FC2ブログ

慶応大×法政大【東京六大学野球連盟】

10/2 東京六大学野球連盟 第4週2日目
慶応大×法政大@神宮球場

試合経過

20181002慶応大×法政大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

リーグ3連覇を狙う慶応大。一方最近は低迷が続いていたが、この秋は早稲田・明治から勝ち点をあげるなど好調の法政大。ともにこれまで勝ち点を落としていない首位決戦は、慶応大が先勝して迎えた2戦目です。

慶応は初回に先頭の中村がヒットで出塁。法政の先発高田は立ち上がりのコントロールが悪く、柳町・郡司に四球を与えてしまい満塁。すると5番内田への4球目の変化球は高めにすっぽ抜けてキャッチーが取れず…この回2個目のワイルドピッチとなり、慶応が先制する。しかしこれで目が覚めたか高田は内田・嶋田と後続を連続三振に斬ってとり、初回の乱調を最少失点で凌ぐ。

慶応の先発は東大戦以来2回目の先発となる1年生の森田。森田はカットボールやSFF(?)などの打者の手元で少し曲がるストレート系の変化球を低めの絶妙なコースに決めて1番宇草を追い込んだ時は、これはなかなか打てないぞと思った。しかし追い込んでからのスライダーが甘く入ると、宇草はそれを逃さずにライトスタンドへ。3年春まで出場が最高1シーズン3試合であった宇草であるが、この秋は早稲田戦では決勝ホームランを放つなど打撃が好調で、打率.361(この試合の終了時)をマークしていて1番打者に定着している。この試合でも見事な先頭打者ホームランで、すぐさま試合を振り出しに戻した。法政はさらにここから小林のヒットに、2個の四球と1回表の慶応と同じように満塁のチャンスを作る。しかし迎えた7番福田は森田の低めの変化球に簡単に三振を喫してしまい逆転ならず。青木監督は早くも2回表の守備から福田に代えて、この秋にスーパーサブとして活躍している吉岡をサードに起用する。
20181002法政大 宇草
1回裏に先頭打者ホームランを放った法政の1番宇草

次に試合が動いたのは3回裏、先頭の小林がヒットで出塁すると、向山が送って1死2塁。ここで4番中山はセンター右方向に弾き返してタイムリーで法政が勝ち越し。さらに春の首位打者の5番中村がインコースの変化球をうまくさばくと、打球はレフトポール際に飛び込む2ランホームラン。ここで慶応は森田→木澤にピッチャーを交代するも、木澤も吉岡にホームランを浴びてしまい、法政がこの回4点を勝ち越し。上述した青木監督の早めの交代が見事に功を奏した形となった。
20181002法政大 中村
2ランホームランを放つ法政の5番中村浩

反撃に出たい慶応は4回大手に先頭の小原が2打席連続となるヒットで出塁も、続く瀬戸西が2打席連続でバント失敗。だが初回からコントロールの安定していなかった高田はピッチャーの木澤にも四球を与えてしまい1・2塁。2番渡部がライト前にタイムリーを放って慶応が1点を返す。
20181002慶応大 渡部
タイムリーを含む2安打の活躍をみせた慶応の1年生渡部

ランナーを出しながらも何とか4回まで2失点(慶応は4回までに8残塁)で凌いできた高田であったが、 やはり内容が…ということで、4回裏の先頭打者として高田の代打で毛利が登場。毛利は見事にライト前ヒットを放つと、宇草も四球を選んで1・2塁。ここから3番向山のサード強襲ヒット、4番中山の三遊間を抜くヒットと法政が3・4番の連続タイムリーで2点を追加する。
20181002法政大 中山
この試合2本目となるタイムリーを放った法政の4番中山

高田に代打が出たので、5回から法政のマウンドには菅野が上がる。菅野は威力のあるストレートに変化球を低めに集めて慶応打線を完璧に抑えていき、5~8回まで慶応打線はノーヒット。菅野は打っても7回裏に2死1・3塁からサードにタイムリー内野安打を放ちバットでも貢献。慶応は最終回にやっと大平が菅野から初ヒットを放つも後続は続かず…法政が8-2で勝利して、1勝1敗として天王山は翌日の第3戦へと続くこととなった。



森田(去年の慶応高校のエース)→木澤(一昨年の慶応高校のエース)→津留崎(2年前の慶応高校のエース)と後輩→先輩へ3世代に渡る慶応高校のエースリレーであったが、3人とも失点してしまい合計8失点で、自慢の投手陣がやられてしまった形だ。層の厚い慶応投手陣であるが、関根・佐藤の2年生コンビに続いて、菊地もこの秋はベンチ外。さらに今秋から石井もベンチ外となるなど負傷者続出で、ダブル高橋(高橋佑と高橋亮)頼みとなっている。そういう意味でも今日の慶応3人衆には大久保監督も非常に期待していたところだが残念ながらという結果になってしまった。
20181002慶応大 森田
慶応の先発の森田であった3回途中で降板し、マウンドを慶応高の先輩たちに託した

そんな中、唯一の収穫であったのが4番手として登板した前田。、8回裏の1死1・2塁という場面でマウンドに上がると、決してスピードがあるわけではないが独特な左のサイドスローのフォームから丁寧にコーナーにボールを投げて川口・吉岡と2人の左打者を打ち取りピンチを脱出。4年生ながら最後の秋にリーグ戦初登板を果たした前田の好投にベンチは大いに盛り上がった。この試合もスタメンで4年生は内田のみと、主力の多くが3年生以下の慶応にあって、このように4年生が活躍してチームを盛り上げていければ、また1つ違ったシナジーが得られることだろう。
20181002慶応大 前田
8回のピンチを凌ぐ見事なリーグ戦初登板を果たした慶応の前田

法政は前日に完璧に抑えられてしまった3番向山・4番中山のプロ志望届コンビがともにタイムリーを含む2安打と躍動。まず向山は2打数2安打1打点であり、バント2個に四球1個とヒットを打っている打席以外でもチームへの貢献度が高かった。またレフトフライで2塁からタッチアップをするなど走塁でも魅せていて、様々な面でチームに貢献できることをスカウトにアピールできたと思う。中山は3回・4回とタイムリー2本の活躍。昔の中山はパワー折り紙付きで当たりだすと止まらないが、その分脆いという印象であった。ただこの日の2本のタイムリーはともにタイミングを外されながらもうまく変化球を運んだバッティングであった。決して中山らしい目の覚めるような打球ではなかったが、悪いなりにもこのようにヒットにできるとアベレージもついてくるころだろう。
20181002法政大 向山
2安打以外にもバントに四球にと貢献度の高い打撃をみせた法政の向山

その他には宇草・吉岡という今シーズンの法政を象徴するような好調の2人がともにホームランを放つ活躍。投手陣も先発を外れはずれていた春のエース菅野が好投をみせるなど役者も揃ってきた。2012年秋から優勝がないと、六大学の中では東大以外で1番優勝から遠ざかってしまっている法政だが、これで明日慶応を破れば単独首位に立ち、優勝の可能性がかなり高くなる。


Pickup Player
菅野秀哉 法政大4年 ピッチャー
~エースが復活の兆し~
5回から最後まで無失点リリーフを見せたのは、春までのエース菅野であった。

菅野は小高工業時代から143㌔右腕としてプロにも注目されていたが、法政大に進学すると1年春からベンチ入り。1年秋からは慶応戦で初勝利をあげるなど先発2番手の座を掴むと、2年秋からはエースとなる。3年春には3勝0敗の活躍で最優秀防御率(1.39)も獲得。3年秋には11試合に登板して70イニング近くを投げるなどフル回転して5勝をあげるなど、名実ともに法政のエースであった。

しかしこの秋は菅野の状態が上がらないこと、1年生の三浦が台頭してきたこともあり、法政の先発は三浦・高田で菅野はリリーフに回るという状態となっていた。この日は先発の高田がイマイチだったこともあり、5回からマウンドに上がった菅野。初球にいきなり149㌔をマークすると、その後も140㌔を超えるストレートを中心にスライダーやチェンジアップといった変化球を低めに集めるピッチングで慶応打線をテンポよく打ち取っていく。菅野という基本ストレートで押していくイメージであったが、この日はいい感じに力も抜けていて、変化球もうまく使えていた。4回までは8残塁と再三ランナーを出していた慶応であったが菅野に代わってからほとんどランナーを出すことができずに完全沈黙。結局菅野は5回から最後まで投げ切り、5回1安打無失点5奪三振という見事な内容であった。打っても7回裏にタイムリーヒットを放つなど2打数2安打の活躍であった。

今日のピッチングで週末には高田に代わって先発に復帰することも十分想定できる。好調なところにエースが復活の兆しを見せてきて、法政としては心強い限りである。

20181002法政大 菅野
5回1安打無失点リリーフをみせた法政大の菅野


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ