FC2ブログ

JFE東日本×JR東日本【オープン戦】

9/3 オープン戦
JFE東日本×JR東日本 @JR東日本柏グランド

試合経過

JR東日本の先発の伊藤、JFE東日本の上島の両先発の投手戦となった試合。まずは伊藤であるが初回を3者連続三振という素晴らしいスタートを切ると、2回には4番平山快に初ヒットを浴びるものの、続く峯本をショートゴロ併殺に打ち取ると、4回まで打者12人で片づける投球。ただ伊藤は高校時代からのライバルである平山(ともに同学年で横浜のエースが伊藤、東海大相模の4番が平山であった)だけは意識していたのか、5回には先頭の平山に四球を与え2打席連続で出塁を許してしまう。ただこれもまた2打席連続で5番峯本をショートゴロ併殺に仕留め、このまま伊藤の快投が続くのかと思いきや…ここで浜岡監督は伊藤→永谷に投手を交代し、永谷が6番岡田をセンターフライに打ち取り5回まで無失点。
20200903JR東日本 伊藤
5回途中まで1安打無失点の好投を見せたJR東日本の先発伊藤

対するJFE東日本の先発は上島。名前とは裏腹に昨年の途中から腕の位置をさげた186㎝大型右腕は、そこから繰り出す140㌔前後のストレートと、コントロール抜群のスライダーを中心とした投球。特にスライダーに関しては左打者のアウトコースからストライクに入るボールが有効で、あまり他の投手は使わないこともあり、JR東日本の打者も戸惑ったのか…この日2番に入った強打者の丸子は2三振であった。上島が打たれたヒットは3回の1本のみであり、こちらも伊藤と同様に快投をみせ、ラストとなった5回には3者連続三振をマークするなど、5回1安打無失点7奪三振という投球内容であった。
20200903JR東日本 上島
5回7奪三振無失点の好投をみせたJFE東日本の先発上島

0-0のまま進んだ試合は7回裏、JFE東日本はこの回から3番手として本田がマウンドに上がるが、線乙の丸子に四球を与えてしまうと、JR東日本は3番佐藤が送って1死2塁とチャンスを作る。ここで迎えた4番菅田は初球のインコースのボールをうまく振りぬくと打球はライト前へのタイムリーヒットとなり、JR東日本がついに均衡を破る。さらに本田は5番渡辺にも四球を与えてしまって降板すると、JR東日本は代わった本定からも代打の大城→7番金子と連打を放ち2点目をあげる。糸野は三振で2死となるも、9番吉澤の4球目にJFE東日本にバッテリーミスが飛びだし、JR東日本がこの回3点目をあげる。
20200903JR東日本 菅田1
先制タイムリーを放つJR東日本の4番菅田

JFE東日本は直後の8回表、この回先頭の峯本がヒットで出塁すると、2死から8番鳥巣が四球を選らんで2死1・2塁のチャンス。JFE東日本ここで代打に左の柿崎を送ると、JR東日本も投手を左腕の山田に交代する。柿崎は代わりっぱなの初球をたたくと、打球は1塁線を抜けていく2点タイムリー3ベース。一気に同点といきたいJFE東日本は1番中澤が四球を選ぶと、JR東日本はマウンドに6番手として河浦を送る。ここで迎えた2番中嶋の打球は三遊間寄りに飛ぶも、これをショート糸野がダイビングキャッチしてショートゴロでピンチを凌ぐ。
20200903JR東日本 柿崎
タイムリー3ベースを放つJFE東日本の代打柿崎

するとJR東日本は8回裏、1死から途中出場の服部が死球で出塁。3番佐藤は本定の初球の変化球を捉えると打球はライトフェンスを越える2ランホームランとなり、JR東日本が5-2とリードを広げる。
20200903JR東日本 佐藤
ダメ押しの2ラン放ったJR東日本の佐藤

最終回のJFE東日本は1死から4番平山がこの試合3回目の出塁となるライト前ヒットを放つと、続く峯本の打球はファーストベースにあたりコースが変わってライト線へ抜けるというラッキーな2ベースヒット。ただここで河浦は6番岡田をカットボールでサードゴロに打ち取ると、最後は7番内藤から空振りの三振を奪いゲームセット、中盤までの投手戦から、終盤一気に動いた試合は、JR東日本が5-3でJFE東日本を破った。

20200903JFE東日本×JR東日本
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


都市対抗予選を控えるJR東日本は、この試合でも1安打ピッチングをしていた伊藤を5回途中で代えるなど、本番を想定した継投を披露。その後も投手を回の途中でもどんどん代えていった。ただこの日はリリーフエースの西田と、同じく左のリリーフの山口裕はベンチ入りしておらず、投手を早めに繋いでいったせいで、最後は山田→河浦という高卒2年目の若い投手を投入せざるを得なかった。特に山田に関してはタイムリー3ベースを打たれ、さらにその後は四球で降板するなどまだ重要な場面でのリリーフとしては早いかな?という感じであった。それでも都市対抗予選を総力戦で戦うという浜岡監督の意気込みは見えた試合であった。
20200903JR東日本 河浦
JR東日本の継投の最後を締めた河浦

逆に昨年都市対抗を制覇したために、今年は予選免除のJFE東日本だが、こちらはこちらで大変だ。今年はコロナの影響で、
都市対抗予選が唯一の本気で戦える公式戦になるので、その予選がないJFE東日本は11月の都市対抗が今年最初の公式戦となる。今日のオープン戦でも選手起用は本番さながらであり、オープン戦からモチベーションを保とうとしていたが、やはり本気勝負の実戦とオープン戦では差があることだろうし難しいところだ。

そんなJFE東日本の連覇への命運を握っているのは2年目のクリーンアップトリオであろう。3番今川、4番平山快、5番峯本、6番岡田は昨年はルーキーながら都市対抗制覇に貢献した選手たち。この試合ではチーム全体が沈黙する中、今川が2ベース、平山快と峯本は2安打ずつと結果は残した。2年目となった今季は相手からのマークも厳しくなる中、また補強選手も使えないなか、チームの軸であるこの3人が結果が残せるかがチームを大きく左右することであろう。またこの3人はセカンド・ショート・センターと守備でもセンターラインを構成し、チームの中心となっている。もともとセカンドの峯本はともかく、サードだった平山快をショートに、レフトだった今川をセンターにコンバートとしている。特に東海大相模→東海大とずっとファーストorサードであった平山快のショートには驚いた。今年が2年目ということでドラフトイヤーともなる3人…平山快と今川のコンバートもドラフトを見据えてというところもあるだろう。3人にとっては最後となるかもしれない都市対抗で大暴れして、JFE東日本を連覇に導いて欲しいところだ。
20200903JFE東日本 平山快
今年からJFE東日本のショートを守る平山快


Pickup Player
菅田大介 JR東日本 外野手
~均衡を破ったのは一気に4番に登り詰めたルーキー~
6回まで0-0であった試合において、JR東日本の4番菅田が放った先制タイムリーは貴重なものであった。

菅田は京都共栄時代から高校通算20発の大型外野手として注目されており、京都学園大に進学すると、1年春からライトのレギュラーを獲得。1年春からいきなりちーぐ3位の打率.379をマークし、先輩の宮本(ヤクルト)・鈴木(パナソニック)・村上(巨人)らとともに全日本大学野球選手権で4強入り。その後もリーグ戦ではベストナイン4度、4年春には首位打者と輝かしい実績を残した。さらに2年秋からは186㎝左腕としてマウンドにも上がるようになり、ストレートは最速146㌔、4年春にはリーグ3位の防御率1.87をマーク。打者としての実績を評価する一方、まだ経験の少ない投手としてのポテンシャルも高く評価され、投打の両方でプロ注目の選手となった。

今年からJR東日本に入社した菅田であるが、14という背番号が物語っているように、当初は投手として期待されていた。ただ春先から外野手としての出場すると、打撃で結果を残し、レギュラー格に定着すると、丸子らの不調もあり、気づけば入社から半年も経たないうちに名門の4番に座るようになっていた。菅田の魅力はその長い腕を生かした長打力はもちろんのこと、柔らかさも兼ねそろえていて、この試合で7回に放った先制タイムリーも、腕をうまくたたんでインコースのボールをライト前に運んだものであった。4番打者として0-0のまま進んだ試合の均衡を破る一打であり、JR東日本打線はこれをきっかけに活気をとり戻し計5得点をあげたともいえる。そういう意味でも菅田のタイムリーは非常に貴重な一打であった。

守ってもこの試合ではレフトでスタメン出場し、途中からはファーストに回った。最近では外野の中心であるセンターとしての出場も多く、146㌔を投げる強肩に加えて、50㍍5.8秒という俊足も兼ねそろえていて、打撃以外にも能力が高い。打撃に関してもまだまだ伸びしろもありそうであり、走攻守揃った大型外野手として来年にはドラフト候補となることであろう。ただ今年も捕手であった柴田紘を投手にするなど積極的なコンバートでも知られるJR東日本なので、まだまだ投手の可能性、社会人野球での二刀流の可能性なども否定できない楽しみな選手である。
20200903JR東日本 菅田2
投手からJR東日本の4番に登り詰めた菅田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ