FC2ブログ

愛工大名電×愛産大三河【秋季愛知大会】

9/19 秋季愛知大会2回戦
愛工大名電×愛産大三河 @刈谷球場

試合経過

愛産大三河は1回裏、1番杉山がフルカウントからレフト前に運んで出塁すると、バッテリーミスとセカンドゴロの間に3塁まで進むみ、3番石原は肩付近に死球を受けて、1死1・3塁で4番渡邊を迎える。すると渡邊は4番ながら2球目にうまくスクイズを決めて、さらにファースト宮崎がエラー。引き続き1死1・3塁という場面で、5番山田のファーストゴロに対して3塁ランナーの山村(石原の臨時代走)はホームを狙い、タイミング的にはアウトかと思ってたが、ファースト宮崎の送球が逸れて(記録はフィルダースチョイスだが)しまいホームイン。愛産大三河が初回に、名電の守備の乱れにも漬け込んで2点を先制する。

愛産大三河は2回裏にも、1死から8番松原が田村のスライダーを捉えてライトフェンス直撃の2ベースで出塁。松原はボークで3塁に進塁すると、続く9番白瀬はフォークをライト前に弾き返して3点目をあげる。名電の倉野監督はここで調子の上がらない田村を早くも諦めて、2番手として野嵜をマウンドに送る。
20200919愛産大三河 白瀬
2回にタイムリーを放った愛産大三河の白瀬

名電打線は愛産大三河の左腕石原に対して毎回ヒットを放ちチャンスを作っていた。特に3回は四球、宮崎のレフト前ヒット、ショートエラーで満塁のチャンスを作り、6番三村はカウント3B1Sからの甘く入った球を強打するも、センター後方の打球を山田がナイスキャッチでピンチを凌ぐ。このように名電は4回までで3度先頭打者が出塁し、毎回得点圏にランナーを進めるも、石原の粘りの投球の前に無得点が続いていた。

ただ5回表、1死から3番田村がエラーで出塁すると、4番宮崎の打球はセンターに抜けて1死1・3塁のチャンスを作る。ここで迎えた5番有馬はこちらもカウント3B1Sからのボールを捉えるも、打球はライト正面のライトライナー。これが犠牲フライとなり、名電は初得点をあげるものの、どこかツキにも見放されて、この回も1点止まりとなってしまう。
20200919愛工大名電 有馬
愛工大名電の初得点となる犠飛を放った5番有馬

2回途中から登板した名電の野嵜は素晴らしい投球をみせていた。まるで巨人じゃなくてロッテの沢村を彷彿とさせるようなフォームから力のあるストレート、さらにはキレのあるスライダーやチェンジアップといった変化球を投げ込み、2回途中から6回まで打たれたヒットは1本のみの無失点投球。特に6回には死球とエラーでピンチを招くものの、ここで守備側タイムを経てギアをあげてたのか、最速となる143㌔をマークするなど投げ込むストレートはほぼ140㌔以上でこのピンチを凌いだ。
20200919愛工大名電 野嵜
2回途中から登板して好リリーフをみせた愛工大名電の野嵜

そんな素晴らしい投球をみせていた野嵜であるが、やはり打線がランナーを出しながらも点が取れないというチームの悪い流れに影響を受けてしまったのか…愛産大三河は7回裏に先頭の1番杉山が俊足でセンター前ヒットを2ベースにすると、2死3塁となってから4番渡邊がレフト線にタイムリー2ベースを放ち、貴重な追加点をあげる。さらに5番山田もセンター前タイムリーで続いて、名電はここで野嵜に代えて、3番手として寺嶋をマウンドに上げることとなる。
20200919愛産大三河 山田
愛産大三河の5点目となるタイムリーを放った山田

名電は最終回、1死から2番房野・3番田村が連打で1死1・2塁のチャンスを作る。ここで今日2安打の他にもいい当たりを放っていた4番宮崎に期待したいところであったが、宮崎はライトフライ。ただ5番有馬は死球で2死満塁として、ホームランが出れば同点というチャンスを作る。ただ愛産大三河のエース石原は最後まで落ち着いていて、6番三村をショートゴロに打ち取りゲームセット。石原は11安打を浴びながらも1失点完投勝利で、愛産大三河が5-1で愛工大名電を下した。


20200919愛工大名電×愛産大三河
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


この世代の愛工大名電は投手王国と言われている。1年夏からエースを務める左腕の田村を中心に、同じく1年夏から登板を重ねる寺嶋の2人を中心に、野嵜・平口といった投手が揃う。この試合では相手がシードの愛産大三河ということもあって、エース田村を先発のマウンドに送ったものの、田村は高めに浮く球も多く、また守備の乱れもあってどこか調子が上がらない状態であった。そんな田村に早くも2回で倉野監督は見切りをつけたわけだが、それができるのも他にいい投手がいるからであり、実際に野嵜はその後に素晴らしい投球をみせた。この日名電で登板した投手の最速でいうと、田村は139㌔、野嵜は143㌔、寺嶋は140㌔をマークしており、3人とも変化球もレベルが高く、ここでもう見られなくなってしまうのは残念すぎる限りである。
20200919愛工大名電 田村
先発するものの本来の投球ができなかった愛工大名電のエース田村

名電の敗因はやはり打線であったと思う。この試合では8回以外では毎回ヒットをマークしており、ヒット数は勝った愛産大三河を上回る11本。ただしあと1本が出ずに、残塁はなんと14、1得点のみという結果になってしまった。また勝負どころでいい打球が正面をついてしまったケースが多く、3回満塁での三村のセンターフライ、5回の有馬の犠牲フライ、7回の宮崎の併殺打あたりは、このうち1本でも少し打球は横にずれていれば、この試合の結果は変わっていただろう。そういう意味でも、この一言で済ませてしまうのはやや申し訳ないが、今日は名電にとってはツキがなかった試合ともいえる。

対照的に愛産大三河はヒットを効果的に得点に結びつけることができていて、放ったヒット8本のうち7本が得点に絡むヒットであった。特に事実上試合を決めることとなった8回の追加点の場面では、それまで野嵜の前に全くヒットが出ていなかった状態であるにもかからわず、久しぶりのチャンスで渡邊・山田・木林と見事に3連打をマークと、ここ1番での勝負強さが光った。ただそれと同時にこのチャンスを作った1番杉山の活躍も見事であり、巧みなバットコントロールで初回には田村の難しい球を流し打ってレフト前ヒットで、7回には右中間にヒットを放って俊足で2ベースとしていずれもチームの2得点の起点となtっていた。
20200919愛産大三河 杉山
愛産大三河の攻撃の起点となっていたリードオフマンの杉山


Pickup Player
石原和馬 愛産大三河 投手
~粘り強くピンチを凌いで強豪から1失点完投勝利~
愛産大三河のこの試合の勝利の立役者は、粘り強い投球で愛工大名電から1失点完投勝利をあげたエース左腕の石原であろう。

石原は愛産大三河に入学すると、1年夏からセンターのレギュラーを掴み、3年生の兄である石原剣太と右中間を組み、敗れたものの準々決勝では中京大中京の高橋相手に4安打の活躍をみせている。1年秋は3番センターを務める一方、1年生大会では本職である投手としても登板を果たしていた。2年秋の新チームではエースの座を獲得して、この愛工大名電との重要な1戦でも3番ピッチャーとして出場した。

石原は小柄な左腕でこの試合でもストレートの最速は128㌔であったものの、ゆったりとしたテイクバックとは裏腹に、リリースの瞬間には全身の力をボールに込めて投げてくるために投げっぷりの良さが際立った。変化球はスライダー、チェンジアップを操っており、全体としてコントロールも安定していた。そしてこの試合の石原の投球は何と言っても粘り強く、名電打線に11安打を浴びて、9イニング中8イニングで得点圏にランナーを背負ったものの、失ったのは1点のみ。初回にバッターとして死球を受けて倒れこむ場面などもあったものの、投球数が130球を超えた最終回でもストレートの威力が落ちることもなく(127㌔をマークしていた)、どんな場面でも自分の投球を続けられるのが1番の強みだと感じた。

結果として石原は9回を投げて、11本ものヒットを打たれたものの、失点は1点(それも自責点でない)のみであり、強豪の愛工大名電から見事に完投勝利をあげた。この試合では153球を投じたにも関わらず、翌日には今度は中京大中京との試合を控えるという過酷な状況であるが、今日の試合を見ていれば、明日も問題なく投げてくれそう…そんな予感すら感じさせる内容であった。

20200919愛産大三河 石原
粘りの投球で1失点完投勝利をあげた愛産大三河のエース石原



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です(^-^)

来春のセンバツで
https://hochi.news/articles/20200919-OHT1T50120.html

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/19/kiji/20200919s00001002330000c.html
観たかったんですが、残念です。阪口の方は今日の3位決定戦で勝てばまだ可能性ありますが☆


今年のドラフトネタだと
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e440ed5c11d8a9eed979c66e93f0d752a2af2ec
最大7球団1位競合なんて話も出てますね、まだ中京大中京の高橋がプロ志望届を出してないみたいですしφ(._.)メモメモ


あと、来年のドラフトネタで気になってる阪口・風間・小園・徳丸・前川・森木の6人以外で、新たにプロ注目のフレーズが出てきたとこでは
花咲徳栄・高安
旭川実・田中
水沢・伊藤
天理・達
中京大中京・畔柳
関東一・市川
愛工大名電・田村
東邦・知崎
報徳学園・森
帝京・安川
掛川西・沢山
県立岐阜商・高木
木更津総合・島田
武庫荘総合・斉藤
今日以降も新たに名前がまた出てくると思いますし、引き続き楽しみにしたいと思います♪

Re: タイトルなし

好投手さん

岐阜第一は勝ったようですが、逆に中京の小田は東海大会では見られないみたいで残念ですね…。

高橋はお兄さんも行っていた慶応大に行きたいって噂ですからね…
チームメイトの中山はすでに提出済なので、個人的にはもうないかなと思っています。

お疲れ様です、いつも返信ありがとうございます(^-^)

前回お伝えしたとこから新たなとこでは、
神戸国際大付の阪上
川口市立の原口
神戸弘陵の時沢
享栄の竹山
らからプロ注目のフレーズが出てきました。特に阪上なんかは見てみたいですし、享栄は他の投手陣もハイレベルみたいですね。
https://www.nikkansports.com/m/baseball/highschool/news/202009220000958_m.html

https://www.chunichi.co.jp/article/124886?rct=highschool

中京の小田は、昨夏の甲子園でのミニおかわり君みたいな印象が強く残ってるんですけど、ピッチャーもやるんですよね驚きましたよ(笑)
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ