FC2ブログ

大学日本代表候補合宿紅白戦②

6/22 大学日本代表候補合宿
Aチーム✕Cチーム @日体大健志台球場

試合経過

20190622大学日本代表候補合宿紅白戦②
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

大学日本代表候補合宿は2日目。この日は野手を3チームに分けて、6回の紅白戦を総当たりで3試合行い、投手は全員が2イニングずつ登板するという予定であった。しかし平塚球場で始まった試合は雨のために中断…午後から人工芝の日体大健志台球場に場所を移して紅白戦2試合が行われることとなった(3試合目は3日目に行う)。そんな2日目の紅白戦の2試合目(Aチーム✕Cチーム)をレポートします。

Aチームが早川、Cチームが坂本と東西を代表するエース左腕の先発で始まった試合。しかし坂本は立ち上がりピリッとせずに、先頭の小川龍にヒットを浴びると海野には四球を与えてしまい、児玉にはライト前に運ばれアウトを1個もとれないまま先制点を与えてしまう。しかしここで冷静になれたのか、続く1死2・3塁のピンチでは1試合目で絶好調であった宇草を打ち取り、佐藤都もショートフライに仕留めてピンチを凌ぐと、2回も3人で斬ってみせた。
20190622大学日本代表候補合宿 児玉
先制タイムリーを放つ児玉(九州産業大)

一方のAチームの早川は2イニング限定ということで初回からエンジン全開で、2回を投げて打者6人に対して5奪三振パーフェクトと、この日投げた早々たる投手陣の中でNo1といえる投球をみせた。

Cチームは3回から、日体大のマウンドに凱旋となってしまった北山が登板。北山は3回表に海野・児玉と2四球を与えてしまうが、最後は宇草をスライダーで三振に仕留め無失点。続く4回表も先頭の佐藤都にヒットを浴びるも、4番渡部は併殺に打ち取り。2イニングを無失点で切り抜けた。ランナーを出しても落ち着いた投球ができていた一方、北山が代表に入るとするとMax154㌔を誇るストレートを武器にしたリリーフが見込まれるが、この試合では146㌔止まりであったのがやや残念であった。
20190622大学日本代表候補合宿 北山
ホームのマウンドで2回無失点の投球をみせた北山(日体大)

4回裏にはちょっとした珍事が発生。Cチームは前の回は3番野口で攻撃が終了したが、4回裏の先頭として打席に入ったのは古間木。この古間木は実はCチームの9番DHとして、この試合に出場していたが、3回の打順ではブルペンで投球を受けていたこともあり、打順を抜かされてしまっていて、代わりにこの回の先頭として打席に入っていた。その古間木はピッチャーゴロに倒れるも、続く4番森下はAチーム2番手杉尾の球を捉えるとと、打球はバックスクリーンに直撃する同点ホームラン。1年生ながらCチームの4番に名を連ねた強打者が、代表入りに大きくアピールした。
20190622大学日本代表候補合宿 森下
バックスクリーンに同点弾を放った森下(中央大)

5回からCチームの3番手としてマウンドにあがった宇田川は、変化球が浮いてストレート頼みの投球となってしまうも、ピンチを何とか切り抜けて2回無失点。Aチームの3番手の内間も、四球を出しながらも2回を無安打無失点に抑える好投。両投手ともにまだ3年生であるので、来年の代表としても楽しみな投球を見せてくれた。これで試合は1-1のまま試合終了し、引き分けで2試合目は終えた。
20190622大学日本代表候補合宿 内間
Aチームの3番手として2回無失点の好投をみせた内間(亜細亜大)


この紅白戦でアピールに成功したのは何といっても6人をパーフェクト5奪三振という圧巻の投球をみせた早川で、代表入りは確実。時点は2イニングノーヒット無失点の内間であるが、代表決定というほどのインパクトはなかった。宇田川と北山も無失点であったが、投球内容にバラツキがあった。2人とも本来のストレートは非常に素晴らしいものがるので、そこを評価してもらえるかが焦点となる。逆に坂本は若干厳しい状況か…坂本の投球自体は1点を失った直後に見事に立て直してみせたが、ライバル左腕である早川、1試合目にながら佐藤隼らの投球内容が素晴らしかっただけに厳しい。


野手ではこの試合では投手戦となったこともあり、アピールできた選手は少なかったといえる。中でも初回に得点をとったAチームの3人はさすがであり、打撃も向上した捕手の海野、昨年のこの合宿で一躍名をあげて2年ながら代表のショートの座を掴んだ児玉は2年連続での選出が濃厚であり、その前を打った小川龍も走攻守揃った能力の高さをみせタイプ的にも生田監督が好みそうなタイプだ。ホームランを放った森下もインパクトは抜群で、1年生での代表選出も大いにある。昨年は代表で4番も務めた佐藤が、この日は手首にテーピングをまいていて、野手メンバーでは唯一の紅白戦不出場。この佐藤に代わるスラッガーとして、渡部らとともに森下にかかる期待も大きい。
20190622大学日本代表候補合宿 小川龍
初の代表選出にむけアピールに成功した小川龍(国学院大)


Pickup Player
早川隆久 早稲田大3年 ピッチャー
~見せつけた早稲田のエースの実力~
Aチームの先発としてマウンドにあがった早川の投球は、間違いなく今日投げた12人の投手の中でNo1といえるものであった。

早川は木更津総合では1年秋から、1個上の鈴木(JX-ENEOS)との2枚看板として活躍し、計34イニングを投げて防御率0.00という成績で、関東準Vに貢献した。2年春のセンバツでは岡山理大付戦で7回2失点で勝ち投手となるも、続く静岡戦では5回までに3点を失い敗れた。2年夏は原崇(ロッテ)率いる専大松戸に敗れて甲子園出場を果たせなかったが、背番号1をつけた2年秋には千葉大会の準決勝で専大松戸から完封勝利をあげてリベンジに成功すると、その勢いで関東大会も制した。3年春のセンバツでは2回戦で大阪桐蔭から1失点完投勝利をあげるも、続く3回戦で秀岳館に敗れた。3年夏も甲子園に出場すると、初戦で唐津商、さらには堀瑞樹(日本ハム)と投げ合った広島新庄戦と2試合連続で完封勝利をあげるも、準々決勝では優勝した作新学院の前に敗れた。大会後にはU18日本代表にも選出されている。

プロからも注目されたが早稲田大に進学すると、1年春からリリーフとして登板。ただ期待とは裏腹に2年春までの3シーズンではいずれも防御率が4を超えるなど登板機会はあるものの、これといった結果を残せずにいた。ただ2年秋に8試合に登板して、尾防御率1.72とリリーフエースとして頭角を現すと、小島(ロッテ)の抜けた今季はエースとして君臨。3勝2敗の防御率2.09でという成績であったが、6失点を喫した明治大戦を除くと、すべての試合で自責点は2以下で防御率1.20という安定した投球を披露していた。

そんな投球が評価されてか、2年冬に続いて大学日本代表候補合宿に招集。紅白戦ではこの2試合目にBチームの先発として登板した。クロス気味にステップし、出処のみづらい左腕らしいフォームから繰り出すストレートはMax149㌔をマークしたらしく、これにスライダー・チェンジアップを混ぜた投球。ただ2イニングと決まっていたため、先発のときと違ってフルスロットで、いきなりライバルの慶応大柳町から三振を奪うと、そこから4者連続三振。決め球としては右バッターに対しては、足元のボールにもなる鋭いスライダー、左バッターにはコースにストレートを投げ込んで三振を奪っていった。2回にはチームメイトである福岡をピッチャーゴロに抑えるが、結果からいえばこれが早川が前に飛ばされた唯一の打球。打者6人に対して5奪三振パーフェクトという圧巻の投球でマウンドを降りた。

ちょうど3年前に18日本代表であった早川は、ZOZOマリンで行われた大学日本代表との壮行試合に先発。今日の投球内容で、今度はその早川が大学日本代表のユニフォームに袖を通すことは、ほぼ確実となった。早稲田のエースに求められるのは大学球界のエースとなることであり、森下ら強力なライバルはいるものの、大学日本代表でもエースの座を手にして、8月には今度は早川が高校日本代表相手に投げるというシーンも見たいものだ。

20190622大学日本代表候補合宿 早川
2回を投げて6人パーフェクト5奪三振と圧巻の投球をみせた早川(早稲田大)

ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ