FC2ブログ

東海大相模×横浜【秋季神奈川大会準々決勝】

9/23 秋季神奈川大会準々決勝
東海大相模×横浜@サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模×横浜という神奈川の黄金カード。前チームでは南北に分かれていたこともあり実現しなかったカードが、この秋は準々決勝という段階で早くも実現してしまった。


試合経過

20180923東海大相模×横浜
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


横浜の先発のエース及川は初回、1死からこの試合2番に入った井上を四球で歩かせるも、3番西川・4番山村をこの日冴えわたっていたスライダーで連続三振に斬って取る。東海大相模の先発は背番号10の野口。野口はいきなり先頭の小泉を歩かせてしまうと、2番庄子が送って1死2塁。続く度会のショートゴロをショート加藤が1塁へショーバン送球…これをファースト山村が後逸してしまい、小泉が還って横浜が先制。さらに内海の四球で1死1・2塁とすると好調の6番津田がセンター前へタイムリーヒット。さらに1・3塁から重盗をしかけて、2塁への送球間に内海がホームイン。横浜が初回に1安打で3点を先制する。
20180923横浜 津田
初回にセンター前タイムリーを放つ横浜の津田

及川は2回表にも金城・加藤・松本を3者連続三振に仕留め、前の回から5人連続三振を奪うなど快調に飛ばす。一方の野口は2回は3人で抑えるも、3回に2死から内海・冨田に連打を浴びてピンチを招いたところで、門馬監督はマウンドに背番号1の紫藤を送る。紫藤は見事に起用に応えて津田から三振を奪いピンチを切り抜ける。

相模は5回表、先頭の金城がサードエラーで出塁すると、2盗を決め手2死2塁のチャンスを作る。すると1打席目でもヒットを放っていた8番鵜沼が初球を右中間に弾き返して初得点。秋季大会当初は背番号8であった鵜沼だが、前の山北線ではベンチ外となり、この試合では背番号25で復帰。この日は相手が左腕ということもあり、背番号25という全国の高校野球でも1番大きな背番号を背負った男が見事に起用に応える2安打目を放った。
20180923東海大相模 鵜沼
スタメン起用に応えて及川から2安打目となるタイムリーを放った東海大相模の鵜沼

しかし横浜はその裏、四球で出塁した小泉が2塁まで進むと、4番内海がセンターオーバーのタイムリー2ベース。今大会ずっと無失点を続けてきた紫藤だが打たれてしまったところで、相模はピッチャーを左腕の冨重に交代。しかし冨重は5番冨田を追い込むも、そこから甘く入った球をライト前に運ばれてしまい、横浜がこの回2点目をあげて5-1とリードを広げる。
20180923横浜 冨田
5点目となるタイムリーを放った横浜の冨田はこの試合3安打の活躍であった

快調であった及川だが終盤はピンチの連続。6回表には井上・西川・山村に3連打を浴びてしまい1点を失うとやや制球を乱し、8回・9回ともに2四球を与えてホームランが出れば同点というピンチを迎えるも、奪三振能力は衰えずにピンチを凌いで2失点完投。東海大相模は6回から冨重が3イニングを無失点で凌ぐも反撃が及ばずに敗れた。
20180923東海大相模 冨重
6回以降は横浜打線を無得点に抑えた東海大相模3番手の冨重


久しぶりの黄金カードは前評判通りに横浜が勝利した。前チームからのベンチ入り経験者が多い横浜は、ここまでスタメンもピッチャーを除けば同じ固定メンバーでの戦い。それに対して東海大相模はメンバーも打順も日替わりであった。この試合も前の試合では鵜沼や松本といったベンチ外も経験したメンバーがスタメンに名を連ねるなど、激しいレギュラー争い真っただ中。投手もエースといえる存在はおらずに、この日も細かく継投で繋いだ形で、まさに横浜とは対照的であった。ただやはりメンバーの固定できた横浜の方が安定感もあり、東海大相模としては初回に守備が乱れて3失点してしまったのは痛かった。

中でも横浜のエース及川という存在は心強い限りであった。この日の及川はストレートはイマイチであったらしいが、その分多投したスライダーがキレキレであった。1回~2回にかけて奪った5連続三振も全てスライダーであった。4回までは2塁すら踏ませない完璧なピッチングであったが、5回には先頭打者をエラーで出してしまうとそこから初失点。6回には3連打で1点を失うも、続くピンチでは金城をサードゴロに打ち取るなど後続を切って取り、キャッチャー山口の好リードもあり8・9回のピンチも含めて勝負どころでは三振を奪うこともできていた。結局最後まで投げ切り9回2失点(自責点1)の13奪三振という見事なピッチングであった。1年春の神奈川大会決勝では先発するも1回でKOされてしまった東海大相模相手に、成長してエースとなった及川が見事にリベンジを果たした。東海大相模打線はこれまで4番を打っていた井上を2番にするなどして強打者を上位に固める打線を組んだが、6回の3連打以外にはその上位打線にいいところがなく…全体としても5安打と完敗であった。
20180923横浜 及川
見事9回2失点13奪三振の完投勝利をあげた横浜の及川

横浜・東海大相模となると中学時代に実績を残した選手たちがスーパー1年生として出場した。特に昨年のジャイアンツカップを制した佐倉シニアからは3番で主将の度会が横浜、5番のスラッガー西川とエースの諸隈が東海大相模と元チームメイトが敵味方として戦うこととなった。ともに3番として出場した度会と西川は1安打ずつであったが、チームとしては軍配は度会に上がった。このときの佐倉シニアは日本選手権では決勝で世田谷西シニアに敗れているのだが、その世田谷西シニアのエースは横浜の2番手の木下。準々決勝では海老名では海老名シニアを倒しているのだが、その海老名シニアのショートは、この試合で東海大相模のショートをつとめた加藤であった。加藤は残念ながらこの試合では初回のエラーに、打っても3三振と散々であったが、それでも門馬監督が代打を使わなかった当たりは期待度の高さがうかがえた。そんな中学時代の繋がりにも注目しつつ、今後も対戦があるだろう東海大相模×横浜という試合を見ていくのも楽しみである。
20180923度会&西川
横浜:度会と東海大相模:西川の佐倉シニアコンビ


Pickup Player
内海貴斗 横浜2年 ファースト
~大一番で随所に活躍の光った横浜の新主将~
東海大相模の大一番で横浜新チームの4番であり、主将である内海の活躍が随所で光った。

内海は181㎝75㎏(2年夏)とやや細身に見えるが、軸がしっかりしていて鋭いスイングを繰り出す左の強打者であり、横浜では1年春からベンチ入りを果たし、3番を務めることもあった。1年秋より本格的にファーストのレギュラーとなると、4番を務めた2年春の関東大会では明秀日立の細川から9回に逆転2ランを放つなど活躍。3年夏の南神奈川大会では不調に陥り、スタメンを外れることもあったが、甲子園では3試合全てに5番ファーストでスタメン出場を果たすと、初戦の愛産大三河戦でランニングホームランなど打率.417をマークする活躍をみせた。

現2年生では最も経験のある内海は新チームでは主将にも就任し、この試合でも4番ファーストとして出場。1死2塁で迎えた第1打席ではやや敬遠気味に歩かされると、すかさず盗塁を決めて、さらに津田のヒットで3進。この1・3塁の場面で1塁ランナーの津田が2盗を試みると、内海はそのセカンドの送球間に見事ホームを陥れてみせた。正直これまでは打撃のイメージが強く、守備・走塁はそんなに目立つことのなかった内海であるが、さすがは横浜の主将という好走塁であった。

3回の第2打席ではレフト前に弾き返すヒットで2死からのチャンスメイクに貢献。甲子園でも花咲徳栄戦でレフト前ヒットを放ってビックイニングのおぜん立てをしたように、ここ最近は非常にうまく逆方向へ持っていくこともできるようになり、アベレージの残せるバッターになってきたと感じた。そして1番の見せ場は2死2塁で迎えた第3打席…カウント2B1Sから紫藤の変化球をうまく拾いあがると打球はライナーでぐんぐん伸びてセンターの頭を越すタイムリー2ベースヒットとなった。1回以来得点がなく、また相模に1点を返された後の1打とあって、再び横浜に流れを呼び戻す見事な1打であった。結果的に3打数2安打1打点であるが、横浜の主将として東海大相模を撃破したという意味でもその数字以上に勝ちのある活躍であった。

持ち前の打力に加えて、主将としてのたくましさも増してきた内海。能力の高い選手は多いが1年生も多い横浜は、最近の秋を見ているといい戦いをしていても、いきなり崩れて敗れてしまうパターンが多い。2014年以来のセンバツ出場に向けて、崩れないチームを作り上げるためにも内海の主将としての力は不可欠である。

20180923横浜 内海
横浜の4番主将としてチームを勝利に導いた内海


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ