FC2ブログ

佛教大×東海大【全日本大学野球選手権】

6/16 全日本大学野球選手権準決勝
佛教大×東海大@神宮球場

試合経過

20190616佛教大×東海大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

全日本大学野球選手権の準決勝2試合目は、2014年以来の優勝を目指す東海大と、八戸学院・東北福祉大と東北の強豪2大学を9回に大逆転で破るなど今大会の台風の目になっている佛教大の戦いとなった。

東海大の先発は山崎。立命館大戦では153㌔を見せるなど圧巻のピッチングを見せ、大商大戦では4回無失点リリーフと今大会好調の右腕であったが、この日はどこか乗り切れない。いきなり絶好調の1番八木にレフト前に運ばれると、続く2番吉村のバントは3塁線の絶妙なところで止まり、野嶋が送って1死2・3塁。4番石井は2球で追い込むも、そこから四球を与えてしまい満塁と東海大にとって非常に嫌な流れとなる。しかしここで山崎のエンジンがかかったか、5番木岡の打席ではこの日最速となる148㌔をマークしてセカンドゴロに打ち取ると、6番坪倉は低めの変化球で三振に斬ってとる。
20190616東海大 山崎
初回のピンチは何とか凌いだ東海大の先発山崎

佛教大のエース中村怜は、力のいい感じに抜けたフォームから140㌔を超えるストレートにスライダー・フォークを駆使した王道のピッチング。初回に串畑の2ベースから1死1・2塁のピンチを迎えるも、海野・藤井をフライに打ち取ってピンチを凌ぐと、2・3回も順調に東海大打線を抑えていった。
20190616佛教大 中山怜
佛教大の先発中山怜

そんな0-0のまま3回まで進んだ試合であったが4回裏、東海大は1死から藤井が内野安打で出塁すると、植村のところでヒットエンドランが見事に決まって1・3塁。7番主将の長倉は見事にセンター前に運んで東海大が先制。さらに8番宮地もレフト前ヒットと、2015年甲子園優勝の東海大相模メンバーの連続タイムリーで2点目。9番高田にも犠牲フライが飛び出して、東海大が3-0とリードを奪う。佛教大はここでエース中山怜から、今大会はリリーフながら2勝をあげている左腕の木下にスイッチする。
20190616東海大 長倉
先制のタイムリーを放った東海大の主将長倉

追撃したい佛教大は5回表、先頭の八木がヒットで出塁すると、2番吉村はバントに失敗するも、3番野嶋が山崎のスライダーを見事にすくい上げると打球はライトスタンドに飛び込む2ラン。山崎は本調子でないものの、初回から何とかピンチを凌いではいたが、1点差に迫られたところで、東海大のマウンドに2番手として左腕松山を送る。
20190616佛教大 野嶋2
追撃の2ランを放つ佛教大の3番野嶋

佛教大は6回表に先頭の坪倉がヒットで出塁。続く森本のバントはサード串畑が2塁へ送球するもこれが逸れて(記録はエラー)無死1・2塁。さらに続く前田のバントを今度は松山が1塁に暴投…ボールが1塁側のブルペン付近を転々とする間に1塁ランナーの森本まで生還して、東海大の守備の乱れで佛教大が逆転に成功する。さらに佛教大は唐澤が3人連続バントとなる送りバントを決めて1死2・3塁とすると、1番八木がレフト前にしぶとく落とすタイムリー。準々決勝では4番石井のスクイズで勝つなどバントをこの大会では有効に使っている佛教大が、この試合でもバントを絡めて5-3と逆転に成功する。
20190616佛教大 森本
逆転のホームを踏む佛教大の森本

佛教大は8回表にも、1死から前田がショート内野安打で出塁すると、唐澤が送って2死2塁。1番八木はファーストゴロであったが、俊足を生かしてこれを内野安打にすると、途中出場の2番岡田はライト前へのポテンヒットを放ち、6点目をあげる。

佛教大の2番手木下は5~7回と東海大をノーヒットに抑える素晴らしいピッチングを見せていたが、終盤やや疲れが見え始める。8回に海野の内野安打にエラーが絡んで初めて得点圏にランナーを背負うと、5番藤井にはサード後方に落とされるタイムリー2ベースを浴びて初失点。ただ続くピンチでは代打門馬(東海大相模の門馬監督の息子)を三振に仕留めて、最少失点で切り抜け。佛教大が2点リードのまま最終回を迎える。
20190616東海大 藤井
8回裏にタイムリーを放った東海大の5番藤井

9回表にレフト高田の好返球でホーム刺殺と流れをもって、最後の攻撃に臨んだ東海大は、先頭の宮地が死球で出塁すると俄然盛り上がりをみせるも、高田・千野が連続三振、さらには2番串畑がピッチャーゴロでゲームセット…と思いきや、何でもないピッチャーゴロだったのに木下がこれを1塁に暴投して2死1・3塁。長打が出れば同点という場面で打席には、東海大相模の先輩の杉崎に代わって途中からショートに入っていた1年生の小松を迎える。小松は追い込まれてからの変化球をうまく流し打つも、この3塁線の強烈なライナーをサード森本がダイビングキャッチ。抜けていれば同点もあり得た打球を森本がファインプレーで防ぎ、佛教大が6-4と逃げ切って勝利



今大会が始めるまでは決して前評判が高いとは言えなかった佛教大だが、八戸学院・愛知工業大・そして昨年の王者東北福祉大を次々に撃破すると、ついにはこの準決勝で東海大も撃破し決勝にコマを進めた。このうち3試合が逆転勝利であり、まさにミラクル佛教大である。ただこの試合では6回に東海大の自滅もあったものの、強力投手陣に対して佛教大が浴びせたヒットは、なんと計14本とその打力は見事であった。中でも今大会絶好調で、この試合でも4安打とヒットを量産しているのが1番の八木。1回戦・2回戦はベンチスタートであったが、1回戦での貴重なタイムリーが評価され、準々決勝から1番打者としてスタメンに名を連ねると3安打の活躍。この試合までで11打数8安打と驚異のアベレージを残してい。東海大に比べればエリートといえる選手が集まっていない佛教大だが、この八木は北稜(京都)と野球ではほぼ無名の高校出身。まさに今の佛教大を象徴するような選手であり、このままの流れで次は、大学球界No1投手といわれる超エリート森下に挑んでほしい。
20190616佛教大 八木
タイムリーを含む4安打の活躍をみせた佛教大の1番八木

対する東海大は自滅もあり、また自慢の戦力がその力を発揮せずに敗れてしまった。中でも150㌔トリオを擁する投手陣は、先発の山崎がこれまでの2戦と打って変わって苦しいピッチング…。2番手の松山はそれほど悪くはなかったが、自らもバント処理で暴投をするなど、バント攻撃にやられて流れに乗れなかった。頼みのリリーフエース小郷も1/3回で不自然に降板であり(のちに大学日本代表候補合宿を辞退したのでケガかと思われる)、最後に登板した原田は今大会を通じてエースの姿ではなかった。打線でも大商大戦ではホームランを放つなど、昨年のケガから復活を果たした3番ショートの杉崎が3三振でまさかの途中交代。杉崎も後に大学日本代表候補合宿を辞退しているのでケガかと思われるが、最後の場面の1打同点の場面で、杉崎の代わりに入った1年生小松に打順が回ってきてしまったのは何とも皮肉な結果であった。
20190616東海大 杉崎
3三振で途中交代とケガなのか本来の力を発揮できなかった東海大の杉崎



Pickup Player
木下隆也 佛教大2年 投手
~3度目の0-3からの登板で逆転を呼びこむ好リリーフ~
4回のピンチから2番手としてマウンドにあがった木下の好投が、佛教大に流れを呼び込んだ。

木下は奈良大附属高では2年秋から背番号1を背負い、大西との2枚看板として活躍。3年春の奈良大会で準優勝を果たすと、3年夏も5試合中4試合に先発すると、計24回5失点の好投。ただ決勝戦では神野率いる天理に1-2で敗れて、またもや準優勝となってしまった。佛教大では1年春よりリーグ戦登板を果たすと、秋には先発も務めリーグ戦初勝利。この春はリーグ戦では3試合の登板にとどまるも計5回無失点であった。

この試合では3点を奪われた後の4回のピンチで、2番手としてマウンドにあがった木下。いきなり鋭いスライダーで千野から三振を奪ってピンチを脱すると、5~7回は東海大打線をノーヒット無得点に抑える快投をみせた。木下は憧れというソフトバンク和田をモデルにしたフォームから、Max143㌔のストレートと絶対的な自信をもつスライダーのコンビネーションで打者に向かっていく投手。ストレートとスライダーの両方で空振りを捕ることができていて、リリーフながら奪った三振はなんと8個。終盤は疲れが見え始め、8回には今大会初失点を喫すると、9回には自らのエラーもあってピンチを招くも凌ぎ切った。結局5回1/3を投げて、2安打8奪三振1失点(自責点0)という素晴らしい投球であった。

見事な好リリーフで、木下がチームの逆転を呼び込んだのは、何と今大会3回目。1回戦の八戸学院戦、準々決勝の東北福祉大戦でもこの日と同じように0-3と3点ビハインドの場面で登板し、最終的にはチームの逆転により勝ち投手になっている。これでリリーフながら3勝をあげた木下、実力もさることながら、この持っているリリーフには決勝でも期待したいところだ。
(残念ながら決勝では木下の登板はなかったですが、今大会13回1/3を投げて失点1という成績で敢闘賞に選ばれました)

20190616佛教大 木下
5回1/3をなげて1失点でリリーフながら今大会3勝目をあげた佛教大の木下



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ