FC2ブログ

創価×帝京【秋季東京大会】

11/9 秋季東京大会準決勝
創価×帝京 @神宮球場

試合経過

20191109創価×帝京
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

勝てばセンバツ出場に大きく前進となる秋季東京大会準決勝の1試合目は、創価×帝京の試合となった。

前半は序盤から創価ペースで進む。創価は1回表にいきなり1番島本が2ベースで出塁し、バントと四球で1死1・3塁のチャンスを作るも、ここは帝京の先発田代が4番高沢・5番石坂を連続三振に仕留める。創価は同様に2回にも2死満塁、3回にも1死2・3塁とチャンスを作り、田代を攻め立てるも、あと1本が出ずに3回までに8残塁無得点となってしまう。
20191109帝京 田代
3回まではランナーを出しながらも粘りの投球をみせた田代

4回表にも9番小松が粘った末に四球を選び。庄司のヒット、さらには死球で2死満塁のチャンスを作る。ここで得点ができなければ4回までに10残塁無得点という笑えない状態になってしまうところであったが、1打席目にはチャンスで三振に倒れていた4番高沢が意地のライト線への2ベースを放ち、創価が2点を先制。四死球も絡みながら4回までにランナー10人を出すなど不安定であった田代はここで降板となる。
20191109創価 高沢
先制の2点タイムリー2ベースを放つ高沢

創価のエース森畑はスピードは138㌔止まりだったものの、しなやかな腕の振りから繰り出すストレートをコーナーに決め、またスライダー・フォークといった変化球を駆使した安定した投球。5回まで帝京打線を散発3安打無四球に抑えて、創価が2-0とリードして前半戦を終了する。
20191109創価 森畑
5回まで帝京打線を3安打無失点に抑えた森畑

ただ6回裏、帝京はこの回先頭の1番武者が浮いたフォークを捉えると打球はレフトスタンドに飛び込むホームラン。さらに1死後に3番加田はフルカウントから、今度はやや甘く入ったストレートを振りぬくと、打球は弾丸ライナーで左中間スタンドに突き刺さった。帝京打線が目を覚ます形で2本のホームランを放ち、2-2の同点に追いついた。
20191109帝京 武者
帝京の反撃の口火となるホームランを放った武者

帝京の2番手柳沼は、準々決勝の日大三戦に次ぐ快投をみせる。絶妙なコントロールと変化球が持ち味の投手であったが、この日は神宮のスピードガンではストレートが139㌔をマーク(東京大会準決勝の全投手の中で最速)。4回途中から8回まで創価を無得点に抑えて、試合の流れを帝京に引き寄せ、上記の同点劇につなげた。
20191109帝京 柳沼
リリーフで素晴らしい投球をみせた柳沼

創価の森畑も6回に2発を浴びたものの、そのあとは意地のピッチングを展開。足をつったようで、7回には森畑の治療によりしばらく試合が中断したが、マウンドに戻ると帝京を3者凡退に抑えた。その影響からかストレートは130㌔前半と本来のスピードはなかったが、丁寧なピッチングで8回も帝京打線を無得点に抑え、試合は2-2のまま最終回を迎える。

9回表、創価の先頭は3番の宮原。前の打席では右中間に3ベースを放つなど、この日の創価打線の中で唯一柳沼にあっていた好打者は、低めのボール球の変化球をうまく救い上げてライト前ヒット。さらにこれをライト御代川が弾いてしまい、宮原は一気に2塁に到達すると、4番高沢が送って1死3塁と勝ち越しのチャンスを迎える。しかしここで柳沼がギアを入れ替えると、最も三振が欲しいという場面で注文通りに5番石坂を高めのストレートで空振り三振。続く谷藤もレフトフライに打ち取って、このピンチをしのぐ。

9回裏の帝京の攻撃は、期待の新垣・小松と倒れてしまい2死となり、続く御代川の打球もサードゴロ。これで延長戦突入かに思われたが、これをサード宮原が悪送球。出塁した御代川は、直前のエラーの挽回とばかりに盗塁を決めて、2死2塁とサヨナラのチャンスを作る。7番阿出川は敬遠気味に歩かされて、迎えるはこの試合が今大会初スタメンの8番尾瀬。尾瀬はここまで全く当たっていなかったが、前田監督は持ち前の勝負強さに賭けると、尾瀬の打球はセンターの前に落ち、御代川がホームイン。尾瀬のサヨナラタイムリーで帝京が3-2で勝利し、決勝進出を決めた。
20191109帝京 尾瀬2
サヨナラ打を放った尾瀬を迎える帝京ナイン


ここ最近の帝京は個々には能力の高い選手はいたものの、どこかチームとしてのもろさがあり、2011年以来甲子園から遠ざかっていた印象であるが、黄金世代といわれる帝京だがその実力はもちろんのこと勝負強さの光るチームである。準々決勝の日大三戦(観戦記)に続いて、先制されてリードを許したものの、中盤に追いつくと、リリーフした柳沼の好投で流れをつかむという展開。最後に試合を決めた尾瀬は、本職はセカンドであるが、持ち前の勝負強い打撃を買われて、8番レフトとして今大会初スタメンに抜擢。3打席目までは全く当たっておらず、9回のチャンスでは代打も考えられたが、前田監督が送ったのは代打でなく伝令の主将加田。その期待に応えた尾瀬の勝負強さもさることながら、この起用をした前田監督の勝負強さもさすがであった。
20191109帝京 尾瀬
スタメン抜擢に応えてサヨナラ打を放った尾瀬

対する創価としては、前評判では上と思われていた帝京相手に前半は攻守で優勢に立ち、まさに思い通りの展開。6回には同点に追いつかれるも、その後も粘りをみせて逆転を許さなかった。創価はやはりエース森畑を中心としたチームであり、森畑が抑えてロースコアの接戦に持ち込むというのは狙い通りの展開であっただろう。それだけに9回2死から打ち取ったと思った当たりがエラーとなり、そこからサヨナラ敗けというのは悔しかったようで、サヨナラ打を打たれたあと、森畑をはじめとして、しばらくその場でうずくまってしまって動けない選手も多かった。ただ今年の創価は夏の西東京準Vのメンバーが多く残り戦力的には充実しているチームで、特に森畑は投手としてのポテンシャルは高く、まだまだ伸びしろもある。この秋の悔しさをバネに冬場に成長をとげれば、日大三や東海大菅生と並んで、夏の西東京の優勝候補筆頭のチームとなることだろう。

Pickup Player
加田拓哉 帝京2年 センター
~黄金世代を引っ張る主将の同点ホームラン~
チームを支える主将の一振りが、6回に試合を振り出しに戻した。

大阪の住吉ボーイズから帝京に入学した加田は、持ち前のパンチ力を武器に1年夏からベンチ入りを果たす。1年秋からは3番ライト、6番レフトとして出場した2年夏の東東京大会では江戸川戦では決勝の2ランを放った。2年秋の新チームでは主将にも就任すると、厳しく姿勢でチームを牽引し、前田監督からの信頼も抜群。3番に復帰した打撃では法政戦で3ランホームランを放つと、センターを務める守備でも強肩に加えてポジショニングなどにも優れていて、日大三戦では大ファインプレーを2つみせて、帝京のピンチを救った。

この試合での加田の見せ場は6回裏、武者のホームランで1-2と迫った直後の第3打席であった。加田に対して森畑は5球連続で変化球を投じてフルカウントとなって迎えた6球目。森畑はここで初めてストレートを投じるものの、それを加田は捉えると打球は弾丸ライナーで左中間スタンドに突き刺さった。やや甘く張ったストレートであるとはいえ、それを変化球があれだけ続いた後に1球で仕留めたのはさすがであり、また打球の強烈さはすさまじいものであった。この日の加田の打撃は、止めたバットにあたって内野ゴロになってしまう場面が2回もあるなど、加田の打撃ができたといえるのはこの3打席目だけであったが、試合を振り出しに戻す貴重な一振りであった。

帝京の2011年以来の甲子園まであと1勝。その帝京を甲子園に導くのは、主将として、また走攻守でチームを牽引している加田にほからなないであろう。

20191109帝京 加田
6回に同点ホームランを放つ加田



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ