FC2ブログ

横浜×関東一【東京親善試合】

6/2 東京親善試合
横浜×関東一 @江戸川区球場

試合経過

20190605横浜×関東一
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


毎年6月の1週目の日曜日には、東京親善試合という名のもと、関東一が強豪校を(もはやホームともいえる)江戸川区球場に招待して、ダブルヘッダーを行っている。今年は横浜が招待されていたこともあり、江戸川区球場はほぼ満員状態になった(無料で見れるしね)。今回はダブルヘッダーのうち、1試合目をレポートします。

関東一は背番号1をつけるエースの土屋、横浜は背番号10の木下が先発。横浜はこの親善試合では及川が背番号1をつけているが、2試合目に先発したこと(ダブルヘッダーは大抵1試合目に主力、2試合目に控えを起用する)とその投球内容(バラツキが多く安定していなかった)、さらには春季大会でも起用からもこの木下が実質上のエースといえる。

そんな両エースの先発で始まった試合が動いたのは2回裏。関東一は先頭の野口がレフトへのヒットで出塁すると、平川の送りバントなどで2死3塁のチャンスを作る。ここで迎えた8番村岡の打球は、セカンドの前でイレギュラーしてタイムリーヒットとなり、関東一が幸運も味方して先制点をあげる。
20190602関東一 野口
先制点の起点となるヒットを皮切りにこの試合3本のヒットを放った野口

しかし横浜は直後の3回表、この日はライトとしてスタメンに名を連ねていた松本(U18日本代表候補にも選ばれた注目の2年生左腕)が四球で出塁すると、山口の送りバントなどで2死2塁。ここで1番津田をピッチャー土屋がエラーしてしまい、2番内海を迎える。U18日本代表候補にも選ばれた内海はこの横浜では間違いなくNo1打者であり、津田が盗塁をしたところで2死2・3塁となったために、内海との勝負を避けるという選択肢もあったが、親善試合ということもあり勝負にいった関東一バッテリーだgだ、内海は見事にストレートをセンターに弾き返し、逆転の2点タイムリー。2番最強説を導入したのか、チームのNo1バッターを2番に置いた平田監督の起用が見事に的中した場面でもあった。
20190602横浜 内海
逆転タイムリーを放つ横浜の2番内海

試合はその後、3~5回は両チームともに全てのイニングで得点圏にランナーを置く展開となるが、あと1本が出ずに無得点で2-1のまま前半戦を終えることとなる。

後半戦に入ると横浜の木下は尻上がりに調子をあげていった。ストレートはやや抑え気味であるがしっかりとコースに決まり、これにスライダー・カーブ・フォークといった変化球を交えた安定した投球を展開。特に変化球の中ではフォークが効いていて、これを決め球に三振を奪うケースも増えていった。
20190602横浜 木下
6回以降は調子をあげいった横浜の先発木下

一方の関東一の土屋は、6回以降もランナーは出すものの、あと1本は許さない粘りの投球。これにはライト線のフェンス際の打球をジャンピングキャッチしたライトの藤松、難しい打球で併殺を完成させたサード長嶋などバックの貢献度も大きかった。土屋も木下と同じくコントロールよくそれにスライダー・カーブ・SFF(?)を交えた安定した投球で追加点を許さない。関東一には冬にキューバ遠征の東京選抜に選ばれた谷もいて、投手陣はこの2人が中心となるが、2試合目の谷の投球をみると、コントロールがいい分土屋の方が現段階では上であると感じた。
20190602関東一 土屋
木下に負け時とこちらも追加点を許さなかった関東一のエース土屋

結局両チームともに得点をあげることができず、試合は2-1のまま横浜が勝利。木下は9回1失点8安打8奪三振で完投勝利をあげた。



横浜としては木下が安定した投球をみせてくれたのは心強い。横浜の投手陣といえば、いずれもU18日本代表候補にも選ばれた及川・松本など凄い球を投げる投手は揃っているが、1度崩れだすと歯止めが効かなくなり、安定感がないのが課題。そんな中で木下が今日のように安定したピッチングをしてくれたことは大きく、それなりの失点で抑えられれば全国でもトップクラスの打線があるので、勝ちに繋げることができる。

その打線は今日はあと1本が出ずに2得点であったが、新戦力が台頭してさらに層が厚くなっていると感じた。センバツで4番を
務めた吉原はすっかりレギュラーに定着し、もともと打撃に定評のある投手の木下も5番で使えるまでになった。ライトのレギュラーであった大手がこの日はベンチを外れる中、投手として注目されたいた松本がこの試合ではライトで起用されると、ノーヒットながら鋭い打球を飛ばしてていた。途中からライトに入った安達は、さすがに1年生ながら横浜の背番号9を背負っているだけあって、評判通りの打撃でスイングが鋭く、足の速さや肩の強さも際立った。タイプ的にも完全に増田→小泉の系譜を受け継ぐ外野手であり、非常に楽しみである。
20190602横浜 安達
1年生ながら横浜の背番号9を背負った安達

敗れた関東一であったが強力な横浜打線を2点に抑えて完投したエース土屋はお見事。1得点に抑えられた打線の中では、ともに猛打賞をマークした1番大久保と5番野口が光っていた。1番大久保は超がつくほどの俊足で、1打席目にはセカンドゴロを内野安打にして出塁。このときは牽制で刺されてしまったが、3打席目にセーフティを決めて出塁した際には、大久保の足を警戒した木下がしつこく牽制をする中で、それをかいくぐって盗塁を決めるなどリベンジを果たした。オコエ(楽天)や齋藤(中央大)といった1番センターの系譜を受け継ぐ、全国レベルの足をももった選手であった。キャッチャーとしても土屋を好リードした野口は、5番打者としてレフトに2本ヒットを放った後は、今度はうまくライト線ギリギリにライナー性の打球を放って2ベースにするなど左右に打ち分けて3安打と、この日木下に1番合っていた打者だ。ただ5回2死満塁で迎えた第3打席ではセカンドゴロ…この日は4番平泉が3三振と当たっていなかったために、平泉が四球で満塁で野口という関東一にとっては絶好のチャンスで1本が出なかったのは悔しいところであろう。現在の関東一のチームには柱と呼べる選手が不在である。その分レギュラー争いが激しく、昨冬はキューバ遠征の東京選抜に参加していた渋谷が背番号15でベンチにいるなど控えもレベルは高いという長所もあるが、この2人は是非とも自他ともに認めるチームの柱として夏を迎えて欲しいものだ。
20190602関東一 大久保
超がつくほどの俊足でチャンスメイクに貢献した関東一の1番大久保


Pickup Player
冨田進悟 横浜2年 外野手
~横浜の新4番が3安打の活躍~
得点にこそ絡めなかったものの、この日横浜打線で1番いいバッティングをしていたのは4番の冨田であった。

現在2年生の冨田は、長打力のある打撃を売りに横浜では、現チームが結成された1年秋よりレフトのレギュラー。5番打者を務めた咋秋は、チームトップタイの打率.417をマークして、神奈川Vに貢献。なみに同じく桐蔭学園と対戦したのだが、桐蔭学園の1番センターの冨田健悟は双子の兄に当たり、兄弟対決が実現した。関東大会では甲府工戦で2安打、春日部共栄戦でもヒットを放つもチームはコールド負け。それでもセンバツ選考にかかり、センバツでも5番レフトを務めた。2年春からはチームNo1打者である内海を1・2番で起用したこともあり、冨田が4番を務める試合も出てきて、この親善試合でも4番レフトでスタメン出場した。

冨田はまず1打席目でレフト前ヒットを放つと、2打席目には今度は引っ張って1塁線を抜く2ベース。3打席目はセカンドゴロに倒れるも、4打席目にはピッチャー強襲のヒットで猛打賞を記録。打球方向もレフト・ライト・センターと見事に打ち分けることができていた。ただ4番ながらこの試合で冨田にランナーがいる場面で打席が回ってくることはなく…また冨田が出塁しても後続が続かずに得点に絡むことができなかった。

冨田の打撃の特徴としては
①逆後方にも強い当たりが打てること
②低めのボールを苦にせず打ちに行けること
③初球から積極的にスイングできること
の3つが挙げられる。
①については上述した通りにこの試合でも3方向にヒットを打ち分けていた。
②については多少体勢が崩されても、下半身がしっかりして残っているので、打球を飛ばすことができる。
③については、この日のヒットも3本中2本が初球をヒットにしたものであった。
その反面、初球から低めのワンバンしそうな変化球に手を出していることもあり、得意なコースなのだろうが、そこはしっかりと見極めないとさすがにワンバンするほどのボールは冨田でも打てないであろう。

2試合目にも2安打を放つなど、アベレージ面では文句がない。あとは横浜の4番としてはやはりホームランが欲しいところ…悪いことではないのだが冨田はライナー性の打球が多い分、パワーの割には弾道が高くないようにも見受けられる。これでホームランも打てるようになれば正真正銘の横浜の4番となり、(まだ2年生ということもあるので)来年の横浜の4番も安泰とることであろう。

20190602横浜 冨田
3安打の活躍をみせた横浜の新4番冨田


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ