FC2ブログ

駒澤大×拓殖大【東都1部2部入替戦】

11/10 東都大学野球連盟1部2部入替戦
駒澤大×拓殖大 @神宮球場

試合経過

東都の1部2部入替戦の2日目。前日に行われた初戦では、1部6位の駒澤大が、2部優勝の拓殖大に3-1で勝利し、駒澤大が1部残に王手をかけている。拓殖大はリーグ戦では専修大から完封勝利をあげるなど先発2番手を務めていた川船が順当に先発したのに対し、駒澤大はリーグ戦ではリリーフとして活躍していて、これが東都1部初先発となる上野をマウンドに送った。

だが勝てばこれが大学野球で最後のマウンドとなる上野は気合十分で、初回は1死から田崎を四球で出塁させてピンチを招くも、2死2塁という場面で4番北川を見逃しの三振。カットボールなどの動く球が中心のピッチングをしていたが、ここ1番というところでアウトコースのギリギリに渾身のストレートを投げ込んだ形であった。すると2~4回も拓大打線を3人ずつで片づけるなど、東都1部初先発とは思えない素晴らしいピッチングをみせる。

拓大の先発の2年生右腕川船は、Max146㌔のストレートに加えて、130㌔を超えるフォークを有効に使っていて、その他スライダーやカーブという変化球も一通り使えていた。四球は出すものの3回までは駒大打線を無得点に抑える素晴らしい立ち上がりをみせていた。
20191110拓殖大 川船
素晴らしい立ち上がりをみせた拓大の先発の川船

しかし4回裏、駒大は先頭の4番平野がチーム初ヒットとなる左中間への2ベースを放って出塁。続く5番菅のバントで、川船は足を滑らせてしまい、無死1・3塁となると、続く新田のセカンドゴロ併殺崩れの間に駒大が先制。さらに5回裏にも1番緒方が粘った末に四球で出塁すると、2番林がヒットで続いて1・2塁のチャンスを作る。すると4番平野は今度は川船の変化球をうまく三遊間に運んで、緒方が生還し2点目。1部では最下位ながらベストナイン(三塁)に選ばれた平野の活躍で駒大が2-0とリードを広げる。
20191110駒澤大 平野
2得点に絡む活躍をみせた駒大の4番平野

ただ川船がヒットを浴びたのはこの2イニングだけで、6回には駒大打線を3人で打ち取ると、7回も与倉・谷本と2人を打ち取って2死とする。しかしここで1番緒方にこの試合3個目の四球を与えたところで、内田監督はマウンドにエース多田を送る。2部で最優秀投手賞を獲得して、前日にも試合でも完投をした多田は林をサードフライに打ち取ってこの回を凌ぐと、続く8回も平野・菅から三振を奪い、チームの逆転を信じて好投をみせる。
20191110拓殖大 多田
前日の完投に続いてリリーフとしてマウンドにあがって好投を見せた多田

ただ拓大打線は上野の前に完全沈黙。ヒットは5回に渡邊晶が放ったレフト前ヒット1本のみであり、6回以降に出したランナーは死球の北川のみ。上野が気迫の投球で1安打完封勝利をおさめ、駒大が1部残留を決めた。
20191110駒澤大 上野2
完封勝利をあげてガッツポーズの上野

20191110駒澤大×拓殖大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


まずこの試合はなんといっても上野に尽きる。高校時代はU18日本代表で小笠原・佐藤世とともに3本柱を形成していた逸材は、入学直後から大いに期待されたがケガなどもあって、なかなか結果を残せずに初勝利はこの4年秋であった。誰もが予想にしなかった中での先発であるが、東都1部初先発での1安打完封勝利という快挙。最後にして最高の仕事で駒大を1部残留に導いた。素晴らしい投球であった反面、上野がこの投球を早い時期から見せていれば、駒大がそもそも入替戦に臨むこともなかったであろうと思った。

上野に加えて、打線では4番平野が2得点に絡む活躍をみせ4年生の活躍が光った駒大。しかし野手でいえばスタメンの7/9は下級生であり、投手陣も秋のリーグ戦では1年生の福山と、3年生の竹本が先発を務めていた。来年の戦力はそろっているために、この試合で見た4年生の雄姿を受け継いで、来年は優勝争いをするチームとなってほしい。

一方の拓殖大であるが、リーグ戦では青山学院大が優勝に王手をかけた状態であったが、そこから粘り強く戦い日本大から勝ち点をあげての逆転優勝。ただこの試合では川船→多田と投手陣は見事な投球をみせたものの、打線がその粘り強さを発揮できずに上野の前に完封負けとなってしまった。拓殖大を強豪校に育てあげた内田監督が今季で退任し、後任には馬淵コーチ(明徳義塾の馬淵監督の息子)が就任するということで、来年には新制拓殖大として是非まだ1部昇格にチャレンジしてほしい。


Pickup Player
上野翔太郎 駒澤大4年 投手
~最初で最後の先発で大仕事~
駒大の1部残留の立役者は、なんといっても1安打完封勝利をあげた先発の上野である。

上野が一躍脚光を浴びたのは中京大中京の3年夏であった。中京大中京では1年夏からベンチ入りはしていたものの甲子園出場はなかったが、2年秋からエースとなると、3年夏には豊橋中央から15奪三振2失点完投勝利、東邦からも3失点完投勝利をあげて決勝に進出。愛工大名電との決勝では2年生左腕の長谷部(慶応大)が先発をするも、初回に西脇(龍谷大4年)に3ランを浴びると、2回途中からすかさず上野が登板。上野は最後まで無失点で投げ切り、チームの逆転を呼び込んで甲子園出場を果たした。

甲子園では初戦で岐阜城北を完封すると、2回戦では鹿児島実業から2失点完投勝利。続く関東一戦では中学時代にバッテリーを組んでいた鈴木(現在の駒大の主将)との対決も話題となり、素晴らしい投球をみせたが、9回裏にサヨナラ弾を浴びて0-1で試合に敗れた。ただ甲子園での活躍が評価されると、U18日本代表にも選出。U18日本代表では上野の回転のいいストレートは逆に海外の打者に効果抜群。小笠原(中日)、佐藤世(オリックス→横浜金港クラブ)とともに3本柱を形成し、3試合に登板して計18イニングを投げて無失点であった。

鳴り物入りで駒澤大に進学すると、1年春から東都2部のマウンドに立つものの、成績は残せず、また肩を痛めて1年間以上公式戦のマウントから遠ざかるなど期待の大きさとは裏腹に結果を残せない時期が続いた。3年秋にはやっと東都1部デビューを果たも、3年秋・4年春とともに3試合のみの登板。しかし大学生活ラストシーズンとなったこの秋は、開幕週の国学院大戦で4回無失点の好リリーフをみせて初勝利をマーク。結局この秋には13試合中11試合に登板を果たすなど、リリーフとして大倉監督の信頼をつかみ取った。しかしそれもすべてリリーフでの登板であり、この試合は上野にとって、東都1部では初めての先発のマウンドとなった。

高校時代は回転のいいストレートで攻める投球が持ち味の上野であったが、大学ではカットボールを覚えたことが復調のきっかけとなったように、ツーシームなど動くボールを中心にした投球。ただ純粋なストレートの割合は低かったものの、初回の2死2塁のピンチでは4番北川をアウトコースいっぱいのストレートで見逃しの三振にとるなど、勝負どころではストレートも健在と思わせるシーンもあった。他にもスライダーやフォークなども交えて、拓大打線を翻弄していき、2~4回はパーフェクトピッチング。5回には2死から渡邊晶に初ヒットを浴びてしまうも、その後も勢いは衰えることない。試合の終盤でも出したランナーは死球の北川のみという快投で、結局1安打8奪三振完封という最高のピッチングをみせてチームを1部残留に導いた。

大学ではずっと思うような成績を残せずに苦しんだ右腕が、最初で最後の先発の舞台で1安打完封勝利。卒業後は社会人野球に進むことも決まっていて、復活を果たした上野翔太郎の次のステージでの活躍にも期待したい。

20191110駒澤大 上野1
東都1部初先発で1安打完封勝利をあげた上野


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ