FC2ブログ

社会人野球 各チームのドラフト候補筆頭は【南関東編】

社会人野球の各チームの中で、ドラフトでの指名に1番近い(と個人的に思っている)選手を紹介していきます。
1回目は南関東編です。

JFE東日本
今川優馬 外野手
昨年は新人の力で都市対抗を制したJFE東日本には、その大卒新人が今年はドラフト解禁年となるために、平山快・峯本・岡田とドラフト候補が目白押しだ。ただ中でも注目度がNo1といえるのは、アッパー気味のスイングが特徴のスラッガー今川である。今川は東海大四(現:東海大札幌)では控えであり、東海大北海道に進学しても2年目までリーグ戦出場はなし。しかし3年春に実力を開花させ、5番打者として全日本大学野球選手権4強入りを果たすと、4年春は打率.464(首位打者)に5本塁打、4年秋は打率.389に4本塁打と大爆発。昨年JFE東日本に入社すると、社会人日本代表との練習試合で3打席連続弾を放ち、都市対抗では強打の2番レフトとして打率.381の活躍で優勝に貢献し、若獅子賞を受賞。身体能力が高く、50㍍6.0秒の走力と強肩も兼ねそろえていて、今年からセンターにも挑戦している。大学時にドラフト指名漏れとなったがときは、北海道のリーグということで全国の舞台での実績が少ないことと、その独特なアッパースイングをスカウトが気にしたこともあったが、ここ2年でのフライボール革命言葉の流行とともにその理論も評価されはじめ、そして実際に社会人野球の舞台で十分すぎるほど通用したことが何よりである。もともと実力は折り紙付きであり、2年前のような障害もなくなっており、ドラフトでの上位指名も見えてくるのではないだろうか。
20190726JFE東日本 今川


Honda
小野大夏 投手
異色の経歴をもつポテンシャル十分な高卒3年目の右腕は、ドラフトでも人気が出そうである。健大高崎では主に捕手として活躍していた小野は、2年秋には背番号2をつけながら、関東大会の明秀日立戦ではマウンドにあがると143㌔をマークして、その名をとどろかせた。3年春のセンバツでは背番号10を背負い、リリーフとして3試合に登板を果たしている。実績は少ないものの145㌔の本格派右腕として、そのポテンシャルを高く評価されてHondaに入社すると、リリーフとして徐々に登板機会を増やしていくと、2年目となる昨年の日本選手権では三菱自動車岡崎戦で150㌔をマークし2回無失点の好投をみせた。投手としては150㌔をマークするストレートに、フォークボールを武器としていて、典型的な抑えタイプであるが、ここら辺がまた変化球の幅を広げる余地があるなどと伸びしろを感じさせていて、高卒3年目の21歳という若さもプロのスカウトにとっては非常に魅力的であろう。
20190511Honda 小野


日本通運
釘宮光希 投手
日本通運では、大学時代からの実績もあり、1年目から先発にリリーフにフル回転した釘宮が、いよいよ満を持してドラフトを迎えることになる。日大三では1年夏からマウンドに上がり、3年夏には3番エース兼センターとして活躍。立正大に進学すると、3年春には4勝敗けなし、防御率0.95という活躍で東都2部を制覇の立役者となり、1部に昇格した3年秋も4勝をあげる活躍をみせた。4年秋には先発にリリーフにフル回転して、3勝をあげ、さらには明治神宮大会を制覇。日本通運でも入社した春先から先発にリリーフに登板機会を重ね、都市対抗こそ初戦敗退で登板はなかったものの、日本選手権では2試合に先発して七十七銀行を8回無失点、三菱自動車岡崎を7回途中まで2失点に抑える好投をみせた。Max150㌔のストレートに加えて、130㌔を超える高速スライダーやSFFなどを操る実戦的な投手であり、先発もリリーフもこなせるという意味でもプロでも使い勝手がよく、指名が濃厚である。
20190511日本通運 釘宮


かずさマジック
山本晃希 投手
かずさマジックの山本は、Max155㌔というその数字、さらにその球威でいっても、社会人野球トップクラスである。熊毛南では2年秋にエースとしてベスト8入りを果たし、21世紀枠候補にも選出。3年夏にも公立校でありながら山口大会準Vという成績を残している。九州国際大では肩を痛めたこともあり、実績は少ないものの、その実力は折り紙付きで4年春には開幕投手を務めるなどして、春秋ともに2勝をあげた。かずさマジックではMax155㌔のストレートを中心にスライダー・カットボールを武器とした本格派右腕として1年目よりエースとして活躍し、都市対抗予選では4試合に先発して防御率1.29という好成績を収めるもチームは予選敗退。ただHondaの補強選手として、東京ドームのマウンドにあがると150㌔をマークして、2回2/3を無失点の好リリーフをみせた。今年も日本ハム(2軍)との練習試合では3回無失点とスカウトの前でのアピールに成功している。かずさマジックとっては久しぶりに現れたエースと呼べる投手であり、2年でチームを去ってしまうのは複雑なところであるが、プロを志望すればドラフト会議での指名は確実である。
20190715Honda 山本晃
※Hondaの補強選手として都市対抗に出場したときのものです


社会人野球が再開されれば、この4選手に注目してみてはいかがでしょうか?


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ