FC2ブログ

東海大菅生×関東一【秋季東京大会】

11/14 秋季東京大会準決勝
東海大菅生×関東一 @神宮球場

試合経過

関東一は1回裏、1死から三浦が四球で出塁すると、2死2塁というチャンスで、今大会初めて4番に起用されたエース市川を迎える。市川は追い込まれてからのカットボールを捉打つと、打球はショートの横を抜けるセンター前へのタイムリーとなり関東一が先制する。

菅生は2回表、岩井・橋本の連打でチャンスを作ると、8番岩田の打球はライナーでセカンドの頭上を越えるセンター前のタイムリー。さらに9番本田もチェンジアップをうまくライト前に運び、2者が生還して菅生が3ー1と逆転に成功。菅生はさらに千田・小山もヒットを放つものの、ホームを狙った本田はレフト津原の好返球でアウトとなり追加点は奪えなかった。

関東一は3回裏、1死から立花が死球で出塁し、バントで送って2死2塁で3番初谷を迎える。初谷は変化球をうまくすくい上げると、高く上がってライトフェンスに直撃。ライト方向からの逆風さえなければ入っていたという、タイムリー3ベースとなると、続く4番市川が2打席連続のタイムリーを放ち、関東一が3ー3の同点に追いつく。
20201114関東一 市川1
2打席連続タイムリーを放った関東一の4番市川

関東一のエース市川は2回に6安打を浴びたものの、それ以降はあの6安打は何だったのか?というピッチング。ストレートは138㌔止まりであったが、スライダーが右バッターのアウトローのいいところに決まるなどコントロール抜群。チェンジアップも落差があり、時折100㌔台のカーブも交える変幻自斎な投球な投球で3回以降は菅生打線を封じていく。菅生は市川の前にランナーを出すこともできず、何と3~7回はパーフェクトに抑えられてしまう。
20201114関東一 市川2
3回から立ち直った関東一の市川は7回まで菅生打線をパーフェクトに抑える

ただ菅生のエース本田も同点に追いつかれた後は、粘りの投球をみせる。こちらはクロスステップからの角度のあるMax139㌔のストレートに加えて、変化球はカットボールを中心に、スライダー・カーブ、120㌔中盤で手元で鋭く落ちるチェンジアップ(?)と変化球も器用に操っていた。4回・5回はともに先頭打者に出塁を許すも、要所を締めて無失点で凌ぎ、関東一に逆転を許さない。試合は3-3の同点のまま終盤に突入する。
20201114東海大菅生 本田
同点に追いつかれた後勝ち越しは許さなかった東海大菅生のエース本田

菅生は8回表、1死から2番福原が四球を選んで、2回以来のランナーを出す。2死1塁から4番堀町がヒットで繋ぐと、DeNAの小池正晃コーチを父にもつ5番の1年生小池祐吏が、三遊間を破る値千金の勝ち越しタイムリー。さらにここで登場したのは、夏にはセカンドのレギュラーとして東京制覇に貢献し、この秋も背番号4を背負うものの、ここのところスタメンを外れていた山田。代打山田はカウント2B2Sからのストレートを捉えると、打球は前進していたレフトの頭上を越えるレフトオーバーの2点タイムリー2ベースを放ち、菅生が6-3とリードを奪う。
20201114東海大菅生 小池
勝ち越しのタイムリーを放つ東海大菅生の小池

菅生は7回から2番手として185㎝の1年生右腕鈴木が登板。準々決勝でもリリーフ登板して勝利投手となっていた鈴木は7回は関東一の攻撃を3者凡退で抑えていたものの、8回になると突如乱れ始める。1死から市川・鎌倉に連続四球を与えてしまうとピンチを招くと、関東一はここで今大会4番を打っていたものの、不調でこの試合ではスタメンを外れた井坪を代打に送る。井坪は決していい当たりではなかったものの、初球のスライダーをライト前に運ぶタイムリーを放つ。鈴木はさらに8番楠原にも四球を与えてしまい満塁となると、9番五十嵐には押し出しの死球を与えてしまい、関東地位が5-6と1点差に迫る。
20201114関東一 井坪
代打で出場して初球をライト前に運ぶ関東一の井坪

菅生は9回表に、先頭の岩田が四球で出塁すると、完璧なスタートで2盗を決めてチャンスメイク。鈴木のところで登場した代打藤井のライトフライでタッチアップして3塁へ進むと、1番千田のセンターへの犠牲フライでホームインして、菅生が貴重な追加点をあげる。

9回裏に菅生は、センターを守っていた千田が公式戦では初というマウンドにあがる。千田はストレートはMax138㌔をマークし、ランナーがいなくてもクイック気味のモーションで投げてくるために、タイミングが取りづらい。ただ先頭の三浦にはストレートの四球を与えてしまい、やや暗雲は立ち込めてしまったものの、2点差にも関わらず、3番初谷の打席で三浦が盗塁死してしまい助けられる。スライダーでストライクが取れるようになった千田は、このスライダーで好打者初谷から三振を奪う。あと1人となったが、4番市川の打球をサード小池が弾いてしまい(記録はヒット)、さらに続く鎌倉の打球も小池がエラー。関東一は1発が出れば逆転サヨナラという展開を作って、さきほどタイムリーを放っている、元4番井坪を迎える。井坪の打球はまたサードに飛び、菅生側はヒヤっとしただろうが、今度は小池がキャッチして、そのままサードベースを踏んでゲームセット。7-5で勝利した東海大菅生が、2年ぶりに決勝にコマを進めた。
20201114東海大菅生 千田
公式戦初登板ながら最終回を抑えた東海大菅生の千田


20201114関東一×東海大菅生
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


この試合で際立ったのは、東海大菅生の得点効率の良さだ。菅生打線がヒットを放ったのは2回と8回のみで、それ以外のイニングではノーヒット。ただ野球は流れのスポーツであるという言葉を体現するかのように、2回には5連打、8回には3連打をメークしてそれぞれ3得点。9回にもノーヒットで追加点をあげた。菅生打線は前チームの杉崎のように、いわゆる大物打者がいるわけではないが、このようにつながり点の取れる打線となっており、この試合でもマルチ安打を放った選手はいない一方、2番福原以外は先発が全員ヒットを放っている。相手チームからしてみれば、警戒のしどころが分からず、一気にやられてしまう…嫌な打線であろう。

東海大菅生が全員野球であったのに対し、逆に関東一は市川依存の戦いとなってしまった。エース市川はこの試合でも7失点をしながら完投したように、今大会では5試合全てで完投。打っても打率.471、打点8はチームトップであり、この試合では他の4番候補が軒並み不調なこともあり、ついに4番打者も任された。4番市川はタイムリー2本を含む3安打と見事に結果を残したものの、孤軍奮闘となってしまった。米澤監督はこの試合では、他にもスタメンを大幅に入れ替えており、準々決勝と同じだったのは3番ショート初谷のみ。この背景には、鎌倉・井坪・石見といったチームの中心として期待されていた打者が軒並み結果を出せておらず、メンバーを変えざるを得ないという事情もあった。ただ上記の3人を中心に選手個々の能力は高いチームなので、今回の敗戦を糧に是非とも春には市川に依存しないチームを作って欲しい。


Pickup Player
岩田一真 東海大菅生2年 ショート
~走攻守に渡り貢献度の高い活躍をみせた田中2世(?)~
打ってはタイムリーヒット、走っては2盗塁、守備でも好プレーをみせたショート岩田の活躍は派手さこそないものの見事であった。

岩田は愛知木曽川シニア→東海大菅生という、小山兄弟をはじめとする、もはやお決まりルートで東海大菅生に進学すると、1年秋から内野の控えとしてベンチ入りを果たし、2年夏の独自大会では中大杉並戦では1番ショートとしてスタメン出場を果たしている東京制覇を経験。今大会も岩田の背番号は16であったものの、初戦からずっと8番ショートとしてスタメン出場を果たしていた。

この試合でも8番ショートとして出場すると、まず守備でみせる。1回裏に先制を許し、なおも2死2塁というピンチで三遊間後方にあがったハーフライナーを、ジャンピングキャッチし倒れながら好捕。岩田は非常に俊敏な動きのできるショートであり、タイプとしては先輩の田中幹也を想像させるものはある(まだそこまでのレベルには達していないが)。打席では右手と左手を離してバットを持ってからバスター気味に打ちにいくのが特徴的であり、2回1死1・2塁で迎えた第1打席では、カウント0B2Sとされるものの、そこからストレートを力強く振り抜くと、打球はライナーでセカンドの頭上を抜ける同点タイムリーとなった。出塁した岩田は、次打者の初球に2盗を決めると、続く本田のライト前ヒットで生還してみせた。2・3打席目は倒れるものの、9回表の先頭打者として迎えた第4打席では四球で出塁。すると次打者の初球では完璧なスタートを切って、2盗を決めると、藤井のライトフライでタッチアップして3塁に進み、続く千田の犠牲フライでホームインし、菅生に貴重な追加点をもたらせた。この試合の岩田は3打数1安打1打点2盗塁という活躍であったが、数字以上に走攻守でチーム貢献度が大きかったといえる。

今大会では8番を打っている岩田であるが、なんでもできそうなバッティングをしており、今大会6盗塁をマークする走力もあるので、将来的には是非とも1・2番を打たせたい選手である。169㎝64㎏という小柄な内野手ではあるものの、菅生には田中幹也(亜大)という素晴らしいお手本がいる。上述した通りまだ田中のレベルには達していないものの、タイプとしては非常に似ていて、同じような素晴らしいプレーも要所では見せているので、本格的に「田中2世」となるべく頑張って欲しい。

20201114東海大菅生 岩田1

20201114東海大菅生 岩田2
走攻守での活躍をみせた東海大菅生のショート岩田



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

秋季地区大会も東海大菅生の優勝で全地区が終了し、センバツ出場校も大方見えてきました。
私イチオシの岐阜第一の阪口は来春は厳しそうですが
https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/baseball/hs_other/2020/11/09/___split_125/

先月行われたドラフトに戻りますと、育成で指名されてた
岡本(米子東)
笠島(敦賀気比)
宇田川と佐野(仙台大)
辺りも入団するみたいで。

ドラフトの指名順だけでみてみますと
投 高橋(中京大中京)
捕 牧原(日大藤沢)
一 山下(東海大相模)
二 度会が指名漏れ
三 小深田(履正社)
遊 中山(中京大中京)
外 元(中京)
外 笹川(横浜商)
外 来田(明石商)
って感じの2020年高校生ベストナインってなりますが、ぶるーたすさん的にはどんな面子が思い浮かびましたか?

志望届を出さなかった
篠木(木更津総合)
佐々木(県岐阜商)
横山(作新学院)
らの進路も気になります。

Re: タイトルなし

>好投手さん

個人的にはドラフトの順位と高校野球で活躍したかは別だと思っているので…

大会が少なくて難しいですが、2020年の高校生ベストナインなら、こんな↓感じですかね?

投手:高橋(中京大中京)
捕手:印出(中京大中京)
一塁:山村(東海大相模)
二塁:池田(履正社)
三塁:小深田(履正社)
遊撃:中山(中京大中京)
外野:鵜沼(東海大相模)、奥野(明徳義塾)、西村(中京大中京)
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ