FC2ブログ

青山学院大×明治大【オープン戦】

3/16 オープン戦
青山学院大×明治大 @内海・豊岡ボールパーク

試合経過

20190316青山学院大×明治大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

試合はいきなり2年前のセンバツ決勝の履正社×大阪桐蔭の再戦から始まる。明治大の先発は履正社のエースであった竹田、それに対して青山学院の1番は大阪桐蔭のショートであった泉口である。この勝負は竹田が追い込むも、そこから泉口がアウトコースのストレートをうまくさばき3塁線を抜ける2ベースで出塁。泉口が竹田を返り討ちにした形となった。竹田は2番山田に3球三振と全く仕事をさせなかったが、3番片山には変化球をうまく拾われ、ライナー性の打球はジャンプしたファースト喜多のグラブを弾いてライトに抜けるタイムリーとなり青山学院が先制。
20190316青山学院大 片山
先制タイムリーを放った青山学院大の3番片山

竹田としては一瞬ファーストライナーかと思っただけにショックもあっただろうが、1回の後続を冷静に抑えた。竹田は140㌔前後のストレートを右バッター・左バッターのそれぞれのインとアウトにきっちりと投げ分けることができていて、これにスライダー、タイミングをはずす大きなカーブ、追い込んでからはフォークと変化球を混じえた安定したピッチング。2回以降は1イニングにランナーを2人以上出すことはなく、そのまま6回まで1失点で投げ切った。エースの森下は確定として、ドラフト候補にもあがる4年生右腕の伊勢と先発2番手の座を争うことになる竹田であるが、今日のところはそのアピールに成功したといえる。
20190316明治大 竹田
6回1失点で先発2番手奪取に向けてのアピールに成功した明治大の竹田

反撃したい明治打線であったが、青山学院の先発森の前に4回まで見事に打ち取られて無得点。しかし5回裏、先頭の5番喜多が初球を捉えると打球は左中間を抜ける3ベース。無死3塁という絶好のチャンスを作ると、続く6番公家は変化球にタイミングを外されたものの打球はショート後方にポトリと落ちて、明治大が同点に追いつく。
20190316明治大 喜多
同点のきっかけとなる3ベースを放つ明治大の喜多

明治大は7回から長江、8回から宮内が登板。対する青山学院は森がそのまま続投。両チームともにヒットは散発でなかなか得点に繋がらず、試合は1-1の同点のまま最終回を迎えることになる。

9回表、青山学院は先頭の4番山本が右中間に2ベースを放ち、5番井上はバントで送って1死3塁というサヨナラのチャンスを迎える。明治大はこの重要な場面でマウンドに4番手として1年生右腕の渡部を送る。渡部はトルネード気味に体を捻るスリークォーターのフォームであり、ストレートは140㌔やや手前ながら浮き上がるような感じがある。青山学院のバッターは主将の4年生西川尚であったが2球で簡単に追い込むと、3球目は高めのストレート。これに西川尚のバットが明らかに出たように見えたが、判定はノースイング。渡部としては落胆してしまうところだったが、その後の5球目のまたもや高めのストレートで今度は正真正銘の空振り三振に仕留めてみせた。続く永山もセンターフライで打ち取って、9回表のピンチを見事に無失点で切り抜けてみせた。
20190316明治大 渡部
9回1死3塁のピンチを見事にしのいだ明治大4番手の渡部

最終回のマウンドにもあがった森に対して、サヨナラを狙いたい明治大は9回裏に先頭の添田が四球で出塁。4番和田にバントをさせてまで勝利への執念をみせるも、5番喜多・代打の植田はともに内野フライに倒れてしまいゲームセット。両チームの投手陣の好投が光って1-1の引き分けとなった。


総括

河原井監督が退任して、安藤新監督が就任した青山学院。試合中にとにかくベンチから安藤監督の声が響いているのか印象的であった。大学野球となると監督はベンチでどっしりしているが基本だが、安藤監督は昨年まで青山学院高校の監督をしていたとあって、自ら積極的に声を出して指示をしていく高校野球スタイルの監督だ。選手の交代に関しても独特で、この試合ではオープン戦にも関わらず交代0で、スタメンのメンバーがそのままフル出場していた。選手層の厚さで戦うことの多い大学野球、ましてはオープン戦という段階ではとても珍しい光景で、これも高校野球っぽい戦い方だ。去年まで早稲田大を率いていた高橋監督(鳴門渦潮高校の監督から早稲田大)も初年度には固定したメンバーがフル出場するという戦いで春秋連覇をしていて、青山学院大にも同様のことを期待したい。

そのスタメンメンバーには何と1年生を3人も入っていた。3番ファーストの片山は先制タイムリーを放ち、キャッチャーを務めた山中は見事なリードで森の1失点完投をアシストし、打っても3打数1安打。



2番サードの山田拓に関しては、初回の無死2塁の場面でランナーを進めることができずに試合通してもノーヒットであったが、大学に入ってから務めるサードの守備は機敏で安定していた。
20190316青山学院大 山中
1年生ながら青山学院大のキャッチャーとしてフル出場を果たした山中

一方の明治大もスタメンであった長南に加えて、試合途中から中村奎・岡本・冨田・渡部が途中出場を果たすなど1年生を積極的に器用。岡本と冨田は代打で出場すると1打席のみであったが見事にヒットという結果を残し、長南の1打席目のヒットも加えて、チームのヒット5本のうち3本が1年生という結果であった。渡邊佳・逢澤・越智といった打線の軸が抜けて、この試合でも1得点に抑えられてしまった打線はやはりまだ力不足感が否めなく、このようにリーグ戦でも1年生を起用して補っていくしかないのかもしれない。
20190316明治大 長南
明治大の1年生で唯一スタメン出場して1打席目にヒットを放った長南


Pickup Player
森圭名 青山学院大2年 投手
~新エース候補が見事に結果で応えた~
青山学院大では新エースとして期待される森が9回を1失点で最後まで投げ切ったのは大きな収穫であろう。

森は富山第一では1年春からベンチ入り。がっちりした体格からMax143㌔のストレートと多彩な変化球を操る右の本格派として2年春から1個上の中津原(現:専修大)とのダブルエース。2年夏の富山大会では、決勝戦では富山商を11奪三振完封勝利をあげるなど、20回投げて2失点という活躍をみせた。甲子園では初戦で中津原との完封リレー(森は7回から3イニングを投げた)を達成。続く2回戦では堀(現:日本ハム)がエースの広島新庄との対戦となり、4回からリリーフのマウンドに上がるも、勝ち越しを許すなど5回6失点という内容であった。2年秋からはエースとなり、富山大会では新湊・高岡商から完封勝利をあげて北信越大会出場も、日本文理打線に捕まり8失点。2年春に肘をケガすると、3年夏も本調子とはいえず2年連続での甲子園出場を逃した。146㌔右腕としてプロからも注目されたが、青山学院大に進学することとなった。青山学院大では1年秋にリリーフながらリーグ戦に2試合登板し、拓殖大戦では初勝利をあげた。

この日の先発マウンドに上がった森は、序盤から140㌔を超えるストレートを投げ込んでいくピッチング。2年夏に甲子園でみたときは力感のあるフォームが印象的であったが、現在はいい感じに力の抜けたフォームになっていて、ストレートも球速以上に来る感じで明治大が詰まっていることも多かった。奪った三振こそ少なかったものの、中盤以降は徐々にスライダー・カーブ・チェンジアップといった変化球も増やしていくなどして、明治大打線を淡々と打ち取っていく投球術も身についていた。結局与えた得点は5回の公家のタイムリーの1点のみ、得点圏にランナーを背負ったのも3回のみという安定したピッチングで、9回1失点で完投してみせた。

青山学院大の投手陣は現在緊急事態だ。エース河端(現:Honda)が卒業したのはしょうがないが、昨年は二刀流で先発2番手も務めていた3年生の鈴木駿の名前が野球部のHPから消えている。他にも小川・林・齋藤といった投手の名前がHPにはなく、退部した可能性が高い(河原井監督の退任時にもひと悶着あったことが関係しているのだろうか?)。もともと少数精鋭な青山学院大野球部の投手陣は(新1年生も含めて)14人のみとなった。そんな事情もあり、森はまだリーグ戦経験は2試合のみであるが、高校時代の実績も踏まえて、今年のエース候補と言われている。その森が強豪明治大を1失点完投したという事実は安藤監督にとっては、この試合の勝ち以上に大きな収穫であったことだろう。森が青山学院大の新エースとなって、チームを救ってくれることに期待したい。

20190316青山学院大 森
見事9回1失点の好投をみせた青山学院大の新エース候補の森


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ