fc2ブログ

木曽青峰✕松商学園【選手権長野大会】

7/10 選手権長野大会3回戦
木曽青峰✕松商学園 @松本市民球場

試合経過

木曽青峰のエース奈良は、スライダーやフォーク(?)といった変化球も交えて丁寧な投球を展開。特に左バッターが上位に4人並ぶ松商打線に対して、アウトコースの際どいところにボールがコントロールできており、1・2回はランナーを出しながらも松商の攻撃を無得点に抑える。
20210710木曽青峰 奈良
丁寧な投球が光った木曽青峰の先発奈良

ただ3回裏、そのコントロールにやや狂いが生じたのか、吉水・間中と2個の四球を与えてします。さらに松商は、木曽青峰の1年生捕手の野中にを、機動力で攻め立て、吉水と間中がそれぞれ盗塁を決めて2・3塁とする。3番織茂の打球は、ファーストのすぐ横であったが、球足の早い打球にファーストが対応出来ずに、そのままライトに抜けていき2点タイムリーとなった。松商は4回裏にも瀧川がヒットからチャンスを作ると、吉水にタイムリーが飛び出し3点目をあげる。

5回裏には先頭の間中がセカンドエラーで出塁すると、織茂のヒットで1・3塁としてから、4番齋藤がライト線に2点タイムリー2ベース。さらに5番野田も二遊間を破るタイムリーを放ち、この回3点目。6回にも同じく間中が四球で出塁すると、織茂・齋藤の連打で1点を追加して、7ー0とする。
20210710松商学園 齋藤
2点タイムリー2ベースを放った松商学園の4番齊藤

松商の先発は、背番号10の2年生左腕栗原。栗原のストレートはMax140㌔ほどは出ていたらしいが、それ以上にノビのある球であった。変化球はスライダー・チェンジアップなどを投げていたが、6回までで奪った三振10個は(自分の集計によれば)何と全てストレートによるもの。打たれたヒットも2本のみの、6回無失点という投球で、来年にはドラフト候補と呼べる投手であると感じた。
20210710松商学園 栗原
6回10奪三振無失点の好投を見せた松商学園の栗原

松商学園は7回表には背番号18の今井がマウンドに上がる。秋までは4番も打つなど外野手として活躍していたが、強肩を買われて投手に挑戦。その後はケガもあり、今大会では背番号18となってしまったが、Max145㌔を誇る右腕として注目されている。今井は先頭打者にセンター前に弾き返されると、さらに四球とヒットでいきなり無死満塁のピンチを背負ってしまうも、ここから本領を発揮して連続三振を奪い2アウト。最後の打者もライトフライに打ち取り、7回7点差となったためにゲームセット。松商学園が7-0(7回コールド)で木曽青峰から勝利をおさめた。
20210710松商学園 今井
無死満塁のピンチを招くも最終回を無失点に抑えた松商学園の今井


20210710木曽青峰✕松商学園
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

春の長野大会を制した松商学園が順調に3回戦を突破した。まだ大会の序盤ということもあってか、春季大会では打率6割を超えた忠地、1年夏からショートのレギュラーを務める熊谷の2人はケガの影響もあってか、この試合では出場はなかった。にも拘わらず、クリーンアップを務めた織茂・齋藤・野田の3人はともに猛打賞の活躍で打線を牽引した。ここに忠地・熊谷が加わることができれば、さらに強力な打線となって楽しみである。投手陣も事実上のエース格である栗原はさすがの投球をみせ、今井もまだまだであるがストレートは143㌔をマークしていたらしく、復活に向けてまずまずの投球であった。背番号1の渡邉と栗原の2人で先発をして、後ろに速球派の今井が控えるという布陣が完成すれば、こちらも心強い。現段階でも長野の本命といえるが、投打において完全体になれば、甲子園がさらに近づくことだろう。



Pickup Player
織茂秀喜 松商学園3年 外野手
~4打数4安打の活躍で打線を牽引~
松商学園の3番織茂は、もうバットが止まらないという状態で、先制タイムリーを含む4安打の活躍で打線を牽引した。

織茂は2年秋には2番センターとして活躍していが、フォームが固まり打力が増すと。3年春から3番打者を務めており、北信越大会でも関根学園戦・敦賀気比戦でそれぞれタイムリーを放つ活躍をみせていた。この夏は背番号9をつけている織茂であるが、3安打の活躍をみせた初戦の伊那北戦に続いて、この試合では3番センターとしてスタメン出場を果たしている。

第1打席では奈良のスライダーにうまく合わせて、三遊間を破るヒット。チーム無得点の中、1死2・3塁第2打席ではストレートを強打すると打球はほぼファースト横のゴロであったが、スピードの速い打球をファーストが捕ることができずに2者が生還する先制の2点タイムリーとなった。第3打席でも強烈な打球で1・2塁間を抜いてチャンスを広げると、第4打席では初球をレフト前に持ってった。

結局この試合の織茂は4打数4安打という活躍であったが、際立ったのはうまさと強さを兼ね備えている打撃だ。レフトに放ったヒット2本は逆らわずに技術で持っていったヒットであり、ライト方向に放ったヒット2本はいずれも強打しており、打球速度の速さも際立っていた。センターの守備では、守備位置取りがよくいったと思った打球を正面で捕球することもあり、中学時代は上田南シニアで投手を務めていたこともあり、肩もよさそうな選手で、今後の活躍が楽しみである。

20210710松商学園 織茂
打撃好調で先制タイムリーを含む4打数4安打の活躍をみせた松商学園の織茂



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ