FC2ブログ

5/23 千葉黎明×横浜【春季関東大会】

常総学院VS横浜という、秋の関東大会の再戦となると思われていたこの試合。ところが前日に、注目の右腕:川口を擁する千葉黎明が常総学院にコールドで勝利するという番狂わせ。千葉黎明VS横浜という対戦になりました。

スタメン

千葉黎明
2B 藤江 4
SS 小林 5
1B 大堀 3
LF 島村 7
P 川口 1
C 2
RF 根本 8
CF 木内 18
3B 15

横浜
CF 石川 1
3B 遠藤 6
2B 戸堀 4
LF 村田 7
1B 3
P 藤平 10
RF 松井 9
C 徳田 2
SS 渡辺 16


試合経過

1回裏、横浜打線が川口に襲いかかる。この日1番に起用された石川がセンター前ヒットで出塁すると、バント→戸堀のポテンヒットで1死1・3塁。ここで村田が4番の仕事をきっちり果たすタイムリーを放ち先制。さらに公家(3年)に代わってスタメン起用された申もタイムリーで続く。いきなり打者5人からバントのアウトしかとれないという嫌な展開であったが、続く藤平・松井は川口が抑える。(黎0-2横)

2回表、千葉黎明は簡単に2死とされるが、7番:根本がチーム初ヒットで出塁。続く木内の打球は左中間へ、センター石川が回り込んでいれば…というところではあったが、結果的に打球は左中間を抜ける2ベースとなり、千葉黎明が1点を返します。(黎1-2横)

勢いづいた千葉黎明は3回~6回のいずれも得点圏にランナーを進めますが、ピンチになるとギアの上がる藤平の前に後1本が出ない。ただ守っては川口が2回以降徐々に調子を上げ、6回には横浜の4~6番を三者三振に抑えるなど、追加点を許さず、スコアは硬直状態となる。(黎1-2横)

8回裏、横浜は村田のライトフェンス直撃の2ベースでチャンスを作る。2死となるものの、藤平が変化球をうまくすくいあげてレフトオーバー2ベース。横浜が貴重な追加点をあげます。さらに向川原にもタイムリーを浴びたところで、千葉黎明はバッテリーごと交代をします。しかし2番手:高橋(3年)、3番手:十和田(3年)ともに横浜打線につかまり、アウトをとることができません。結局最後は戸堀に3塁線にタイムリーを浴び、7点差がついてコールド。横浜が8-1(8回コールド)で千葉黎明を破り、関東大会ベスト4進出です。

20160523千葉黎明 川口
2~7回横浜打線を無得点に抑えた千葉黎明:川口

20160523横浜 石川
1番に抜擢され、5打席で4出塁と役割を果たした横浜:石川

20160523横浜 藤平
8回1失点で完投勝利をあげた横浜:藤平


スコア

千葉黎明
20160523千葉黎明スコア

横浜
20160523横浜スコア


Topic

横浜の1年生カルテッド

神奈川県大会の25人→18人に絞らなければいけない関東大会。注目の横浜の1年生は13:万波、14斎藤、15長南、17角田と4人がベンチ入りしました。そしてこの4人が全員今日の試合に出場し、コールド勝ちに見事貢献しました。

まず最初に登場したのは長南。7回裏に代打として出場。センターフライに倒れてしまいますが、当たりは悪くなかったです。1番最初に代打として起用されるあたり現段階では1年生の中でも1番評価が高いと言えるでしょう。松井の代打だったので、そのまま守備につくかと思ったのですが、代わりに向川原が入ってお役御免となってしまったのは残念です。

続いて8回の2死1塁で代打として登場したのが角田。パスボールでランナーが2塁へ進むと、フルカウントからの6球目をレフト線に運ぶタイムリーヒットを放ちます。なおも2死2塁のチャンスで代打:万波。セカンドラン―は角田に代わって斎藤が起用されます。この万波もレフトオーバーの2ベースを放ち、齋藤がホームイン。

この1年生の活躍に触発されたのか、石川・遠藤・戸堀も続き一気にコールド勝ちを納めました。

20160523横浜 角田
代打で登場しタイムリーを放つ横浜1年生の角田


川口は通用したが…
千葉黎明の注目の川口は前日の常総学院戦に続き連投。初回こそ2点を失いますが、その後2~7回は無得点に抑えるなど、評判に違わない投球を見せました。敷島球場のスピードガンがやや辛いこともあり、ストレートは130㌔前半、Max138㌔でしたが、スライダーをしっかりコントロールできていて、非常に安定した投球ができる投手に成長していました。

このように川口が全国でもトップクラスの横浜打線に十分に通用することを証明した一方、2番手以降の投手には大きく課題を残しました。川口が8回2死で降板した後、左サイドの高橋、右オーバーの十和田と2人の投手が登板しましたが、2人で横浜の打者5人から1つもアウトを取れず、そのままコールド負けとなってしまいました。夏はさすがに川口1人ではやっていけないと思うので、千葉黎明が勝ち進むには2番手以降の投手の奮起が必要です。

公家は欠場
前日に死球を受けて途中交代した公家はこの日は欠場。この日のスタメンのファーストは申でした。ベンチにはいてとくに、包帯としているとかではないので、重症ではないと思うのですが…1年生をあれだけ代打に出したのに、公家の出場がなかったということは出られる状態にはないようですね…。

代役はキャッチャー→ファーストに転向した申。川口の変化球にタイミングが合っていて、初回にタイムリーヒットを放つなど見事に代役を務めました。

しかし個人的には神奈川最強バッターだと思っている公家。春から横浜高校のキャプテンにも就任したことですし、大事ないことを祈ります。にしても強打者の証なんだろうけど、公家は死球が多い気がするな…。

20160523横浜 申
公家の代わりにファーストに入った横浜:申


Pickup Player

万波中正 横浜1年 外野
普通スーパー1年生というのは、1年生なのに活躍したので、スーパー1年生なのである。ところが名前だけが先行してしまった形の万波はいささか気の毒であった。コンゴとのハーフで192㎝92㎏、まさにオコエ瑠偉をスケールアップさせたような体格の持ち主で、中学時代は野球だけでなく、100㍍ハードルやや砲丸投げでも都大会で優勝実績がある。そんな逸材に期待するなというのも無理があるが、春季大会では4回戦の弥栄戦ヒットも放ったものの、決勝の日大戦では5打数ノーヒットと大きな結果は残せないでいた。しかしノーヒットということすら報道されてしまう。本人にとっては相当なプレッシャーであったことだろう。

この日の万波は当初はバット引きを担当していたが、8回裏に9番の渡辺に代わってネクストバッターサークルに入る。2死ながら同じく1年生の角田がヒットでつなぐと、万波が打席に入り球場は盛り上がりを見せる。

カウント2B1Sから低めのカーブを豪快に空振りした。スゴいスイングであったが、評判通りまだ粗さは目立つ空振りであった。千葉黎明バッテリーもこれなら打ち取れると思ったのであろう…次の球も同じコースにカーブであった。しかし万波は体制を崩しながらもこの球をすくい上げると打球はレフトの頭上を越えるタイムリー2ベース。修正能力の高さを見せつけた。

また昨年の清宮(早稲田実2年)もそうだが、万波にも球場の雰囲気、ついてはチーム盛り上げる素質がある。横浜は四球を挟んで、遠藤・戸堀の連打で横浜が一気に畳みかけてコールド勝ちを納めた。

全国デビュー戦で貴重な1本を出したことで、本人もだいぶ楽になったのではないだろうか。これで自分のペースを取り戻してくれれば、夏の大会では昨年の清宮のそうな存在になれる可能性は十分にある。

20160523横浜 万波
タイムリー2ベースを放ち喜びの表情を見せる横浜:万波


余談

絶対に敗けられない事情がそこにはある(横浜高校編)
この日は平日であったがベンチ入りできなかった部員も公欠をとってだろうか、スタンドで応援する姿が見られた。しかし横浜高校だけはそれが4人と少ない…。どうやら横浜高校は中間試験中ということで、ケガでベンチ外となった昨年のスーパー1年生:増田(2年)ら4人だけということらしいのだ。

つまりだ…試合に出ている部員も負けた瞬間に中間テストとなってしまうのだろう。別に優関東大会で優勝したところでテストがなくなるわけではないだろうが、「敗けたら即中間テスト」という状況は部員にとって大きな「敗けられない事情」であり、公にはできないが、そのことはモチベーションとなっていることだろう。
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ