FC2ブログ

5/4 報徳学園×明石商【春季兵庫大会】

この春のセンバツで一躍全国区となった明石商業。一方、多くの人に疑問をいただかせる選考で惜しくもセンバツ出場を逃した報徳学園。春季兵庫大会の決勝で、この2校が激突しました。

スタメン

報徳学園
SS 小園 19
CF 阿部 8
RF 佐藤 9
2B 小松田 4
LF 篠原 13
C 金丸 10
3B 河野 6
1B 新免 3
P 向井 11


明石商業
SS 大西 6
RF 藤原 9
CF 橋本和 8
1B 小西 5
P 山崎 11
LF 吉高 1
3B 高島 20
C 藤井 2
2B 津岡 4


試合経過

1回表、報徳学園は先頭の1年生:小園がレフト前ヒットで出塁→バントでチャンスを作ります。3番:佐藤が三振の後、ワイルドピッチと四球で2死1・3塁。ここで5番:篠原がとらえた当たりはライトへのライナー。これをライト:藤原が地面スレスレでダイレクトキャッチし、明石商業が最初のピンチを切り抜けます。(報0-0明)

その裏、明石商は1死から好守を見せた藤原がもう少しでホームランというライトフェンス直撃の3ベースでチャンスを作ります。すると3番:橋本和が初球をセンター前に弾き返して、1点先制。続く小西もヒットでつなぐと、5番:山崎もライト前にタイムリーを放ちます。(報0-2明)

2回裏、明石商は先頭の藤井のヒットを皮切りにチャンスを作ると、藤原の左中間への2ベース、橋本和のセンター前、山崎のライト前と3本のタイムリーが飛び出し、報徳学園を突き放します。(報0-6明)

5回裏、吉高のヒット→死球→バントで1死2・3塁のチャンスを作ると、9番:津岡の犠牲フライで1点を追加。さらに1番:大西にもタイムリーが飛び出し、この回2点を追加します。(報0-8明)

明石商の先発:山崎は1回のピンチを凌ぐと、その後は報徳学園打線に2塁すら踏ませない安定したピッチングで見事完封勝利!明石商が8-0で報徳学園を破り、春季兵庫大会の優勝を果たしました!

報徳学園 小園
報徳学園の1年生トップバッター:小園

明石商 藤原
ホームランが出ればサイクル安打という活躍を見せた明石商:藤原

明石商 橋本和
タイムリーヒット2本で3打点をあげた明石商:橋本和

明石商業 春季兵庫大会優勝
優勝が決定した瞬間の明石商ナイン


スコア

報徳学園
20160504報徳学園

明石商業
20160504明石商


Topic

明るみになった大きな実力差
昨秋は公立の明石商が優勝したけど、なんだかんだ言って春・夏となると自力に勝る報徳学園・神戸国際大付といった私立勢が盛り返してくるのではないか?そんなことを思っていたのはわたしだけでないと思います。

しかし結果はご覧の通り8-0という明石商の快勝。決勝戦でなければコールドになっていたという試合でした。神戸国際大付相手に3失点完投勝利をあげた向井から8得点…特に明石商は打力がついてきたのが印象でした。

一方の報徳学園は「いいところ無しの完敗」。守りの面はエース主島が投げていないという言い訳はできますが、完封された打線に言い訳の余地はありません。エース吉高にも、2番手山崎にも完封されるとか、もう明石商とは当たりたくないでしょうね…。

というわけで、兵庫の勢力図としては明石商が1つも2つも抜き出ているというのが現状です。


バントだけに頼らない攻撃野球
上述のように、今日1番目を見張ったのが明石商の攻撃力の進歩です。センバツではバントを多用して、1点ずつとっていく野球が見られましたが、準々決勝の龍谷大平安戦などは徹底した対策でバントを封じられていました。やはり全国を勝ち抜くには真の打力が必要だと感じたのではないでしょうか?

この日もバントは2つほどありましたが、それでも以前に比べればだいぶ少ない。印象的だったのが、1死3塁で9番:津岡で1度スクイズに失敗したら、そのままヒッティングに切り替え犠牲フライで点をとった場面です。小柄な9番バッターの津岡なので、センバツなら例え2ストライクになってもスクイズにリトライしていたでしょう。

今日は結局15安打。中でも初球からどんどん手を出していく積極的なバッティングが印象的でした。相手の問題や、その日の調子などもありますが、センバツから1ヶ月弱でこんなに打てるようになったのかと驚きました。投手も2枚看板が揃っただけに、このままいけば夏には本気で全国優勝を狙えるチームになれると思います。


登板したい主島
向井が半ばサンドバック状態になっても、エース主島の登板は無し。前日に完封していますし、夏のことを考慮したら当然のことです。

しかしやはりこれだけやられれば、居ても立っても居られないのかベンチの前でキャッチボールを始めました。そして部長にでしょうか、ベンチの中に下げられる…。そして最終的には1塁ランナーコーチャーにされていました。

キャッチボール始めたときには「もしやちょっとは見れる!?」って思ったけど、甘かったですね…。チームの方針なのでしょうがないですが、それでも投げますアピールする感じ…個人的には投手として好きです。

報徳学園 主島
ベンチ前でキャッチボールを始める主島


Pickup Player

山崎伊織(3年) ピッチャー
~期待の2番手が見事に覚醒~


もともと球速はエースの吉高以上と言われ、ドラフト候補にも上がっていたが、コントロールや安定感などからセンバツでは登板のなかった明石商の2番手:山崎。この山崎を1本立ちさせることが、この春大のテーマであったようです。

この日は初回はストレートが高めに浮き、ワイドピッチもするし、素質はあるけど噂通りのピッチャーだと感じました。しかしその1回のピンチを凌ぐと、2回からはスライダーをうまく駆使した安定感のある投球となり、結果として2回以降は報徳学園に2塁すら踏ませないピッチングを披露しました。球速はMaxの148㌔には全然及ばない(速度表示ないから印象だけど…)感じでしたが、また違ったクレバーば一面を見せてくれました。

ピッチング以上に驚いたのが打撃です。5番で起用されると、1打席目・2打席目とライトへタイムリーを放ちました。打席に立つと風格があり、変化球をきっちりカットするなど、「なんでこのバッターはセンバツで出なかったんだ!?」と思わせる内容でした。夏は吉高と2人でピッチャー⇔レフトを守る可能性もあるかもしれません。
明石商 山崎
見事3安打完封勝利をあげた明石商:山崎

余談

報徳学園と明石商業の部員数はともに136人。もうそれだけでかなりの大人数です。明石トーカロ球場は、明石商にとっては地元とあって、応援も多く詰めかけていまいした。

ということそんなに広くない明石トーカロ球場は半ばパンク状態で、芝生の外野席まで開放していました。

兵庫県では、明石トーカロが兵庫の野球の聖地としてあがめられているが…さすがに予選で甲子園使えとは言わないから、オリックスがあまり使わなくなっているし、ほっともっとフィールド神戸とかで決勝やってもいいんじゃない?
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ