FC2ブログ

センバツ出場校発表+勝手にランク付け(2020)

金曜日にセンバツ出場校が発表になった。
ので今年も独断と偏見で出場校のランク付けをさせてもらいます。

A:優勝候補筆頭
B:上位進出レベル
C1・2回戦レベル
D:1回戦突破できたら御の字
E:1回戦突破できたら奇跡

センバツ出場校ランク付け(2020)


優勝争いの中心となるAランクは5校。中でも最有力と思われるのは、明治神宮大会を制した中京大中京。Max148㌔を誇る本格派右腕のエース高橋は打たせて取るピッチングもできるようになり、その他にもキャッチャー印出、ショート中山、センター西村と超高校級のセンターラインが揃う。それに続くのは東海大相模で、4人(鵜沼・加藤・山村・西川)で合わせて高校通算156発という上位打線に加えて、下位打線も含めて戦力層は厚く、打線の力は大会No1ともいえる。投手陣も数はそろっているので、あとはエースといえる存在さえ出てきてくれてば心強い。奥川は抜けたものの星稜も、夏の全国準Vを経験した荻原・内山・知田といった主力が残り、レベルが高い。中でも2年夏まではショートとして活躍してたが、山瀬(巨人)が卒業した後に本職のキャッチャーに復帰した内山は、4番打者としても攻守で注目だ。これに続くのが大阪の2強。近畿準Vの大阪桐蔭はやはり個々の能力が高く、エース左腕藤江をはじめとして140㌔クインテットの投手陣、打線も西野・仲三河・船曳のクリーンアップは強力そのもの。夏春連覇を狙う履正社は、夏の優勝に大きく貢献した岩崎がエースとなり、打線も小深田を中心にハイレベルである。
20191120中京大中京 高橋
↑優勝候補筆頭の中京大中京のエース高橋
20191021東海大相模 西川1
↑東海大相模のカルテットの中でも最多の高校通算53発を誇る西川

近畿に関しては、この大阪2強以外にも優勝争いに絡んできそうなチームが多い。明石商はエース中森、センター来田と、ともにドラフト1位候補であり、4季連続の甲子園ということで経験豊富な投打の軸を擁している。智弁和歌山は秋は崩れたものの、小林・矢田・中西・池田と投手陣が豊富であり、持ち前の強力打線も健在。智弁学園も小畠・西村と左右の1年生2枚看板に、夏から4番を打つ前川はこちらも1年生ながら、すでに高校通算21発を誇る。関東に目を向けてみると、秋は群馬3位からの下克上で成り上がり、明治神宮神宮大会準優勝を成し遂げた健大高崎。エース左腕の下は安定感が増し、191㎝右腕の橋本挙も期待が大きく、野手陣も中学時代から名を馳せた逸材が多く、メンバーを固定できれば心強い。花咲徳栄は関東6枠目でギリギリの選出となったが。夏の甲子園も経験したエース左腕の高森は安定感抜群で、超高校級の右のスラッガー井上を中心に田村・中井と構成するクリーンアップは強力だ。これに続くのは東北王者の仙台育英であり、夏も経験した笹倉・伊藤の左右の1年生トリオに加えて、エース左腕の向坂など投手陣の層の厚さは大会No1といえる。
20190331明石商 中森
↑4季連続の甲子園となり、プロからの注目度も高い明石商のエース中森
20190812智弁学園 前川2
↑1年生ながらすでに高校通算21発を誇る智弁学園の4番前川

今回の選出は、秋季大会の成績がはっきりしていたこともあり、とくにサプライズはなかった。また昨年関東でコールド負けした横浜を実力を評価してサプライズ選出したが、初戦で明豊に大敗してしまったことも効いていたかもしれない。21世紀枠についてはもともと予想できないところであったが、実力的にはNo1と思われていた三重王者の近大高専が落選となったことで、今年も1回戦突破はかなり難しそうである。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ