4回までノーヒットピッチングであった及川から木下にスイッチ。木下は威力のあるストレートを中心に、5回裏を2三振の3人で締めて横浜がコールド勝ちを納めた。
20180908横浜 木下
最終回を見事3人で締めた横浜2番手の木下



まず三浦学苑としてはエース渡辺がまさかの大乱調であった。140㌔を超えるストレートをもつ渡辺は前チームからエースであり、経験も十分であった。三浦学苑としては打線が横浜相手に簡単に打てないのはある意味想定済であり、チームのストロングポイントであるエース渡辺が横浜打線を抑えてロースコアに持ち込みたいところであった。それでも初回から球が高めに浮いていて、ストライクがとれるボールも高めの甘いゾーン。それを打たれるとますますストライクがとれなくなってしまい、1回は7四死球に5暴投という散々な内容であった。それでもベンチも渡辺への信頼は厚いようで復調にかけていたが、2回になっても同じであったことから交代に踏み切った。2番手の長谷川が上述の通り横浜打線相手に素晴らしい投球をみせただけに、渡辺にかけたことも結果的に裏目となってしまった。
20180908三浦学苑 渡辺
まさかの大乱調となってしまった三浦学苑のエース渡辺

横浜は甲子園出場により1次予選免除でこれが新チーム初の公式戦。甲子園でベンチ入りしていた選手たちに加えて、この試合でお披露目となった1年生の新戦力(富田と庄子)の活躍も目立った。他の並みいる強打者を抑えて5番に座った富田は、初回にセンターやや左中間よりのフェンス直撃のタイムリー2ベース。3回にもほぼ同じところに直撃に2ベースを放ち、この試合は3打点の活躍であった。庄子は非常に2番らしい選手で、2回には無死1・2塁から相手陣形の隙をつくファースト前への見事なセーフティバントを決めた。まさに前チームでいう遠藤の後継者のような存在であった。
20180908横浜 富田
横浜の5番に抜擢されて2ベース2本の活躍をみせた富田

注目のエース及川は結果的に4回ノーヒット7奪三振という圧巻のピッチング。甲子園ではストレートとスライダーのみであったが、この秋はチェンジアップも解禁したようでこの球もなかなかの代物であった(なんで甲子園で使わなかったのかと言いたくなるレベル)。あえて言えば4回にいきなり連続四球を出してしまったことは課題であるが、攻撃が長かったりと非常にリズムが掴みにくい中でよく投げたと思う。5回には2番手として木下が登板してノーヒットノーランリレー。この試合では黒須がベンチを外れる中で、松本とともに及川に次ぐ存在として収穫であった。横浜投手陣は球の威力でいえば全国トップクラスであるが、前チームでは秋・春ともにいきなり投手陣が総崩れで敗れただけに、あとは今日のようなピッチングで安定して続けられるかがキーとなってくるだろう。
20180908横浜 及川
4回を7奪三振ノーヒットに抑えた横浜のエース及川


Pickup Player
度会隆輝 横浜1年 セカンド
~1レベル上の3安打~
5回までで12安打を放った横浜打線の中にあって、1つレベルが上だと感じたのが3打数3安打の新3番度会であった。

度会は元ヤクルトの度会博文を父に持ち、兄の基輝(現:中央学院大)も拓大紅陵で主将を務めた注目の選手。佐倉シニア時代から注目されていて3年夏にジャイアンツカップを制覇すると、U-15代表としてアジアチャレンジマッチに臨み、打率.636(11の7)点6の活躍でMVPに輝いた。横浜でも平田監督が「天才的」と称するバッティングを武器に、1年春からベンチ入りを果たすと、1年夏の南神奈川大会初戦には2番レフトで出場し2安打の活躍。2戦目以降は代打として出場し、代打で5試合連続安打。特に南神奈川大会で1番苦戦した星槎国際湘南戦で放った勝ち越しのタイムリーヒットは値千金であった。甲子園でも愛産大三河戦では代打でヒットを放つデビューを果たしている。

新チーム初戦となったこの試合では3番セカンドでスタメン出場。第1打席では渡辺の高めに浮いたストレートをきっちりとレフトに弾き返す先制タイムリー。満塁で回ってきた第2打席では今度は引っ張ってライト前に2点タイムリー。第3打席では今度はセンターにきっちりと打ち返す犠牲フライと、持ち前のバットコントロールでそれぞれの方向に打ち分けた。そしてこの日の度会のバッティングで1番凄かったのが第4打席であり、初球の膝元のボールかもというコースのカーブを捉えるTとあわやホームランというライトフェンス直撃の2ベース。相手の長谷川の1番の武器であり、それまで横浜打線が手を焼いていたカーブを捉えたという意味でも非常に価値のある1打であった。

結局この試合では3打数3安打4打点という活躍。横浜打線自体が打ちに打ちまくった試合であったが、その中でも度会は難しい球もヒットにしていて、それでもってミスショットもないということで打撃のレベルは横浜打線の中でも1レベル上にあると感じた。この打撃ならば、もっと好投手が来ても同じように打てることであろう。

打撃だけでなく、50㍍は6.1秒の俊足も兼ねそろえて3拍子揃ったプレーが魅力の度会。セカンド守備でも特に問題はないと感じたが。最後はセカンドの守備は守屋と交代。森屋のセカンド守備がうますぎるということもあるが、守備面でもフル出場できるレベルにはなりたいところだ。ただ全体としては、この秋からレギュラーとなった横浜の次世代スターはまず順調なスタートを切ったと言える見事な活躍であった。

20180908横浜 度会
3打数3安打4打点とワンランク上のバッティングをみせた横浜の3番度会


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ