FC2ブログ

帝京×日大三【秋季東京大会】

11/3 秋季東京大会準々決勝
帝京×日大三 @神宮第二球場

試合経過

20191103帝京×日大三
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

秋季東京大会の準々決勝の最後の試合は、オリンピック開催に伴う再開発の一環として解体されることとなった神宮第二球場のラストゲームでもある。しかもこの試合に臨むのは、日大三と帝京という、ともに秋季大会では最多9度の優勝を誇る東京の高校野球界を牽引してきた名門どうしの対決というドラマチックな展開。そんな試合に神宮第二球場は入場規制が入るほどの超満員となった。

日大三は東海大菅生を、帝京は関東一と前の試合ではともに東京屈指の強豪対決を打撃戦で制して勝ち上がってきた両チームだったが、試合は日大三の児玉と帝京の田代の両左腕による投手戦となる。まず日大三の児玉であるが、この試合ではスライダーがキレキレで、これが右バッターの多い帝京打線のひざ元に決まり、帝京打線が面白いようにこのスライダーに空振りをしていた。帝京打線は5回まで毎回ヒットを放ってランナーを出すものの、勝負どころではこのスライダーで三振を奪われてしまい、児玉は5回までに9奪三振。
20191103日大三 児玉
5回まで9奪三振無失点の好投をみせた児玉

特に5回は1死1・2塁から4番新垣が四球を選んで満塁のチャンスを作るものの、そこから5番小松・6番御代川が連続三振。このケースに限らず、4番新垣は3打席目まで全てチャンスで打席が回ってきたものの3四死球。5番の小松は昨年1年生ながらキューバ遠征の東京選抜にも選ばれた好打者で、前の関東一戦では6打点をあげていて、確実性でいえば新垣を上回る打者と思われていた。それでも何かしらの確信があったのか、この3回の新垣を歩かせて、小松勝負は3回とも成功して、帝京を無得点に抑えていった。

帝京の先発田代は188㎝90㎏という大型左腕で、スリークウォーター気味のフォームから繰り出すストレートは力強く、また角度もある。変化球はスライダーに加えて、ツーシームなのかチェンジアップなのかスクリューなのか…右バッターから逃げるように沈む球も使っていた。これらの球を駆使して、四球は出すものの、日大三打線を3回までノーヒットに抑える。しかし4回裏、日大三は先頭の大城がレフトフェンス直撃の2ベースから1死1・2塁のチャンスを作り、迎えた7番山田の打球は強烈なライナーとなるが、これをセンター加田が前進してダイビングキャッチして、2塁ランナーが戻れずにゲッツー。主将の大ファインプレーにも助けられ、田代も日大三のスコアボードに0を刻んでいった。
20191103帝京 田代
先発して好投を見せた田代

20191103帝京 加田
超ファインプレーで帝京のピンチを救ったセンター加田

しかし5回裏、日大三は先頭の斎藤が右中間に2ベースを放って出塁。児玉のバントが失敗するなど日大三はランナーを進めることができないまま2死2塁となるも、2番熊倉がレフト戦に2ベースを放ち、日大三が先制。ただ続く3番柳舘の強烈なライナーはセンター加田がまたもやダイレクトでダイビングキャッチして日大三に追加点を許さない。
20191103日大三 熊倉
先制タイムリーを放った日大三の熊倉

すると流れは帝京にやってきたのか直後の6回表、先頭の阿出川がヒットで出塁すると、続く田巻は送りバント。日大三の児玉は4回・5回とともにバントを2塁でアウトにするなど素晴らしいフィールディングを見せいたが、この田巻のバントの場面では足を滑らせてしまい、弾いたボールがファールグランドを転々とする間に、1塁ランナーの阿出川が3塁を陥れ。無死2・3塁という絶好のチャンスを迎える。前田監督はここで田代に代打尾瀬を送ると、日大三は無死ということもあって前進守備ひかなかったためにセカンドゴロの間にあっさりと同点。続いて迎えるは背番号1ながら1番ファーストを務める強打者の武者であったが、その初球になんとスクイズを決行。この意表を突く作戦が見事に決まって、帝京が2-1と逆転に成功する。

代打が出た関係で帝京は6回裏のマウンドに2番手の柳沼が上がる。柳沼はいきなり4番大城を見逃しの三振に仕留めるなどコントロールが抜群で、7・8回と日大三打線を完璧に抑える。しかし8回裏の日大三は、この回先頭の熊倉の放った打球は1塁線を抜けて、さらにライトがクッションボールの処理を誤る間に熊倉は一気に3塁まで進み、無死3塁でクリーンアップという同点の絶好のチャンスを迎える。ただここから柳沼が3番柳舘を三振、4番大城をセカンドフライに仕留めると、最後は星からも三振を奪い、この大ピンチを無失点でしのぐ。

日大三は9回裏にも2死から代打伊藤が左中間に3ベースを放ち、土壇場で同点のチャンスを作る。ただ最後1番渡辺の打球はレフト尾瀬のグラブに収まり、あと1歩及ばずにゲームセット。帝京が強豪対決を2-1で制して、ベスト4にコマを進めた。
20191103帝京 
リリーフで好投した柳沼をたたえる、先発の田代



この試合のキーとなったのは、6回表1死1塁からの帝京の送りバント場面であった。このバント処理をしようとした日大三のエース児玉は足を滑らせて転倒し、勢いではじいてしまったボールが転々とする間に帝京の1塁ランナーであった阿出川は一気に3塁を陥れ無死2・3塁という大チャンスとなり、そこから帝京は逆転。このバントエラーで出塁した田巻が決勝のホームを踏むこととなった。バント処理のためにマウンドを降りた投手が転ぶというのはありえる話であるが、とりわけ神宮第二球場の人工芝は、外野部分は黒くなるなど老朽化が進んで滑りやすく、この人工芝がこのエラーに起因した可能性も十分にある。神宮第二球場のラストゲームは、ある意味神宮第二球場らしいプレーが勝負を決めてしまったが、これは見ている側からすれば非常にうれしくないし、日大三にしてみればたまったものではないだろう。

帝京に対して互角以上の戦いは繰り広げたいた日大三であるが、もう1つの敗因はやはりその打線であろう。日大三といえば強力打線が売りであるが、新チームはその打線にまだ小粒感が否めない。ここ1番で1本が出てなかったことも痛く、特に8回裏に無死3塁のチャンスを作ったものの、1番頼りになるはずの3番柳館の三振に始まり、クリーンアップで1点もとれなかったのがその象徴だ。エース児玉は素晴らしいピッチングを見せていたし、2番手の柳舘も2回を完璧に抑えるなど投手陣は充実している。野手も選手個々のポテンシャルは高いので、冬場に鍛えれば、また夏には強い日大三が見れることだろう。
20191103日大三 柳舘2
2回パーフェクトリリーフをみせた柳舘

帝京の新チームは小松・澤石・加田など1年夏から8人がベンチ入りを果たした黄金世代で、戦力もそろっている。前の試合では関東一に小松の6打点の活躍で打ち勝ったかと思えば、小松が4タコ3三振であったこの試合では、今度は投手陣が踏ん張ってロースコアの試合をモノにしての勝利。エース田代に加えて、この試合では2番手で登板した背番号18の柳沼が4回無失点と素晴らしい投球で、まさに選手層の厚さを見せつけた形だ。日大三の他に、東海大菅生や関東一といった東京の超がつくほどの強豪が多く入った激戦ブロックを勝ち抜いてベスト4進出は非常に価値があるもので、2011年夏以来の甲子園に向けて大きく前進したといえる。
20191103帝京 小松
この試合では当たりのなかったが1年夏からのレギュラーとして帝京黄金世代を牽引する小松



Pickup Player
柳沼大輝 帝京2年 投手
~抜群のコントロールで4回無失点の好リリーフ~
2-1と帝京が逆転した直後の6回裏からマウンドに上がった、リリーフの柳沼の好投はこの試合の勝因といえるだろう。

2014年にはヤクルトスワローズジュニアの一員でもあった柳沼は、駿台学園中(軟式)ではエースとして東京都中学校野球選手権大会を制覇。ちなみにこの時にバッテリーを組んでいたのは二松学舎大付の山田であった。帝京に進学すると1年夏よりベンチ入りを果たし、1年秋から主にリリーフとして活躍。しかし2年夏にはベンチ入りしていたものの、同級生の田代や武者の好投を後目に登板機会はないまま敗退となってしまった。この秋は背番号18でベンチ入りを果たしていたが、前の関東一戦では3回から田代をリリーフして最後まで投げ抜きチームの勝利に貢献していた。

この試合でも柳沼は試合開始前から田代の横で投球練習を始めるなど、いつでもいけるという状態。田代の好投も光ったが、5回のチャンスで田代に代打を送った関係もあり、2-1と逆転した直後の6回からマウンドに上がった。柳沼は腕のでどころのみづらいスリークウォーターのフォームの右腕で、スピードがそこまであるわけではないが、抜群のコントロールとキレのあるスライダー変化球を武器としている。いきなり先頭の日大三4番大城をストレートで見逃しの三振にとるなど6・7回は内野安打1本に抑える完璧な投球。8回にはクッションボール処理のミスもあって無死3塁という最大のピンチを背負うも、迎えた3番柳舘を落ちる変化球で三振に仕留めると、同じく大城も落ちる変化球で内野フライに打ち取り3塁ランナーを釘付けにすると、最後は星も落ちる変化球で三振に仕留めた。柳沼の変化球は精度抜群のスライダーがメインであったが、この回は勝負どころでチェンジアップなのかフォークなのかわからないがこの落ちる変化球がさえていた。9回にも2死からランナーを3塁に背負うも、最後は渡辺をレフトフライに打ち取りゲームセット。結局4回無失点の好リリーフで、1点のリードを守り切り。チームを勝利に導いた。

同学年に田代、武者ら力強い球を投げる投手がいるなかで、ちょっと違ったタイプの柳沼であるが、その安定感は抜群。やはり試合が荒れるこの多い秋にこのような計算できる投手がいるのは心強く、現在の起用法をみる限り前田監督の信頼も非常に厚いようだ。あと2試合でも柳沼が今日のようなピッチングを見せることができれば、それは帝京が久しぶりに帰ってくることを意味するだろう。
20191103帝京 柳沼
4回無失点の好リリーフで帝京を勝利に導いた柳沼


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ