FC2ブログ

5/5 郡山×天理【春季奈良大会】

センバツ優勝の智弁学園のいる奈良。その智弁学園のライバルといえば、天理です。その天理と、荻野貴(現:ロッテ)らを輩出した進学校:郡山の試合を見てきました。

スタメン

郡山
RF 桑原 9
3B 丸尾 5
CF 上田 8
SS 黒瀬 6
1B 崎山 3
LF 下御領 7
P 太田 10
CF 山口 ? 2
2B 武市 4

天理
CF 神野 8
2B 杉下 4
1B 安原 3
LF 漆原 7
3B 檜垣 6
SS 太田 20
RF 濱口 ? 9
C 城下 2
P 森浦 1



試合経過

1回裏、天理は2死から3番:安原がヒットで出塁。4番:漆原が初球を左中間に運び1点を先制します。(郡0-1天)

2回裏、郡山6番の下御領(いかにも奈良っぽい名前だよね…)が放った打球はなんとレフトスタンドに飛び込むホームラン。郡山が一振りで試合を振り出しに戻します。(郡1-1天)

3回裏、天理は神野のヒット→杉下の四球→安原のヒットと1~3番で無死満塁のチャンスを作り出します。4番:漆原もこれに続き、ライトフェンス直撃の2ベースで天理が2点を勝ち越し。さらに死球で満塁となった後も、濱口のファーストゴロの間に1点を追加します。(郡1-4天)

4回表、郡山先頭の上田の放った打球は、下御領の打球を再現したかのように、またもやレフトスタンドに飛び込みます。(郡2-4天)

5回裏、檜垣が2ベースで出塁すると、7番:濱口のセンターオーバーの3ベースで1点。さらにショートゴロエラーで濱口が生還し、天理がこの回2点目を追加します。(郡2-6天)

7回裏、四球と城下のセカンド強襲ヒットで1死1・3塁のチャンスを作ると、森浦の犠牲フライで1点。神野がヒットで続き、1打サヨナラコールドのチャンスを作り出しますが、太田が杉下をセカンドゴロに打ち取りピンチを脱します。(郡2-7天)

森浦はヒットを計7本浴びるも、同イニングに2本のヒットを許すことのないピッチング。ソロホームラン2本の2失点のみに抑え、14奪三振を奪い完投し、(天理を7-2の勝利に導きました)

郡山 上田
4回表にホームランを放った郡山:上田

天理 神野
3安打2盗塁と1番の役割を果たした天理:神野

天理 漆原
2本のタイムリー2ベースを放った天理の4番:漆原


スコア

郡山
20160505郡山

天理
20160504天理



Topic

天理は智弁学園を倒せるか?
天理と智弁学園といえば奈良のライバルですが、智弁学園がセンバツ優勝とあっては、さすがの天理も今年は差をつけられた感は否めません。夏に向けてストップ・ザ・智弁学園の陣容はいかなるものか?というのが今回の観戦のテーマでした。

「正直厳しいがそのポテンシャルは十分にある」というのが率直な結論です。理由はエースの森浦です。今日のピッチングだとまだまだ部分はあるが、このピッチャーなら智弁学園を抑えてロースコアの接戦に持ち込める可能性があると踏んだからです。(森浦について詳しくはPickUp Playerで…)

ただセンバツ覇者の智弁学園に挑むというならば、今日の試合はコールドで勝っておきたかったところです。


1年生への洗礼
天理のスタメンショートは背番号20の太田。体格もまありの上級生と遜色なく、打順も6番と打てるショートとして期待されていたようです。

ところがこの日は郡山先発の方の太田の変化球に全くもって合わず…なんと3打席で3三振…。この日の天理が12残塁とイマイチ打線が機能しきれなかった原因がこの6番の太田でした。打撃が尾を引いているのか、守備も送球が恐る恐るだったりとぎこちなかったですね…。

そんな感じであったので、6回からは山口(2年)と交代。太田にとっては散々な結果となってしましたが、これの悔しさを糧に成長して欲しいものです。

天理 太田
1年生なら6番ショートで先発出場した天理:太田

Pickup Player

森浦大輔 天理3年 ピッチャー
~VS智弁学園のカギを握るエース~

1年秋の近畿大会で大阪桐蔭相手に2失点完投勝利!これが森浦を一躍全国区のピッチャーにした試合であった。だがそれから彼の名を主立って聞くことはなかった…。昨夏エースの斎藤が大会直前で負傷、智弁学園戦でマウンドに上がったのはレフトから急遽ピッチャーに転向した冨木で、森浦は控えのままであった。

そんな夏を経験して最上級生となった今日の森浦からはエースの風格が感じられました。

四球は1個とまとまってはいたが、細かいコントロールなく、ストレート主体で押していくピッチング。そのせいか甘く入ったところを2本レフトスタンドに運ばれました(まぁこれは2本とも出合い頭感はあったが…)。ただランナーを出すとギヤを1段階あげていたのか、ピンチでは強く、1イニングに2本以上のヒットを打たれた回はなかったです。また14奪三振というのも見事でした。

というわけでいいボールは持っているので、甘いところにさえ行かないようになれば、智弁学園打線も簡単には打てないピッチャーになると思います。

天理 森浦
2失点14奪三振で完投勝利をあげた天理のエース:森浦


余談

昨夏で橋本監督が勇退し、元近鉄の中村良二監督が後を継いでいます。まだ中村監督の色というのはよく分からなかったですが、元プロ監督として頑張っていってほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ