FC2ブログ

明徳義塾×仙台育英【選抜高校野球大会】

3/19 選抜高校野球大会1回戦
明徳義塾×仙台育英 @阪神甲子園球場

試合経過

昨秋の四国大会を制した明徳義塾と、東北大会を制した仙台育英という高校野球界では実績十分な名門同士の対決。明徳義塾はエース代木が、仙台育英は新2年生の古川とともに左腕の先発で試合は始まった。

2回裏、仙台育英は1死から5番秋山が放った打球は三遊間へのゴロとなり、明徳義塾のショート米崎はこれを捕ってジャンピングスローするも、俊足の秋山が勝って1塁は余裕でセーフ。さらに米崎の送球が逸れてしまい、カバーもあたふたする間に秋山は2塁へ進塁する。続く6番遠藤は2球目のカットボールをうまくレフト前に運び秋山が生還。スタメンに抜擢された背番号15の2年生のタイムリーで仙台育英が先制する。
20210319仙台育英 遠藤
先制タイムリーを放った仙台育英の遠藤

仙台育英の先発古川は3回まで四球を1個与えただけで、それ以外はパーフェクトという投球。しかし4回表、明徳義塾は1死から3番森松が四球で出塁すると、4番高松はチーム初ヒットとなるライト前ヒットを放ち、1死1・3塁のチャンスを作る。古川は5番加藤をアウトコースのストレートで三振を奪ったところで、仙台育英の須江監督はここでマウンドにエース伊藤を送る。ピッチャーであるために打順は6番だが、本来は中軸を打てるほどの打力をもっている代木という場面をエースに託したのだが、伊藤はその期待に見事に応え、代木から三振を奪ってピンチを脱する。

仙台育英のエース伊藤は、秋よりも足を高くあげて躍動感のあるフォームとなって、ストレートの威力が増していて、この試合では自己最速にあと1㌔と迫る146㌔をマークし、ストレートはほぼほぼ140㌔をオーバーしていた。これにカットボール、スライダー、カーブ、SFFといった変化球も織り交ぜ、早いテンポでどんどんボールを投げこんでいった。今日の投球内容であれば、プロのスカウトもニンマリといったところであろう。そんな伊藤から明徳打線はなかなかヒットを打つことができずに、試合は1-0のまま進んでいく。
20210319仙台育英 伊藤
リリーフとして登板した仙台育英のエース伊藤

対する仙台育英打線は、中盤以降は毎回のように得点圏にランナーを進める。ただ6回は1死満塁から6番島貫(今大会の選手宣誓)がファーストゴロホームゲッツー、7回には2死1・2塁から3番八巻の当たりをレフト前方の当たりを高松がダイビングキャッチ、8回にはバントのファールフライをサード梅原がダイビングキャッチ、キャッチャー加藤が3盗塁を刺すなどしてバックも代木を盛り上げ、追加点を与えないない。
20210319明徳義塾 加藤
この試合では2個の盗塁を刺すなどしてエース代木を盛り立てた明徳義塾のキャッチャー加藤

代木はMax139㌔のストレートに、ストレートにかなり近い120㌔後半のカットボール、さらには120㌔前後のスライダーを駆使したピッチング。コントロールもよく、与えた四球は2個のみでいずれも、浅野・遠藤とこの試合で当たっている打者との勝負を避けたものであった。入学当時から139㌔左腕として騒がれた代木だが、昨年のエースの新地のように投球術に長けた左腕に成長しており、結局この試合も仙台育英を1点に抑えて完投した。
20210319明徳義塾 代木
1失点で最後まで投げ切った明徳義塾のエース代木

ただ明徳打線は最後まで伊藤から得点はおろか、ヒットすら打つことができず…。仙台育英の古川→伊藤のリレーの前に1安打完封を許してしまい、仙台育英が1-0で明徳義塾を破った。


20210319明徳義塾×仙台育英
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


明徳義塾のショートは1年夏からレギュラーとして甲子園を経験して、現在はチームの主将も務める米崎でそのショート守備は全国でのトップクラスである。2回の秋山の打球は三遊間のゴロに対して、米崎はこれをメジャーリーガーのようなジャンピングスローをした結果、ファーストが取れずに、秋山は2塁まで進んでしまい、続く遠藤のタイムリーで生還したので、ここで2塁まで行っていなければ…という場面であった。ただいくら強肩の米崎といえど、あれはもう内野安打確定という当たりであり、送球自体が余計であり、さらにファーストも抑えることに集中すれば止められた送球、さらにカバーに入ったキャッチャー加藤もタイミングがずれて後逸してしまうという3つのミスが絡んでいた。試合の後半は素晴らしい守備を連発した明徳義塾だけに、このようならしくないミスが決勝点に繋がってしまったことは悔しいだろう。
20210319明徳義塾 米崎
明徳義塾の主将でショート米崎

ただスコアが1-0であっても、仙台育英と明徳義塾の実力差は顕著であった。仙台育英が10本なのに、明徳義塾が1本というヒット数が物語っているように、1点しか取れなかった仙台育英と、1点が取れる気配がしなかった明徳義塾である。馬淵監督も完敗を認めており、夏に向けては打線を強化していかないと、高知の森木は打って甲子園とはいかなくなるだろう。

またこのチームは、高校野球の新旧スタイルの対決でもあった。仙台育英の須江監督は投手の分業制を強く意識していて、この試合でも昨秋と同じくエース伊藤でなく古川を先発にして、伊藤はリリーフとした。その継投のタイミングも結果的には完璧であり、最初であるが最大であったピンチで伊藤を投入しており、結果的に2人で1安打完封と最高の結果を残して見せた。一方明徳義塾は昨秋もエース代木が1人で四国大会を投げ切るなど、未だに先発完投型が強く残っており、この試合でも代木が完投。この試合に限って言えば、そのスタイルが間違っていたとは言えないが、上記の1-0以上の実力差を埋めるためには、新しいスタンダードに転換していく必要があるのかもしれない。


Pickup Player
古川翼 仙台育英 新2年 投手
~初の甲子園で先発の役割をしっかりと果たす~
仙台育英の先発のマウンドに立った古川は、3回2/3を無失点としっかりとその役割を果たしてみせた。

仙台育英の付属である秀光中出身の古川は、中学2年のときに1個上の伊藤・木村らとともに全中準Vを達成。そのまま仙台育英に進学すると、1年秋には公式戦に4試合登板して、計10イニングで失点0という活躍をみせた。特に東北大会準決勝など重要な試合では古川が先発を任され、序盤を抑えて中盤以降はエース伊藤に代わるという形が多かった。

今年もそのパターンのごとく、この重要なセンバツ初戦でも先発のマウンドに上がった古川。上述の通り全国の舞台は中学事態から経験しているからか、初の甲子園のマウンドでも落ち着いており、3回までは明徳打線にヒットを許さないピッチング。Max140㌔をマークしたストレートをコントロールよくテンポよく投げこんでいく。変化球は130㌔前後の2チームと、110㌔後半のスライダーをよく使っており、時折100㌔ちょっとのカーブも投げていた。4回には四球→初ヒットで1死1・3塁と初めてピンチをつくってしまったものの、ここで5番加藤をアウトコースのストレートで三振に仕留めて2死としたところで、エース伊藤と交代になった。伊藤がこのピンチを凌いでくれたので、この試合の古川は3回2/3無失点ということとなり、見事に先発の役割を果たしたといえる。

この試合のピッチングをみえても、まだ新2年生ということを忘れてしまうくらいの完成度の高い投手である古川。仙台育英は投手の分業制+1個上にエース伊藤がいるために、このような起用方法となっているが、来年は高校野球界を代表するエース左腕となっているだろう。

20210319仙台育英 古川
先発して4回途中まで無失点の好投をみせた仙台育英の古川



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ