FC2ブログ

花咲徳栄✕春日部共栄【春季埼玉大会】

5/1 春季埼玉大会準々決勝
花咲徳栄✕春日部共栄 @上尾市民球場

試合経過

花咲徳栄は松田、春日部共栄は高橋と両エースの先発で始まった試合。1回表、花咲徳栄は1しから2番飛川が内野安打で出塁すると、プロ注目の3番浜岡は四球。2死1・2塁で迎えた5番味谷はレフト前にタイムリーヒットを放って花咲徳栄が先制。ただ春日部共栄は1回裏、2死から3番山口が四球で出塁して、ワイルドピッチで2塁へ進むと、4番石﨑が低めの変化球をうまく捉えてセンター前に運び同点。両チームともに初回は左打ちの強打の捕手のタイムリーで1点ずつを取り合う。
20210501花咲徳栄 味谷
花咲徳栄の先制タイムリーを放つ味谷
20210503春日部共栄 石﨑
難しい低めの球をタイムリーにした春日部共栄の4番石﨑

花咲徳栄は2回表に、ショートエラーと死球で1・2塁とすると、2番飛川にも痛恨の四球を与えてしまい、満塁で3番浜岡を迎えることとなる。それでも春日部共栄のエース高橋は、浜岡をセカンドゴロに打ち取ったと思いきや…セカンドからの送球をファーストがエラーしてしまい、花咲徳栄が2点を勝ち越す。

3回表にも花咲徳栄は、四球と鹿野のヒットで1死1・2塁のチャンスを作ると、8番松田の強烈なレフト前ヒットの打球はレフトのグラブを弾き2者が生還。さらに9番秋山がレフトオーバーの2ベース、1番川腰もセンター前に運び、3者連続タイムリーヒットでこの回に4点を追加し、リードを7-1に広げる。

勢いの止まらない徳栄打線は4回表、味谷のヒットと四球で1・2塁とすると、8番松田が1・2塁間を破るタイムリー。続く9番秋山のセンターへのライナーに対して、春日部共栄のセンターが足を滑らせてしまい(記録は2ベース)、2者が生還すると1番川腰・2番飛川もタイムリーで続いて、この回も5点を追加する。
20210501花咲徳栄 松田2
2打席連続タイムリーとバットでもチームに貢献した花咲徳栄のエース松田

花咲徳栄のエース松田は、力のあるストレートとスライダーを軸に、初回に石﨑に浴びたタイムリーヒット以外は春日部共栄打線にヒットを許さないピッチングで4回1失点。5回は2番手としてサイドスローの堀越が締めて、花咲徳栄が12ー1(5回コールド)で大勝して準決勝進出を決めた。
20210501花咲徳栄 堀越
最終回を締めた花咲徳栄の2番手堀越


20210501花咲徳栄✕春日部共栄
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


敗れた春日部共栄にしてみれば、いくら相手が花咲徳栄であろうと、この5回コールドは屈辱的であったことだろう。エース左腕の高橋は、スピードがあるタイムではないが、ストレートとスライダーを丁寧に投げる投手で、そんなに大崩れするというタイプではなさそうであった。点差がついてしまった1つの原因は守備にあると思われ、2回には内野の2個のエラーが絡んで、ノーヒットで2点を失って勝ち越しを許してしまったことが痛かった。この日の上尾市民球場は風が強く、外野手がフライを取れずにヒットにしてしまうケースも何回か見られた。夏までに守備は鍛えなおす必要があるだろう。
20210503春日部共栄 高橋
春日部共栄のエース左腕の高橋

というように春日部共栄の守備の乱れはあったものの、それでもどこからでも点のとれる花咲徳栄打線は強力であった。その象徴が下位打線であり、8番松田・9番秋山・1番川腰の3人で3・4回と連続で3者連続タイムリーヒット。8番松田はピッチャーながら180㎝85㎏という体格だけあって打球のスピードは際立っていたし、9番セカンドというポジションながら秋山は185㎝あり南稜戦ではホームランを含む5打点をあげている。本当にどこからでも点のとれる打線で、この試合でノーヒットだったのは徳栄打線でNo1のはずの3番浜岡(警戒されて四球が2個あったこともあり)という意外なこともあった。これで3試合で5回コールド勝ち、計46得点を叩き出しており、花咲徳栄打線の破壊力は抜群である。
20210501花咲徳栄 秋山
身長185㎝の花咲徳栄の9番セカンド秋山


Pickup Player
松田和真 花咲徳栄3年 投手
~投打に活躍した花咲徳栄のエース~
投げては4回1安打1失点、打ってもタイムリー2本と花咲徳栄のエース松田が投打で躍動した。

ファイターズJrのメンバーでもあり、十勝帯広シニアでプレーしており当時から138㌔をマークする本格派右腕として注目されていた。転機となったのはU15日本代表のセレクションであり、代表には選ばれなかったものの、ここで花咲徳栄の関係者の目に止まり、北海道から埼玉の花咲徳栄の進学した。1年夏には142㌔をマークするまでに成長するも、花咲徳栄の厚い選手層もあり、ようやくベンチ入りを果たしたのは2年秋であった。ただ2年秋は本調子でなかったこともあり背番号11で、一部のリリーフ登板にとどまった。それでも180㎝85㎏という体格でポテンシャルは十分であり、この春は背番号1を獲得。南稜戦、叡明戦ではともに先発のマウンドにあがり3回無失点と好投をみせており、この試合でも前日の叡明戦に続いて先発のマウンドに上がった。

松田の魅力は何といっても、力強いストレートであり、上尾市民球場ではスピード表示はなかったので分からないが、140㌔は越えていたと思われる。変化球はおそらくスライダーのみで、このストレートとのコンビネーションでの投球となった。初回には2死から四球を与えてしまいピンチを招くと、4番石﨑にはタイムリーを浴びたものの、これは追い込んでからの低めのボール球のスライダーであり、打った石﨑を褒めるべきものであった。そして2回以降は春日部共栄打線にヒットを許さずに4回まで投げ切った。チームがこの日も大量リードしていたこともあり、5回の攻撃では代打を送られたため、4回1安打1失点3奪三振という結果であった。

打撃面でも8番打者ながら、180㎝85㎏という体格を生かしたパワフルな打撃が目立ち、2打席目には強烈なレフト前ヒットを放ち、この打球はなんとレフトのグラブを弾いた(レフト村田のグラブがとれた)ほどであった。続く第3打席では今度は器用に1・2塁間を抜く2打席連続タイムリーを放ち、3打数2安打3打点という活躍であった。十勝帯広シニアでも4番を打ち、前日の叡明戦でもホームランを放っており、打者としても十分に期待できる選手である。

ストレートは自己最速は144㌔らしいが、松田の体格・フォームを見ているともって出るような気もする。タイプ的には花咲徳栄の先発である清水(中日)に近いところがあり、清水も期待されながら本格的に活躍したのは3年時のみであった。松田も同じように、この春そして夏に、そのポテンシャルを開花させていくことができれば、スカウトも黙っていないレベルになれる投手であろう。

20210501花咲徳栄 松田1
投げては4回1安打1失点の好投をみせた花咲徳栄のエース松田


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ