fc2ブログ

夏の甲子園出場校を予想【東海編】

夏の甲子園の代表校予想を始めていきたいと思います。
3回目は【東海編】です。

【静岡】掛川西
春の東海大会を制した掛川西は、左腕の沢山が計28回無失点、144㌔右腕であり打っても主軸の榊原の2枚看板を擁しており投手力は静岡随一。秋春と静岡大会を連覇した藤枝明誠は、エース左腕の小林を筆頭に非常に安定した戦いぶりが目立つ。秋春ともに上位進出は果たせていないものの、静岡は実力者が揃っており、エースの高須は192㎝から145㌔のストレートを投げ込むプロ注目の右腕である。この3強の戦いとなるが、藤枝明誠✕静岡が準決勝で当たり、掛川西は反対の山ということで投手力が
1番充実している点も含めて掛川西を優勝と予想したい。他には昨年のセンバツ出場を決めていた加藤学園は、植田・佐野・雨宮と攻撃陣に有力選手が残っており、投手力がUPすれば優勝争いに食い込んでくるだろう。


【愛知】愛工大名電
今年も私学4強がそれぞれ強力投手陣を擁しハイレベルな戦いが予想される。春の愛知大会を制した愛工大名電は1年春からエースを務める左腕田村に加えて、野嵜・寺嶋と140㌔後半をマークする2人の右腕もおり、打線にも宮崎・田村・利光らパワーのある選手が揃っている。享栄も152㌔右腕の肥田を筆頭に、竹山・菊田と140㌔後半をマークする右腕トリオがおり、春は東海大会準Vを達成している。センバツ4強の中京大中京は、エース畔柳の復調次第。東邦はエースの143㌔左腕の知崎に、内野手も兼ねる2年生の三浦がおり、鈴木・上田・金森ら攻撃陣も強力だ。正直この4チームならどこが優勝してもおかしくなく、またどこが優勝しても甲子園で十分に戦えるチームだが、あえていうなら愛工大名電が投打に安定していて優勝に近いかと思われる。
20200919愛工大名電 田村
愛工大名電のエース左腕の田村


【岐阜】県岐阜商
鍛治舎監督が就任してから選手も集まり復活してきた県岐阜商は、エース左腕の野崎、140㌔後半をマークする松野を中心に投手陣が豊富であり、打線もプロ注目の4番捕手高木を中心にハイレベルであり、岐阜の大本命といえる。秋春ともに東海大会に出場した岐阜第一は、こちらもプロ注目の二刀流の阪口がチームを牽引している。春は投打においてやや物足りなさを感じたが、大谷を彷彿とさせる選手であり、本領を発揮すればチームを一気に甲子園に導く可能性もある。中京は1年夏の甲子園で主軸として活躍した小田がエースとしても安定した投球をみせており、優勝候補にあげたかったが、まさかの初戦敗退となってしまった。
20210323県岐阜商 高木
県岐阜商のプロ注目の捕手高木



【三重】三重
今年の三重は非常に混戦であるが、秋の王者の三重は、春は初戦敗退だったものの、エース堀田と、走攻守揃ったプロ注目のショート品川を欠いていたこともあり、本来の実力が発揮できれば本命となり得る。三重を春に破った津商業は、1年秋から活躍するエース出口の投球の完成度が高い。春準Vの津田学園は、145㌔右腕のエース窪田に注目。他にも第1シードの海星や、秋準V・春4強の成績を残した松阪商らにも十分にチャンスはある。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ