FC2ブログ

球団別に甲子園のスターを勝手にランキング【阪神編】

各球団に属する甲子園のスター達を勝手にランキング形式で紹介してきます。
7回目は阪神編です。

ランキングは、その他の実績などは関係なく、甲子園での活躍のみを基準として独断と偏見でつけているだけなので悪しからず…。


5位 福留孝介(PL学園)
名門のPL学園では2年春・3年春夏と3度も甲子園に出場。2年春には1個上のアンダーハンドのエース宇高(元近鉄)、1番大村(=元ロッテのサブロー)というチームにおいて2年生ながら4番打者出場し、ベスト4入りを果たす。3年春には初戦でバックスクリーンに3ランを放つも、福留と双璧をなす大会屈指の強打者澤井(元ロッテ)を擁する銚子商に打撃戦の末に敗退。3年夏には初戦の北海道工戦で満塁弾を含む2ホーマーをマークし、敗れた準々決勝の智弁学園戦でも3安打をマークして、この大会では15打数7安打2本塁打7打点という結果を残した。秋のドラフト会議では7球団から1位指名を受け、近鉄が交渉権を獲得するも、福留は入団拒否して日本生命に入社。日本生命ではアトランタ五輪の銀メダル獲得に貢献し、3年目のドラフト会議では憧れの立浪のいた中日に逆指名で入団。2002年・2006年には首位打者を獲得し、2008年からはメジャーでも活躍し、WBCにも日本代表として2回出場。2012年からは阪神に入団し、43歳となった今でも中軸を担うレジェンドである。


4位 井上広大(履正社)
3年春に履正社の4番として甲子園に初出場するも、初戦で星稜の奥川(ヤクルト)の前に4打数ノーヒット2三振、絶好のチャンスの場面では併殺と完璧なまでに抑えられて初戦敗退。ただ3年夏にも甲子園に出場すると、初戦で霞ヶ浦の鈴木(広島)から先制弾を放つと、3回戦の高岡商戦でも3ラン。準々決勝の関東一戦では4打点をあげ、準決勝でも明石商の好投手中森を攻略して決勝にコマを進めた。決勝は星稜との再戦となると、またもや奥川からは3三振を喫するも、第2打席には浮いたスライダーをとらえ逆転3ランホームランを放ち、星稜にリベンジを果たして優勝をはたした。井上自身はこの大会で打率.429、3本塁打、14打点という素晴らしい成績を収めた。ドラフト会議では阪神から2位指名を受けて入団。ルーキーイヤーとなる今年は2軍では主軸として起用されており、近い将来再び甲子園でホームランを放つ姿を多くのファンが期待している。
20190813履正社 井上


3位 高山俊(日大三)
2年春のセンバツには1番ライトとして出場し、チームはエース山崎(オリックス)の元で準優勝を果たすも、高山自身は打撃不振で途中からはスタメン落ちを経験した。3年春にはエース吉永(元JR東日本)、4番横尾(日本ハム)ら逸材の揃ったチームに1番ライトとして復帰を果たし、4試合で17打数9安打、持ち味の俊足で3ベースを3本放つ活躍をみせ、準決勝でも九州国際大付の三好(広島)から3安打を放つもチームは敗れベスト4止まり。5番ライトとして迎えた3年夏は、準決勝の関西戦で2ラン、八戸学院光星との決勝でも3ランを放ち、この大会通じてヒットを13本も放ち、打率.500、2本塁打、9打点という活躍で全国制覇に大きく貢献する。その後は明治大に進学して、東京六大学野球の通算安打記録を更新する131安打をマークして、ドラフト会議ではヤクルトとの競合、さらには真中監督の勘違いも経て、阪神にドラフト1位で入団。1年目から136安打を放ち新人王を獲得するも、その後は打率もなかなか上がらず、レギュラーに完全に定着はできていない。


2位 北條史也(八戸学院光星)
2年春から4季連続で甲子園に出場し、田村(ロッテ)とのコンビで3度の準優勝を果たした光星学院の主軸であったのが北條。2年夏には5番ショートを務め、打率.368、8打点の活躍で初の準優勝を経験。3年春からは4番打者を務め、打率.450に11打点、さらには4盗塁をマークする活躍を見せるも、決勝では大阪桐蔭の藤浪から2本の長打を放つも敗れ準優勝。3年夏には遊学館戦で甲子園初ホームランを放つと、準々決勝では松井(楽天)から2点タイムリーを放ち勝利すると、準決勝では2打席連続ホームランを放つ。この大会でも打率.450、4本塁打、10打点と好成績を残すも、決勝では大阪桐蔭の藤浪に完封されてしまい、3季連続での準優勝に終わった。ドラフト会議では阪神に2位指名されて入団すると、4年目には1軍で122試合に出場するなど鳥谷の後継者としてショート争いに参戦。今年は、同じ年で高校時代から青森でしのぎを削った木浪(青森山田高出身)とショートのレギュラーを制したいところだ。
20200730阪神 北條


1位 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)
2012年に大阪桐蔭のエースとして春夏連覇を成し遂げたのが藤浪。3年春のセンバツ初戦では、大谷(エンゼルス)率いる花巻東と対戦しバッター大谷には1発を浴びたものの、投手としては投げ勝って12奪三振2失点完投勝利をあげるスタートを切ると、準決勝では健大高崎から1失点完投勝利をあげ、決勝でも田村(ロッテ)・北條の八戸学院光星に12安打を浴びるものの3失点完投勝利でセンバツを制した。夏の甲子園では、初戦で木更津総合から14奪三振2失点完投勝利をあげると、準決勝では明徳義塾の岸(西武)に投げ勝って完封勝利、さらに決勝でも2試合連続完封勝利をあげて春夏連覇を達成。夏は登板した全試合で152㌔以上をマークし、36イニングえ3失点、153㌔と14奪三振は決勝戦では最多の記録をマークした。ドラフト会議では4球団競合の末に阪神に入団すると、高卒ながら1年目から10勝をあげ、3年連続で2桁勝利をマーク。しかし近年は制球難に陥り、また今年に限ってはコロナ感染、遅刻で2軍落ちと本来の実力を発揮できずにいる。
20200730阪神 藤浪



惜しくも5位に以内に入れなかったものの、他にも甲子園で活躍した中日の選手は以下の通り
・西純矢(創志学園)
・秋山拓巴(西条)
・川原陸(創成館)
・坂本誠志郎(履正社)
・長坂挙弥(健大高崎)
・藤田健斗(中京学院大中京)
・上本博紀(広陵)
・糸原健斗(開星)
・植田海(近江)
・俊介(広陵)
etc


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です。
阪神は近年若手投手がじゃんじゃん台頭して非常に羨ましいです。笑
そして去年のドラフトだけじゃなく、こうやって俯瞰すると大阪の名門、PL、履正社、大阪桐蔭をちゃんと獲得していますね。
横浜高校の及川君もプロになって復活の兆しが出てきたみたいですよ!

Re: No title

>ひがさん

阪神はどちらかというとドラフトは即戦力路線でしたが、昨年は甲子園で活躍した選手をはじめとして高校生を相次いで指名しましたね。
仰る通り及川もいい感じになったようで、投手に関してはここ近年は順調に育成できているようなので、井上・遠藤といった高校生野手もきちんと育成して欲しいところです。
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ