FC2ブログ

JR東日本×巨人(3軍)【プロアマ交流戦】

6/23 プロアマ交流戦
JR東日本×巨人(3軍) @ジャイアンツ球場

試合経過

20190623JR東日本×巨人
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

都市対抗を来月に控えるJR東日本が、ジャイアンツ球場に遠征してのプロアマ交流戦。プロVSアマといっても、高校を卒業したばかりの選手も多い巨人に対して、大学球界でもトップクラスの成績を残したエリートが集まる社会人屈指の強豪であるJR東日本はその力の差は歴然。試合はその力の差がそのまま現れる展開となった。

巨人の先発はその通り高卒ルーキーの戸郷。戸郷は柔らかい肩関節を生かした大きめのテイクバックからサイドよりやや上の位置からいきなり147㌔のストレートを投げ込む。変化球もスライダー・シンカー・SFFと全て130㌔を超える変化球を投げ込み、球自体はスピードがあっていいものであった。ただ先頭の拜崎の打球はセンター前に落ちるポテンヒット(2ベース)となると、続く2番東條には粘られに粘られた12球目を右中間に運ばれ、打者2人で早くも1点を失う。3番近森は三振に仕留めるも、4番小室の打球をサード松井がはじいてしまうと、完全にリズムを失い、2死満塁から國松に押し出し死球、柴田には2点タイムリーを浴びてしまい、初回にJR東日本が4点を先制。
20190623JR東日本 東條
粘って12球目を打って先制タイムリーとしたJR東日本の東條

巨人はその裏、JR東日本の先発の平木に対して、2死から3番村上がライト前ヒットで出塁。すると4番に入った高卒1年目の松井は、さきほどのエラーの汚名返上とばかりにもう少しでホームランというライトフェンス直撃のタイムリー3ベースを放ち、巨人が1点を返す。巨人の4番松井という、野球ファンがワクワクしてしまう響きだが、その打撃内容も今後が楽しみな逸材である。
20190623巨人 松井
初回にライトフェンス直撃のタイムリー3ベースを放った巨人の4番松井

ただ戸郷は2回になっても、ストライクとボールがはっきりしてしまい投球で、四球と近森のヒットで1死1・2塁のピンチを招くと、JR東日本は4番小室が右中間に2点タイムリー2ベース。ここから勢いにのったJR東日本打線は、大城のタイムリーと柴田の2打席連続となる2点タイムリーなど、近森から始まって5連打を放ち、この回に5点を追加。戸郷は2回までに86球を投じて、9失点でこの回でマウンドを降りることとなる。

巨人は3回から2番手としてマウンドに上がったのは山下亜門。サイドスローに転向して、支配下登録を目指す左腕であったが、こちらも制球が安定しない。いきなり東條に死球を与えてしまうと、近森のヒットで無死1・2塁と前の回と全く同じ形でチャンスを作られてしまうと、JR東日本は4番小室が今度は左中間に2点タイムリー2ベース。さらに國松の死球で満塁となると、8番柴田は押し出しを四球を選んで3回までで3打席連続打点をマーク。JR東日本が3回までに11-1という大差をつける試合展開となる。
20190623JR東日本 柴田紘
3回にして早くもこの試合5打点をあげたJR東日本の柴田紘

JR東日本は4回表にも、巨人3番手の沼田から拜崎のヒットと東條の死球でチャンスを作ると、3番近森は逆方向のレフトフェンスを超える3ランホームラン。ただ沼田は4回には國松・柴田から連続三振を奪って2死とし、やっとJR東日本の攻撃を止めることができたかと思ったが…そこから山口雄・拝崎の連打で2死2・3塁のチャンスを作られると、吉澤のセカンドゴロをマルティネスが痛恨のエラー。JR東日本は続く3番近森が、(まだ5回にして)この試合4安打目となるタイムリーを放ち、5回までに全イニングで複数得点をあげることとなる。
20190623JR東日本 近森
3ランホームランを放ったJR東日本の3番近本

反撃したい巨人は5回裏、JR東日本の2番手大出を攻めて、高山の2ベースと死球でチャンスを作ると、1番マルティネスはこれまらエラーの汚名返上とばかりに、もう少しでホームランというセンターフェンス直撃の2点タイムリー3ベース。続く黒田も三遊間を破るタイムリーで続き、巨人がこの回3点を返す。
20190623巨人 マルティネス
2点タイムリー3ベースを放った巨人のマルティネス

巨人は6回から4番手として横川が登板。昨年は大阪桐蔭で春夏甲子園連覇を経験した左腕は、球速こそ130㌔台であるが、球持ちがよくなっていて、長身も相まって球があっという間にミットに納まるようなストレートを投じていた。登板した6回には服部・國松・さらには代打長谷川に3連打を浴びて1点を失うも、続く1死満塁のピンチを無失点で切り抜けると、7回はJR東日本打線を3者凡退。7イニング目にして初めてJR東日本の攻撃が無得点で終えることができた。
20190623巨人 横川
7回にはこの試合はじめてJR東日本の攻撃を無得点に抑えた横川

巨人はその後も、8回を直江が、9回を巽が無得点に抑える、ただJR東日本は6回から西居が、8回からは宮本とそれぞれの左右のサイドスロー投手が2イニングずつを無得点に抑えて、スコアは7回以降動かず試合はそのまま終了。JR東日本が格の違いを見せつけ、17-4で巨人に勝利した。
20190623JR東日本 宮本
8回・9回と2イニングを無失点に抑えて試合を締めたJR東日本の宮本


JR東日本はこの試合の位置づけとしては、都市対抗で起用できる選手の見極めが目的で会ったように見える。野手でいえば翌日から社会人日本代表合宿を控える丸子・渡辺・佐藤拓の3選手は遠征に帯同していないようで、序盤に得点差がついたこともあり、拝崎・東條・近森・小室といったレギュラーメンバーは早々にベンチに下げてしまった。その中でアピールに成功したと言えるのは、國松・柴田紘の2人であろうか?國松は3打数2安打4出塁という活躍で、守ってはセカンドとして9回表まで出場。JR東日本にも投手として入社した國松は、サードであったりショートであったり…昨年はキャッチャーも務め、高校時代には登板時以外は外野も守っていたことも踏まえるとほぼ全てのポジションをこなせる存在で、都市対抗でも打力に加えて、ユーティリティプレイヤーとしての需要もありそうだ。ルーキーの捕手である柴田紘は打撃では5打点の活躍。守備面でもこういう展開であったのでそれほど見せ場はなかったが、4投手を巧みにリードしてみせた。JR東日本は昨年やっと渡辺が正捕手に固定できたが、圧倒的な打力が武器の渡辺に対して、守備面では十分に柴田にも勝機はある。渡辺が日本代表候補合宿に出向いている間に、守備面でのアピールができれば、都市対抗ではキャッチャー柴田、DH渡辺という布陣もなくはないかもしれない。
20190623JR東日本 國松
この試合ではセカンドを守ったJR東日本の國松

投手陣も同様に都市対抗予選で登板した、太田・西田・伊藤・山口裕・石井といった主力投手陣はこの日は登板なし。代わりに都市対抗でリリーフとして期待される投手4人が細かく繋いで投げた。中でも2イニング6人をパーフェクトに抑えた3番手の西居と、ランナーを出しながら勝負どころでは三振を奪って2回無失点の宮本は都市対抗での登板に向けてアピールに成功したといえる。ただ左サイドの西居には、同じく変則気味の左腕の横田(セガサミー)が…、右サイドの宮本には同じく右のサイドスローの木村(東京ガス)が都市対抗では補強されていて、都市対抗の登板に向けてはまだまだ正念場といったところであろう。またJR東日本の投手陣はストレートはみな140㌔前後であったが、しっかりとコーナーを突き、また経験から来る投球術も冴えわたっていて、140㌔中盤から後半をマークしても打たれてしまう巨人の投手陣からしてみれば、いい見本になったことだろう。

その巨人であるが、3軍といえども4-17というスコアは不甲斐ないの一言で、井上監督が試合後には堀井監督に謝るシーンも見られた。その中でも1~3番の上位打線のメンバーは実力はみせていた。高い身体能力からフルスイングが魅力の3番村上は1人気を吐いて3安打、1軍経験もあるマルティネスはスイッチヒッターから左打に専念したようだが5回にはセンターフェンス直撃の2点タイムリー3ベース。高卒育成1年目ながら2軍の正ショートも務めていた黒田は、今日の巨人の内野では唯一安定した守備を披露し、5回にはタイムリーも放った。この3人に関しては、本来は2軍レベルの選手であり、(味方の選手に対してだが)格の違いを見せつけたというところだろう。
20190623巨人 村上
3安打を放った巨人の3番村上


Pickup Player
西居建陽 JR東日本 投手
~都市対抗での登板にむけて見事なアピール~
投手陣では都市対応での登板に向けての足きり的な意味合いもあったこの試合で、西居は足きり回避どころか見事にアピールに成功した。

西居は県立和歌山商では3年夏にエースとして活躍するも、2回戦で箕島に敗れるなど高校時代は大きな実績もなく、中部学院大に進学しても、3年春まではリーグ戦の登板はなかった。ただ3年秋にリーグ戦で初登板を果たすと、そこから課題のコントロールを改善し、4年春はケガのエース平岡(現:広島)に代わって先発1番手を務めると、3勝1敗の防御率0.96という成績を収めベストナインを獲得。4年秋には3勝0敗の防御率1.50という活躍でチームを優勝に導き、最優秀投手賞を受賞した。
JR東日本に入社した西居は、JABA大会や関東選抜リーグなどでは先発も務めるなど1年目から登板機会を重ねている一方、都市対抗予選では1イニングのみでの登板で、4強に進出した都市対抗本戦でも登板機会はなかった。

2年目の今季は大学時代はスリークォーターよりのサイドスローだったフォームから、さらに腕の位置を低くしたようであり、ストレートはクロスファイヤー気味の横の角度に加えて、下からやや浮き上がるような印象のある球に。巨人の選手もあまり見たことのない球のようで、このストレートで空振りをとることができていて、また角度をつけてコーナーに決まった球には手がでないという状態。6回から3番手として登板したが、6・7回と打者6人をパーフェクト。スライダーも投げていたが、上記のストレートが多めで奪った三振3個は全てストレートであった。タイプ的には左バッターにぶつけたい西居であるが、6回は右バッターが3人並んでいても完璧に抑えるなどリリーフとしての使い勝手がよさそうだ。

絶対的なエースこそいないものの、投手陣の層は厚いJR東日本。これに横田(セガサミー)、木村(東京ガス)といった投手陣も加わり、都市対抗での登板は簡単なことでない。ただ昨年は都市対抗のマウンドに立つことのできなかった西居としては、今年は何が何でも東京ドームのマウンドに立ちたいところ。プロとしても需要がありそうな左のサイドスローだけに、そこで結果を出せば、ドラフト解禁となるこの秋の指名も十分にあり得る逸材だ。

20190623JR東日本 西居
2イニングパーフェクト3奪三振の好投をみせたJR東日本の西居


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ