FC2ブログ

桐蔭学園×横浜商大【秋季神奈川大会3回戦】

9/15 秋季神奈川大会3回戦
桐蔭学園×横浜商大@バッティングパレス相石スタジアムひらつか

試合経過

20180915桐蔭学園×横浜商大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

1回表、桐蔭学園は1死から2番山本がしぶとくセカンドの横を破るヒットで出塁。続く3番森は横浜商大のエース進藤のストレートを強振すると打球はライトの頭上を越えるタイムリー3ベースヒットとなり桐蔭学園が先制する。

桐蔭学園の先発は背番号12の左腕伊禮であったが、この伊禮が初回を3者三振と最高の立ち上がりを見せると、その後も横浜商大打線をノーヒットに抑えるピッチング。一方の進藤も2回以降はランナーを背負いながらも要所を締め、試合は桐蔭学園が1-0とリードしたまま5回を迎える。

5回裏、横浜商大は1死から7番露木がチーム初ヒットで出塁。続く進藤の送りバントをサード川久保がファンブルしてしまい1死1・2塁。さらに9番吉田の1・2塁間の打球もファースト神田一がはじいてしまい、そのボールがセカンド後方を転々とする間に露木がホームインして横浜商大が同点に追いつく。ファーストの神田一・サードの川久保と背番号2桁の1年生が連続エラー。特に川久保は3回にもエラーをしており、ノックの際に先輩がやたら声をかけていたあたりからも守備は不安要素であったようで、その不安が表に出てしまった。

実際にはヒットを1本打たれただけの伊禮であったがリズムを崩したか…続く1番平田にストレートの四球を与えてしまい満塁となったところで、桐蔭ベンチはマウンドに背番号1の長谷川を送り込む。迎えるはスイッチヒッターであるために打席を右→左に変えた2番勝良は、長谷川の威力のあるストレートの前に簡単に追い込まれてしまうも、決めに来た変化球にうまく合わせるとこれがセンター前タイムリー。横浜商大が主将の1打で逆転に成功した。
20180915横浜商大 勝良
4回裏に勝ち越しのタイムリーを放った横浜商大の主将勝良

しかしグランド整備を挟んで直後の6回表に桐蔭打線が目覚める。山本・上川のヒットと四球で満塁のチャンスを作ると、ここで代打山崎がレフトへ強烈な2点タイムリーヒットを放ち桐蔭学園が再逆転。1年夏から登板を重ね、新チームではエースの期待もかかっていた山崎であるが、投手としてでなくここはバットで見事に結果を残した。さらに川久保のヒットで再び満塁とすると、9番山本・1番冨田も連続レフト前タイムリーで続いて3点を追加。四球で三度満塁となると、3番森の強烈な打球をショート露木がはじいてしまい2点を追加。とどめは4番上川にもタイムリーが飛び出して、横浜商大のピッチャー交代も功を奏さずに桐蔭学園はこの回一挙9点をあげる。
20180915桐蔭学園 山崎
代打で登場して逆転のタイムリーを放った桐蔭学園の山崎

桐蔭学園はこの回7本のヒットを放ったが、全部がシングルヒットでうち6本はレフト前ヒット。常に2塁にランナーがいたこともあり、ショートの横をライナー性で破るものが多く、お手本のようなバッティングであった。桐蔭打線はいわゆるスラッガーといわれるような打者がいる打線でないが、各自が忠実なバッティングができていて、繋がりのあるいい打線となっていた。


桐蔭学園は7回表にも2死2塁から9番清水がライト線にしぶとく落として追加点。これで清水は9番ながらこの試合では3打点の活躍。守備面でも右バッターに伊禮のインコースを意識させたリードは見事であったし、結果的に横浜商大打線を2安打に抑えたのは大きかった。これで点差を9とした桐蔭学園は5回途中から登板した背番号1の長谷川が6回・7回は3人ずつ抑えてコールド勝ちを納めた。
20180915桐蔭学園 清水
9番打者ながら3打点の活躍をみせた桐蔭学園の清水



まず敗れてしまった横浜商大だが、エースの進藤はポテンシャル的にはなかなかの投手であった。ゆったりと足をあげて体をやや捻るフォームはバッターから見るとタイミングが取りづらく、体にバネがあってそこから繰り出すストレートにはノビがあった。これに小さく曲がるスライダーとSFF(?)を交えたピッチングであった。ここにもっとストレート系でない変化球が加わってくると、持ち前のストレートがいいと思う。ただ本当にストレートはいいものがあったので、一冬越えると楽しみなピッチャーであった。ただ逆に言うと打線は3安打のみ、進藤降板後は桐蔭打線の勢いを止められないなど進藤以外にはポジティブなものがなかったゲームであった。
20180915横浜商大 進藤
ストレートにはノビがありこれからが楽しみな横浜商大のエース進藤

桐蔭学園は6回に打線が素晴らしくつながったのが勝因。代打山崎が逆転タイムリー。9番清水が3打点というようにどこからでも点がとれる打線であるが、中心となるのはやはり3番の森だ。1年夏からレギュラーを掴み、前チームでも3番を打つなど経験も豊富な森は新チームでは3番ショート主将とまさにチームの中心。1打席目に進藤のストレートを強振してライトオーバーの先制タイムリーは桐蔭打線の中でも今日1の当たりであったし、6回にショートに放った打球は記録がエラーというのが可哀そうなくらい強烈であった。守備も非常に落ち着いていて、身のこなしもよく、送球は正確でショートとしての能力も高く、盗塁も決めるなどまさに走攻守揃ったプレイヤー。チームを関東大会などに導くことができれば、自ずと森もドラフト候補となってくることだろう。
20180915桐蔭学園 森2
主将も務め走攻守で桐蔭学園の中心となる森

桐蔭投手陣は完全に守備に足をひっぱられたことによる失点のみであり、伊禮→長谷川と見事なピッチングであった。2人とも夏に登板していたが、それよりスケールアップした印象である。伊禮の詳細はPickUpPlayerの欄で欠くとして、長谷川も大胆なフォームから繰り出すストレートは回転がよく、威力も十分であった。背番号1ながら法政二戦に続いてのリリーフという起用もピッチングスタイルにはあっていると感じた。

20180915桐蔭学園 長谷川
大胆なフォームと威力のあるストレートを武器に好リリーフをみせた長谷川

強豪と言われた桐蔭学園も2013年に齋藤(明治大→西武)を擁して出場した2013年春以来関東大会の舞台からは遠ざかっている。しかしこの秋は横浜・東海大相模・桐光学園・慶応という近年の神奈川の主役たちがこぞって反対の山であり、この4チームを倒さなくても関東大会に行けるという幸運なくじ。是非ともこの機会に関東大会に出場し、ついてはセンバツ出場を狙いたいところだ。


Pickup Player
伊禮海斗 桐蔭学園2年 ピッチャー
~~
桐蔭学園にとって先発の伊禮のピッチングは非常に素晴らしく5回途中で降板してしまったのは惜しいくらいであった。

2年夏から背番号15としてベンチ入りを果たした左腕である伊禮は準々決勝の慶応戦でも2番手として登板を果たすなど活躍。この秋は背番号12を背負い、法政二戦でもリリーフとして登板。これらの起用法と、左のサイド気味のスリークウォーターというタイプ的な意味合いも重なってリリーフというイメージがあった。

だがこの試合では先発のマウンドに立つと、いきなり初回を3者三振に斬って取る最高の立ち上がり。さらに4番城重からも三振を奪って4連続とするなど、3回までに打者10人から6個の三振を奪って見せた。このうち5個が右バッターからであり、角度のあるストレートを右バッターの足元に投げ込んで意識させて、最後はアウトコースで仕留めるというピッチング。球速が凄くあるわけではないが、コンパクトなフォームでボールがいきなりくるような感じがあり、打者には球速以上の勢いが感じられたことであろう。またストレートに限らず、スライダーやスローカーブなどでもしっかりと腕が振れていたのも良かった。

4回まで商大打線をノーヒットに抑えていた伊禮だが、5回に初ヒットを浴びると、そこから内野の連続エラーで失点。さらに四球を与えてしまったところで降板となった。おそらく継投は片平監督の中では既定路線であったことなのだろうが、また背番号12というあたりからもまだまだ信頼は勝ち取れていないのか…ただ個人的には「ここで代えてしまうのは非常にもったいない…」と思うほど伊禮のピッチングは素晴らしかった。結果的には4回1/3で2失点(自責点0)という内容であったが、そんな数字以上に商大打線を圧倒していた。

ちょうど前の関東大会に出場したときも、齋藤(明治大→西武)という伊禮と同じくらいの腕の位置から投げる左腕がエースであった。今日の内容だと今後も伊禮先発は大いにありそうであり、今日のようなピッチングができるかが桐蔭学園が関東大会に出場できるかを大きく左右することだろう。

20180915桐蔭学園 伊禮
先発起用に応えて5回途中まで自責点0の好投をみせた伊禮


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ