FC2ブログ

日大三×東海大菅生【秋季東京大会】

11/15 秋季東京大会決勝
日大三×東海大菅生 @神宮球場

試合経過

勝てばセンバツ出場が確定する秋季東京大会の決勝は、日大三×東海大菅生という西東京の強豪同士の戦いとなった。菅生は前日に続いてエース本田が先発したのに対し、日大三は前日に最終回のピンチを凌ぐ好リリーフをみせた背番号1の岡村が今大会初の先発マウンドに上がった。

ただ岡村に関していえば、先発とリリーフの違いもあるのだろうが、前日に比べるとストレートの勢いはない。そんな岡村に対して、菅生は1回裏に先頭の千田がレフト前ヒットで出塁すると、2番福原が送って、2死3塁で迎えた4番堀町が、カウント2B0Sから高めに甘く入ったストレートをレフト前に運んで先制する。2回裏にも先頭の山田が死球で出塁して、盗塁でチャンスを広げると、9番のエース本田の打球は前進守備のレフト頭上を越えていくタイムリー。日大三はここで早くも岡村を諦め、準決勝までの5試合中4試合に先発していた左腕の宇山をマウンドに送る。
20201115東海大菅生 堀町
先制タイムリーを放った東海大菅生の4番堀町

対する菅生のエース本田は、クロスステップからの角度のあるストレートに、カットボール・スライダー・チェンジアップを交えた投球で日大三打線を翻弄。前日の試合でも二松学舎付の秋山の前に8回までヒットが出なかった日大三打線は、この試合でも4回までノーヒットであった。ただ5回表には、先頭の井坪が四球で出塁すると、鎌田が送って作ったチャンスで、8番安田がレフト線へチーム初ヒットとなるタイムリー2ベースを放ち1点を返す。ただ結果として日大三が本田から放ったヒットはこの1本のみであった。
20201115日大三 安田
日大三の初ヒットとなるタイムリーを放った安田

ただ日大三の宇山も、前日に146球を投じているにも関わらず、大きく曲がるスライダーやチェンジアップを駆使した投球で、ランナーは出すものの3~6回の4イニングは菅生打線に追加点を許さず、試合は菅生が2-1とリードしたまま終盤に突入する。
20201115日大三 宇山
今日はリリーフとしてマウンドに上がった日大三の宇山

7回裏、菅生は先頭の岩田がライト前ヒットで出塁すると、ここでエース本田のところで、準決勝までファーストのスタメンで出ていた岩井を代打に送る。岩井は死球で、さらに2番福原がライト前ヒットを放ち1死満塁のチャンスを作ると、3番小山の2球目が日大三バッテリーがワイルドピッチとなり、岩田がホームイン。3番小山の打球はファーストゴロとなり、ホームは完全にアウトのタイミングであったが、なぜかファーストの林は最初ホームでなく1塁ベースを踏もうとし、そこからまわりの指示で慌ててホームに送球しようとするもボールは完全に引っ掛かり1塁ファールグランドへの大暴騰となり2者が生還。さらに5番小池もレフトにタイムリーを放ち、菅生が6-1とリードを広げる。
20201115東海大菅生 小池
6点目となるタイムリーを放つ東海大菅生の5番小池

菅生の8回のマウンドには1年生の185㎝右腕の鈴木が上がる。前日の準決勝では、押し出しを含む4四死球と制球に苦しんだ鈴木であったが、この試合では本来の投球を取り戻し130㌔後半のストレートと得意のスライダーのコンビネーションで8回を無失点に抑える。9回には前日同様にセンターから千田がマウンドに上がり、前日同様にサード小池がエラーしてヒヤっとする場面もあったが、こちらも日大三の攻撃を無得点に抑えてゲームセット。東海大菅生が6-1で勝利し、秋の東京を制した。
20201115東海大菅生 優勝
優勝を決めた東海大菅生ナイン


20201115日大三×東海大菅生
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


夏には東西の決戦も制した東海大菅生が、この秋季大会も制して、夏秋続けて東京の頂点に立った。夏の大会は3年生のみで臨むチームもあった一方、若林監督は学年に関係なくフルメンバーで臨んでいた。この試合でいえば、千田・福原・堀町・山田・本田の5人は夏の大会からのレギュラーであり、他のチームに比べて経験値が高かったことは、この秋を制することができた大きな要因であるといえる。これに2年前にチームを牽引した小山翔暉の弟である小山凌暉、DeNAの小池コーチを父に持つ小池祐吏、185㎝右腕の鈴木といった有望な1年生も台頭して、本当に戦力の整ったチームとなっていた。

これには菅生には近年、中学生球界でもトップクラスの逸材が入学してきていることもある。エース本田はWBSC U-15ワールドカップ日本代表であり、小松加賀リトルシニアから菅生に入学。また福原は2年生のときに、すでにこのU15日本代表に選出された逸材で、このときにバッテリーを組んでいた1個上の本田の誘いを受けて、沖縄の安仁屋ヤングスピリッツから入学している。もともと地元東京や神奈川に加えて、愛知からの有力選手が多い菅生であったが、石川や沖縄といったところからも有力選手が集まるようになっている。
20201115東海大菅生 福原
U15日本代表からのバッテリーである本田と福原

ちなみにこの時のU15日本代表には、日大三の齋藤も名を連ねていて、この試合では2018年のU15バッテリーと、ショートのレギュラーであった齋藤の対決も実現。2打席目には本田が見事に齋藤を見逃しの三振に仕留めるも、菅生バッテリーが過剰に意識したのか、それ以外の打席は全て四死球。菅生がこの試合で与えた四死球が4個のうち3個が齋藤という結果であった。
20201115日大三 齋藤
U15日本代表では菅生バッテリーとチームメイトであった日大三の齋藤

日大三にしてみればセンバツが遠のく痛い敗北である。東京2位の日大三は、関東5枠目の(おそらく)東海大相模と比較されることになるが、打っては2安打のみ、最終的には5点差をつけられたという結果はかなりのマイナス材料だ。後者でいえば、やはり痛かったのが7回の4失点。点の取られ方もバッテリーミスに、ファーストの林が判断ミスの上に焦って暴投ととても残念であった。日大三はこの秋は打てなくても、守備には非常に定評があり、この試合でもショート鎌田がレフト線のフライを後方に走りながらダイビングキャッチ、センター星が左中間に抜けようかという大飛球をダイビングキャッチ、セカンド齋藤が1・2塁間抜けようというゴロをダイビングキャッチでアウトにするなど、超高校級といえるファインプレーもあった。それだけに要所で出てしまったエラーは本当に残念であり、素晴らしい守備力があっても、(ちゃんと見ていない)高野連はこれで日大三は守備が悪いと判断してしまう可能性もある。


Pickup Player
本田峻也 東海大菅生2年 投手
~連投も苦にせず見事1安打ピッチング~
準決勝に続いての連投となった菅生のエース本田がであるが、そんなことは苦にせずに7回1安打1失点という見事なピッチングをみせた。

本田といえば、打者から見れば背中が見えるほど体をひねってから、クロスステップという特徴的なフォームの左腕であり、小松加賀シニア時代からジャイアンツカップに出場し、BSC U-15ワールドカップ日本代表にも名を連ねた。東海大菅生では1年秋からベンチ入りを果たすと、2年夏の独自大会では背番号14ながら、3試合で先発を果たすなど投手陣の中心的存在として、日東京を制すると、帝京との東西対抗戦も制して東京No1に輝いた。

第1シードとして迎えたこの秋季大会では背番号1を背負い、本格的にエースとして臨んだ本田は、2回戦で5回コールドながら目黒日大を完封すると、3回戦では桜美林相手に7回2失点、準々決勝では日大二相手に8回途中1失点、準決勝では関東一相手に6回3失点と全試合で安定した投球をみせており、連投となるこの決勝戦でも先発のマウンドに上がった。

本田はこの試合でもクロスステップからの角度のあるストレートを、内外に投げ分けていた。スピードは143㌔が出たと報道されているが、これはファールであったために微妙であり、またこれを除けば今日の本田のストレートは130㌔中盤が多くMaxは139㌔となる。準々決勝では142㌔もマークしていたが、今回の143㌔は個人的には対象外とするべきだと考えている。変化球は120㌔後半のカットボールが最大の武器であり、これに120㌔前後のスライダー、さらには120㌔後半をマークする高速チェンジアップも魅力であり、これらも器用に操っている。どうもフォームとクロスファイヤーが注目されがちだが、コントロール・変化球・テンポの良さを含めて総合力の高さが売りの投手である。

本田に対して日大三打線は淡々と打ち取られていき、なかなかヒットが出ず、スライダーやカットボールを決め球として三振も多く奪えていた。5回には四球で出したランナーを2塁に背負うと、安田に初ヒットとなるタイムリーを浴びてしまうも、結果的に本田が日大三打線に浴びたヒットはこれだけ。7回を投げ切ったところで代打を送られてリリーフ陣にマウンドを託すことになったものの
、7回を投げて1安打1失点7奪三振という素晴らしい内容であった。個人的な意見としては、準決勝でリリーフ陣が制球を乱していることもあり、何でここで本田を代えたのかが不思議でしょうがなかった。

素晴らしい投手ではあるが、東海大菅生の進学方針もあるし、高卒というよりは大学経由でプロという選手かとは思う。ただこれほどのクロスファイヤーはプロでもなかなかおらず、プロでも対左としてはかなり早い時期から使える選手かもしれない。冬場に球速が上がり、事実上の出場が決まったセンバツで評価をあげることができ、上位指名候補に入ってくる可能性もあるだろう。

20201115東海大菅生 本田
7回1安打1失点と素晴らしい投球をみせた東海大菅生の本田


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ