FC2ブログ

二松学舎大付×日大三【秋季東京大会】

11/14 秋季東京大会準決勝
二松学舎大付×日大三 @神宮球場

試合経過

二松学舎は3回表、2死から2番栗島がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く3番瀬谷の打球はレフト線への長打となる。レフト山岡が処理にややもたついたこともあり、二松学舎はやや強引に栗島をホームに突入させるものの、さらに日大三の中継ミスもあってホームインし、二松学舎が先制する。
20201114二松学舎付 瀬谷
先制タイムリーを放った二松学舎付の3番瀬谷

日大三は4回裏、先頭の2番齋藤が死球で出塁すると、3番井坪が送って、さらにパスボールで1死3塁というチャンスを作る。ここで不調の山岡に代わって、この試合から4番に昇格した林は、きっちりとライトに犠牲フライを放ち、日大三がノーヒットで1-1の同点に追いつく。
20201114日大三 林
この試合4番に昇格し、同点犠飛を放った日大三の林

二松学舎のエース秋山は、1点こそ失ったものの、その後も日大三打線にヒットを許さない素晴らしいピッチング。スライダー・チェンジアップといった変化球もあるものの、投球の大半はストレートという投球。このMax140㌔の力強いストレートを、インコース・アウトコースに投げ分け、まさに日大三打線に付け入る隙を与えない投球をみせていた。
20201114二松学舎付 秋山
日大三にヒットを許さない見事な投球をみせた二松学舎付のエース秋山

日大三の宇山は、ストレートは130㌔前後であるが、右バッターのインコースに決めることができていて、スライダー・チェンジアップといった変化球も落差が大きい好左腕である。しかしこの試合では四死球が多く、秋山とは対照的にランナーを背負うことが多く、二松学舎のブルペンでは誰も練習していないのに対し、日大三のブルペンは慌ただしく岡村や矢後が練習をしていた。特に6回表には、宇山はなんと3連続四球を与えてしまい、無死満塁のピンチを招く。しかしここで吹っ切れたのか、7番鎌田を三振に仕留めると、8番秋山にはこの試合最速となる135㌔をマークして追い込むと、最後は外の変化球に秋山がなんとかバットを出して当てるも、これがピッチャーゴロ併殺という、二松学舎にとっては最悪な結果となってしまう。このように宇山も粘りのピッチングで得点を与えず、試合は1-1のまま終盤に入っていく。
20201114日大三 宇山
ランナーを出しながらも粘りの投球をみせた日大三の宇山

秋山の勢いは衰えることなく、7回には日大三から3者連続三振を奪って、ノーヒットピッチングを継続。球場ではノーヒット1ランという言葉も囁かれるようになってきていた。しかしそんな状況を打破したのは、バッター宇山であり、8回1死からチーム初ヒットなるセンター前を放つ。星のセカンドゴロで2死2塁となると、2番齋藤はインコースの140㌔のストレートを見事にレフト前に運ぶタイムリーを放ち日大三が勝ち越し。これで秋山もやや緊張の糸が切れたのか、日大三は3番井坪、4番林と連打を放ち、さらにもう1点を追加して3-1とリードを広げる。
20201114日大三 齋藤
勝ち越しタイムリーを放ち、さらには3点目のホームを踏んでガッツポーズの日大三の齋藤

後がなくなった二松学舎だが9回表、先頭の7番鎌田のライト線の打球は、ライト井坪が処理を誤ったこともあり、3ベースとなる。8番秋山は四球を選んで無死1・3塁と1発が出れば逆転サヨナラという場面で、市原監督は今大会の初戦で実際に逆転サヨナラ3ランを放っている柴田を代打に送る。ただ柴田の2球目は、ワイルドピッチとなり鎌田が生還。1点を追い無死2塁となったところで、今後は柴田に代えて、バントの代打として成澤を打席に送る。ただこの成澤がバントに失敗して三振してしまい、これで流れは日大三に戻ったかと思いきや、1番永見に対して、宇山はワイルドピッチにストレートの四球と再び制球を乱してしまう。今大会ここまでほぼ宇山で勝ってきた日大三であるが、この状況には小倉監督もさすがに見ていられず、1死1・3塁という場面で今大会初登板となる背番号1の岡村をマウンドに送る。岡村は勢いよく2番栗島を2球で追い込むと、前の試合ではバントを3個決めている栗島に対して市原監督はカウント1B2Sからスクイズのサインを出すも、球威に抑えるような形でキャッチャーファールフライとなってしまう。岡村は3番瀬谷も2球で追い込むと、最後はカーブでセカンドフライに打ち取ってゲームセット。日大三が3-2で逃げ切り、決勝進出を決めた。


20201114二松学舎大付×日大三
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


前の試合の観戦記にも書いたが、日大三の新チームは打てない。今大会でいえば、相手のレベルが上がった3回戦以降は、小山台戦は1得点、準々決勝では6得点をあげたものの7安打のみ。この試合も8回1死まで、二松学舎のエース左腕秋山にノーヒットに抑えられるなど、以前の強打の日大三とはほど遠いのが現状だ。それでも8回に初ヒットを放つと、そこから8回だけで4安打を放って試合を決めるという勝負強さを発揮したあたりは、さすがの日大三というところ。ディフェンス面ではこの試合でもノーエラーであり、ここまで投手陣を支えてきた宇山に加えて、背番号1の岡村がこの試合では復帰して見事なリリーフ。「守備の日大三」が秋の東京No1、さらにはセンバツ出場をかけて、翌日の決勝に臨む。

二松学舎付は、打線が追加点をあげられずに、素晴らしい投球をみせていたエース秋山を援護することができなかった。相手の宇山は7四死球と決して調子がよくはなく、日大三に比べればチャンスというチャンスはかなり多かったものの、あと1本を出すことができなかった。また今大会では2度も9回で逆転しているチームだけに、最終回は期待ができたが、送りバントのために代打の代打で成澤を起用したのに送れず…前の試合ではバントを3個決めた栗島はスクイズ失敗と最終回ではバントができなかったのが痛く、完全に流れを逸してしまった。


Pickup Player
岡村海琉 日大三2年 投手
~遅れてきた背番号1が見事な火消し~
1点ビハインドの最終回、1死1・3塁という場面で今大会初登板を果たした岡村が、見事な火消しでチームを勝利に導いた。

岡村は日大三では1年秋から、背番号10の控え左腕としてベンチ入り。背番号11でベンチ入りした同じ左腕の宇山と、新チームでのエース争いを制して、この2年秋には背番号1を手にしていた。ただケガなどもあって出遅れている間に、宇山が実質上のエースとしてチームを牽引。岡村は3回戦あたりからは投げられる状態だったというが、3回戦・準々決勝と宇山が2試合連続で完投勝利をあげていた。

この準決勝も先発は背番号10の宇山であり、岡村はブルペンスタートとなった。ただこの試合での宇山は調子がいいとはいえず、岡村はブルペンで練習を繰り返しており、宇山が6回には3連続四球で無死満塁のピンチを招いた際には、ブウペンでの支度を終えて、ベンチ脇ですぐにいけるようにキャッチボールをしている状態であった。ただ小倉監督としては、この接戦で、背番号1とはいえ、ケガ明けで今大会初登板となる岡村をマウンドに上げるという決断はなかなかできなかったようで、また宇山もピンチは招くものの何とか切り抜けるという投球を続けていた。

ただし9回には3ベースを打たれた後に、ワイルドピッチに2四球とまたもや宇山が乱れたことで、小倉監督はやむを得ず、1点ビハインドの最終回、1死1・3塁という荷が重すぎるだろう場面で、岡村を今大会初のマウンドに送った。ところが岡村はまるで水を得た魚のように、ストレートを投げ込み、スピードはMax135㌔をマーク。岡村は能見(阪神)のように、腕の振りが体に吸い付くように近いところを通るフォームで、打者から見ると腕の軌道が非常に見づらいので打者は球速以上の球威を感じたことだろう。2番栗島はストレート2球で簡単に追い込まれてしまうと、1球ボールを挟んでから、最後はスクイズを決行するも、球威に押される形でキャッチャーフライとなる。続く3番瀬谷も2球で追い込むと、最後はカーブで泳がせてセカンドフライに打ち取りゲームを締めた。

宇山が降板した時点で日大三にとっては、リードはしていたものの絶体絶命といっても過言でないほどのピンチであった。ただ背番号1を背負いながらも、ここまで登板できなかった鬱憤を晴らすような見事な投球で、火消し役を果たした。これで日大三の左腕2枚看板が揃い、決勝ではこれまで通りで宇山が連投するのか、あるいは今日の内容を踏まえて岡村が今大会初先発のマウンドに上がるのか…楽しみである。

20201114日大三 岡村
最終回のピンチで今大会初登板を果たし、見事な火消しをみせた日大三の背番号1岡村



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ