FC2ブログ

JR東日本×明治安田生命【都市対抗東京予選】

6/5 都市対抗東京予選 第3代表決定戦
JR東日本×明治安田生命 @神宮球場

試合経過

20190605JR東日本×明治安田生命
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


都市対抗の東京第3代表をかけた戦いは、前日の第2代表決定戦に敗れてしまった明治安田生命と、この試合が代表決定戦の初戦となるJR東日本の戦い。第2代表決定戦をかけた予選では延長戦の末、明治安田生命が5ー2で勝利していて、その再戦となる。

JR東日本の先発マウンドに上がったのは新人の伊藤。横浜では2年生からエースを務め、国際武道大でも2年のときから大学日本代表に名を連ね、3年のときには全日本大学野選手権で準優勝に輝いた左腕であったが、4年になるとケガの影響もあって不調に陥り昨秋のドラフトでは指名漏れして、JR東日本に入社していた。伊藤の右手を大きく掲げ、出処の見づらいフォームから繰り出すMAX145㌔のストレートに、明治安田生命打線は振り遅れ気味で2回までノーヒット4三振と抑えられてしまう。
20190605JR東日本 伊藤
JR東日本の先発の伊藤

前の試合でNTT東日本の大竹にノーヒットノーランを食らってしまった明治安田生命打線は、これで前の日から11イニング連続ノーヒット。ただ3回裏の先頭打者の宮川が初球を捉えると、打球はチーム待望の初ヒットとなる。これで勢いに乗った明治安田生命は木田のヒットと四球で満塁d4番泉澤という絶好のチャンスを作る。伊藤はここで意地をみせて泉澤をインコースのストレートで見逃し三振に仕留めるも、5番大野にはフルカウントからセンター前に2点タイムリーを浴びる。さらにJR東日本はファーストエラーで3点目を失ってしまったところで、ピッチャーを交代、この秋のドラフトの目玉である太田をマウンドに送る。太田は四球を与えて再び満塁にしてしまうも、道端をショートゴロに打ち取り追加点は許さなかった。
20190605明治安田生命 大野
先制の2点タイムリーを放った明治安田生命の5番大野

反撃したいJR東日本は4回表、1死から4番小室が3塁線破る2ベースで出塁すると、続く5番渡邊は粘った上に古田の変化球をうまく捉えると打球はレフトポール際に飛び込む2ランホームラン。3点を失った直後に、1点差に迫ることができたのでこの2ランは非常に大きかった。
20190605JR東日本 渡辺
2ランホームランを放つJR東日本の5番渡辺

さらにJR東日本は5回表、先頭の拜崎がヒットで出塁、続く嘉数のバントはピッチャー前で古田は2塁へ送球するも、ボールが完全に握れなかったようで送球が逸れてしまい無死1・2塁。さらに1番佐藤のヒットで無死満塁と、JR東日本が逆転のチャンスを作る。明治安田生命は2番東條をショートフライに打ち取ったところで、2番手としてマウンドにルーキーの高橋を送るも、JR東日本は3番丸子がさきほどのエラーの汚名返上とばかりに同点タイムリー。さらに4番小室の3球目は明らかに抜けた暴投となってしまい、JR東日本が4-3と逆転。明治安田生命はこの3球目の直後に高橋→三宮にスイッチすると、三宮が4番小室を三振、5番渡辺をライトフライに打ち取り追加点を与えない。
20190605JR東日本 丸子
同点タイムリーを放ったJR東日本の丸子

JR東日本の太田は、この予選ではやや不安定な投球が続いてリリーフに回っていたが、この日は安定したピッチング。Max151㌔のストレートを軸に4回・5回は2個ずる三振を奪って3人ずつで明治安田生命を抑えるなど、ドラフトの目玉としての本領を発揮。7回1死にヒットを許して、抑えの西田にマウンドを託すことになるが、3回2/3を無失点。さらに西田も140㌔を超えるストレートに最大の武器である縦のスライダーを軸に、度胸満点のピッチングで明治安田生命に得点を許さない。
20190605JR東日本 西田
7回途中からマウンドに上がったJR東日本の抑え西田

対する明治安田生命の三宮も素晴らしいピッチングを展開。140㌔前後のストレートを右バッターのインコースに投げ切ることができていて、これにスライダー・カーブ・チェンジアップを取り混ぜる気迫のピッチングで。6回の3者連続三振をはじめとして、登板してからJR東日本の打者14人を7奪三振パーフェクトに抑えて味方の反撃を待つ。
20190605明治安田生命 三宮
打者14人に対して7奪三振パーフェクトリリーフをみせた明治安田生命の三宮

三宮のピッチングに応えない明治安田生命は9回裏、先頭の道端がヒットで出塁、宮川のバントで代走の竹内が2塁に進んで同点のチャンス、さらに2番木田が粘った末に四球を選んで、長打が出れば逆転サヨナラという場面で3番新城を迎える。しかし対するJR東日本も、20歳ながら昨年の都市対抗でも抑えを経験している度胸満点の西田、最後は西田が気迫の投球で新城から三振を奪ってゲームセット。JR東日本が明治安田生命を破り、東京第3代表での都市対抗出場を決めた。
20190605JR東日本 勝利
都市対抗出場を決めたJR東日本ナイン



JR東日本の勝利の原動力となったのは、20歳のリリーフコンビである太田、西田である。3回のピンチから2人合わせて最後まで無失点で投げ切り、明治安田生命の追従を許さなかった。あとは本大会に向けて先発をどうするかが課題となってくる。この日はルーキーの伊藤が先発したが、3回途中でKO。太田を先発に戻すという手もあるが、ピッチングスタイルやこの試合での投球内容を見ているとやはりリリーフの方がよさそうだ。JR東日本には山口、石井、永谷ら他にも力のある若い投手が多くいるために、これらの中から誰か先発を務められる投手が出てきてほしいところだ。

継投がうまくいったJR東日本に対して、結果論からいえば継投ミスで敗れてしまったのが明治安田生命だ。5回の満塁のピンチでは先発の古田が東條を打ち取って、3番丸子を迎えたところで投手交代。左の強打者丸子というところなので、てっきり左腕を投入するのかと思いきや、この重要な場面でマウンドに送ったのは新人の高橋。その高橋も丸子にタイムリーを打たれ、続く小室の3球目がワイルドピッチとなったところで、今度は左腕の三宮に代えた。三宮が素晴らしいピッチングを見せたのは上述の通りで、丸子の場面で三宮を投入していれば結果が変わっただろうという場面であった。2番手高橋、3番手三宮というパターンは第2代表決定戦進出をかけた準決勝でJR東日本を破ったときと同じパターンであり、その再来を狙ったのかもしれないのだが、高橋の起用があまりにも中途半端であった。ルーキーとはいえ信頼しているから満塁のピンチで送り出したのであろうし、丸子に打たれたとはいえMax146㌔のストレートに130㌔中盤のフォークといったボール自体は悪くなかった。暴投もあったとはいえ、信頼しているならそのくらいで代えるな、信頼していないなら最初から出すなと言いたい場面であった。継投なんてものは結果論であるが、やはり今回の起用はミスであったと言いたい。ただそれ(+去年のことも)を教訓にしたか、翌日にはエース大久保が完投で明治安田生命は東京第4代表の座を射止めている。
20190605明治安田生命 高橋
明治安田生命の2番手として登板したルーキー高橋


Pickup Player
太田龍 JR東日本 投手
~ドラフト候補筆頭が復調の兆し~
JR東日本にとって、2番手の太田の好投は単に都市対抗の出場権を得たというだけでない好材料であった。

太田は鹿児島のれいめい高では1年春よりベンチ入りを果たし、2年春には火ノ浦(専修大4)率いるチームのもと鹿児島Vを果たし、九州大会に出場している。ただ太田はそのポテンシャルの高さは評価されつつも、なかなか実力を発揮できずに、この九州大会でも代打のみの出場。2年夏はリリーフで2試合に登板して146㌔をマーク。2年秋には鹿児島実業に相手に完投するも2-3と惜敗しベスト8止まり。3年春になり安定感が増してくるとようやく背番号1を掴むと、鹿屋戦で完封勝利。3年夏は先発しなかった準々決勝で敗れるも、190㎝から繰り出すMax149㌔のストレートが評価されスカウトの注目の的となった。

プロ志望届を出せばどこかしらは指名したであろうが、太田はJR東日本に入社。2年目から先発にリリーフに登板を重ね、昨年の都市対抗では2試合に先発するなど計3試合に登板して11回無失点という成績でチームのベスト4入りに貢献、若獅子賞も受賞した。ドラフト解禁となる今年は、ドラフト上位候補として大いに注目を浴びているが、東京予選では先発するも早いイニングで降板することも多く、リリーフに回っていた。

この試合では3点を失った3回のピンチでマウンドに上がった太田。最初はまだエンジンがかかっていなかったのか四球を与えてしまい満塁とするも、道端をショートゴロに打ち取ってピンチを切り抜けると、4回からは圧巻の投球。アベレージで140㌔後半、Max151㌔のストレートを軸に、フォークなどの変化球をまじえる投球で、4・5回は明治安田生命から4三振を奪い3者凡退に抑える。
この4三振はいずれも高めのストレートで奪ったものであり、明治安田生命打線もわかってはいるのだろうけど、手を出してしまうあたり太田のストレートの凄さを感じた。6回以降はさすがに対策をしてきた明治安田生命打線からヒットも出始めて、7回1死から木田にヒットを浴びたところで太田は降板し、抑えの西田にマウンドを託した。ただ3回2/3を投げて2安打1四球4奪三振無失点という見事なリリーフぶりでJR東日本に勝利を呼び込んだ。

今日の投球は太田の実力が発揮できたといえるもので、スカウト陣もニンマリというところだろう。ただ4・5回が凄すぎたこともあり、6・7回はややエンジンキレのようにも見え、自分のピッチングを長いイニング継続させることに関してはまだ課題が残るかもしれない。ただ威力抜群のストレートで基本は押して、フォークなどの変化球を得意とするあたりはやはりリリーフ向きであり、プロの世界でもリリーフの方が向いているかなとは思う。ただおそらく太田にとって最後となるだろう都市対抗では、エースとして先発する姿も見たいものだ。

20190605JR東日本 太田
3回2/3を無失点に抑えて勝ち投手となったJR東日本の太田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ