FC2ブログ

館林×前橋育英【秋季群馬大会準々決勝】

9/22 秋季群馬大会準々決勝
館林×前橋育英 @桐生球場

群馬のベスト4をかけて、夏の甲子園出場の王者前橋育英に館林が挑みます。

試合経過

20180922館林×前橋育英
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

前橋育英は先発のエース梶塚は初回連続三振からスタートして館林打線を3人で抑える完璧な立ち上がり。するとその流れに乗った打線は1番丸山が粘った末に3塁戦を抜くヒットで出塁。2番中村が送るなどして2死3塁とすると、4番森脇がセンター前に弾き返して先制する。
20180922前橋育英 森脇
先制のタイムリーを放った前橋育英の4番森脇

前橋育英は2回裏にも四球と岡部の2ベースで無死2・3塁のチャンスを作ると、この日スタメンに抜擢された1年生捕手の8番須永が1塁戦を破るタイムリー2ベースで2点。館林の先発の背番号10の今井はスライダー・カーブ・フォーク(?)などの変化球を駆使して、何とか前橋育英打線を抑えようとしていたが、打球が飛んだ場所がよかったこともありこれで3失点目。館林ベンチは背番号1の八下田をマウンドに送る。八下田は丸山の犠牲フライでもう1点を献上してしまい、2回終わって前橋育英が4-0とリードする。
20180922舘林 今井
舘林の先発を託された今井であったが2回途中で降板となってしまった

前橋育英は3回裏にも剣持・森脇の連打とバントで1死2・3塁とチャンスを作ると、吉澤のショートゴロがフィルダースチョイスを誘い5点目。守備のミスでなおも1死1・3塁と舘林としては大量失点のピンチであったが、ここは八下田が岡部・須永を浅い外野フライに打ち取り最少失点で切り抜ける。しかしそんなのも束の間、前橋育英は4回裏にも丸山と中村の連打でチャンスを作ると3番剣持がライトスタンドへ3ランを放ちリードを8点に広げる。
20180922前橋育英 剣持
4回に3ランを放った前橋育英の3番剣持


梶塚のピッチングは快調そのもので、3回表にエラーで出塁を許した以外はパーフェクトピッチング。点差があったこともあり5回ノーヒット無失点でマウンドを降りて、前橋育英は1年生左腕の武藤を6回からマウンドに送る余裕っぷりであった。
20180922前橋育英 武藤
6回から前橋育英の2番手として登板した1年生左腕の武藤

6回裏、前橋育英は先頭の9番川原がヒットで出塁してすかさず盗塁を決めてチャンスメイクすると、1番丸山の放った打球はライトのフェンスを越える2ランホームラン。これで10点差となり、前橋育英が6回コールド勝利。投げては梶塚→武藤でノーヒットノーランという完勝であった。
20180922前橋育英 丸山
コールドを決めるサヨナラ2ランを放つ前橋育英の1番丸山


夏の甲子園1回戦では近大附の好左腕大石から連打で貴重な先制点をもぎ取った丸山・剣持の2年生コンビ。前チームからのレギュラーであったこの2人が前橋育英の攻撃を牽引した。1番ライトの丸山は新チームでは主将も務め、1・4回にはチャンスを演出する1番らしい仕事をしたかと思えば、6回にはコールドを決める2ランホームランと3打数3安打3打点3得点の活躍。ちなみに前橋育英の1番丸山というと、2017年の夏の甲子園で大会最多タイの8盗塁をマークしてU18日本代表にも選ばれた丸山(明治大1年)を思い出すが、別に弟とかではないらしい。3番セカンドの剣持も4回には3ランホームランを放つなど3打数2安打3打点2得点の活躍。守備では、(結果論ではあるが)これさえなければパーフェクトだったのに…というエラーを犯してしまったが、そこは夏のサード→セカンドにコンバートしたばかりというところでこれからに期待だ。他にも川原・梶塚・須永・森脇という甲子園でベンチ入りを果たしたメンバーが中心となっているあたりは、夏の甲子園の経験が新チームにとって非常にプラスになっているように感じた。

文句なしの完勝を果たした前橋育英。次の準決勝の相手はライバル健大高崎である。この2校のどちらかしか関東大会に行けないなんて、群馬は何のために秋のシード制を採用しているんだと文句が言いたくなる対決は、個人的にはチームの完成度の高さで前橋育英がやや有利かと思う。この試合の後に健大高崎のゲームも見たが、伊勢崎清明相手にコールド寸前から最後は追い詰めらえてしまうという不安定な展開であった。最近の健大高崎はハイレベルな新入生が入ってきてい、個々の能力は高いがメンバーが固定できていないあたりは完成度がまだまだであるとみた。それでも投手陣は久保田・吉田・藤原と前橋育英を完封する力ももった強力な3本柱が控えているだけに秋の県大会でもトップレベルの好ゲームが期待できるだろう。


Pickup Player
梶塚彪雅 前橋育英2年 投手
前橋育英の新エース梶塚のピッチングは文句のつけようのないものであった。

梶塚は夏も背番号11でベンチ入りし、群馬大会では3試合に登板して計5回1/3を投げた。ただ投手陣は基本的にエース恩田と心中状態で甲子園では登板なし。とくに2回戦の近江戦では、終盤恩田に疲れが見え始め、梶塚はずっとブルペンで準備をしていた。だが恩田は足がつってベンチに戻る状態でも梶塚の登板はなく、マウンドに戻った恩田が直後にサヨナラ打を浴びてしまい敗れた。

新チームでエースとなった梶塚はこの日の先発マウンドにあがると、初回にいきり1・2番を連続三振に仕留める最高の立ち上げり。その後は味方打線に大量援護をもらうもピッチングのペースを乱すことなく、淡々と舘林打線を抑えていく。梶塚のゆったりと足をあげて、いい感じに力の抜けたフォームから繰り出すストレートには球速以上にノビがあり、追い込んでから高めのボールを意識的に使って三振を奪う形が目立った。またこのストレートを右バッターのアウトコースのギリギリに投げることができるなどコントロールも抜群。変化球はスライダーとカーブが確認できた。タイプ的には前エースの恩田に非常に似ている。

梶塚は3回にセカンドのエラーでランナーを許すも、それ以外は館林打線を完璧に抑えるピッチング。5回を投げて無四球被安打0の7奪三振無失点。外野に飛ばされたのも3番清水のライトフライ1個のみというまさに文句のつけようのない内容であった。

次はいよいよ健大高崎戦。梶塚としては球威だけでは健大高崎打線を抑えられるほどではないので、このノビがどこまで通用するかがキーとなってくる。ただ大崩れすることはない完成度の高い投手なので、レベルの高いチームどうしの試合であったも秋にこのようなエースがいることは非常に心強い次第だ。

20180922前橋育英 梶塚
エラーさえなければパーフェクトという5回無失点の好投をみせた前橋育英のエース梶塚


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ