fc2ブログ

浦和学院×春日部共栄【選手権埼玉大会】

7/25 選手権埼玉大会準決勝
浦和学院×春日部共栄 @県営大宮球場

試合経過

埼玉大会準決勝の第1試合は、浦和学院×春日部共栄という順当に勝ち上がった強豪どうしの対決となった。

春日部共栄は1回裏、先頭の増田がレフト前ヒットで出塁すると、2番長谷川が送ってチャンスを広げ、4番石﨑は三遊間を破るタイムリーヒットを放ち先制する。春日部共栄打線は2回にも島崎が2ベースを放ち、3回にも山口叶・石﨑の連打でチャンスを作るなど、浦和学院の先発のエース宮城を攻め立てる。宮城は何とか2回・3回は無失点で凌いだものの、森監督は宮城を3回で早くも諦め、4回からはショートを守っていた金田をマウンドに送るという決断を下す。
20210725春日部共栄 石﨑
先制タイムリーを放った春日部共栄の4番石﨑

春日部共栄のエース高橋は、ストレートは130㌔ちょっとながらも、スライダー・カーブ・チェンジアップといった変化球を駆使した投球が持ち味の左腕。この変化球がボールになりすぎず、バットが出てしまういい高さに決まっており、2回まで浦和学院の攻撃を6人で片づけ。3・4回もピンチを招くも要所を締め、序盤は春日部共栄ペースで試合が進む。
20210725春日部共栄 高橋
春日部共栄の先発のエース高橋

無得点に抑えられていた浦和学院だが5回表、マウンドは降りたもののセンターに回っていた宮城が、この試合2本目となるヒットで出塁すると、9番が八谷送って、1死2塁で上位打線に回す。1番吉田匠はセンターフライに倒れるものの、2番金田はセカンドの横をセンターに抜けるヒットを放ち、宮城が生還して浦和学院が1-1の同点に追いついて、試合は前半戦を終える。
20210725浦和学院 宮城
打撃では3安打を放ち攻撃の起点となった浦和学院の宮城

浦和学院は7回表、この回先頭の宮城が3安打目となるヒットで出塁すると、5回と同じように八谷がバントをすると、この打球がキャッチャー石﨑の手につかずオールセーフ。1番吉田匠が送って1死2・3塁となったところで、金田が前進守備を破るセンター前タイムリーを放つという、5回と同じような得点パターンで2点を勝ち越す。さらに4番吉田瑞のレフト線への2ベースと四球で満塁とすると、6番高松がセンター前にタイムリーを放ち2点を追加して、スコアを5-1とする。
20210725浦和学院 高松
追加点となる2点タイムリーを放った浦和学院の高松

浦和学院は9回表にも、4番吉田が2打席連続となるレフト線への2ベースを放ち出塁。5番藤井のセンター後方への大飛球であたったが、これを春日部共栄のセンター川合がフェンス際でスライディングキャッチ。捕ったことが非常に確認しづらい打球であったが、吉田は一気に3塁を回りホームイン。春日部共栄のタッチアップをちゃんとしていなかったのでは?というアピールも届かずにホームインが認められ、浦和学院が6-1とリードを広げる。

4回から浦和学院のマウンドに上がった金田は、ゆったりとしたサイド気味のフォームから、内外にコントロールよくボールを投げこみ、春日部共栄打線を寄せ付けない投球をみせる。気づけば9回までで春日部共栄打線が金田から放ったヒットは内野安打1本のみと完全に抑えられてしまい、浦和学院が6-1で勝利して決勝進出を決めた


20210725浦和学院×春日部共栄
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

春日部共栄は準々決勝まででチームとしてはノーエラーであり、ショート増田を中心によく守備が鍛えられていた。春季大会では守備が崩壊して花咲徳栄に1-12でコールド負けしているだけに、そこから見事に鍛えてきたといえる。この試合でも9回にセンター川合が、後方のフライをフェンス際でスライディングキャッチするなど守備力の高さは見受けられた。ただその一方で6回にはファースト吉村が今大会初となるエラーを記録していまうと、7回には送りバントを処理した際にキャッチー石﨑の手にボールがつかずにオールセーフとしてしまい、この回4失点に繋がってしまった。エース高橋は丁寧な投球で完投しただけに、守備がも少しカバーすることができれば、浦和学院に対して勝機があったことだろう。
20210725春日部共栄 増田
春日部共栄の守備の要のショート増田

今年の浦和学院投手陣の事情はやや特殊で、リリーフでマウンドに上がる主な投手が、スタメンで野手として出場している二刀流であることだ。浦和学院ほどの選手層があれば、リリーフは背番号10や11をつけた投手専任の選手がベンチから出てくるのが常であるが、現在のチームではショートの金田やセカンドの吉田匠がリリーフの筆頭となる。本来ではエース宮城との2枚看板として期待されている146㌔右腕の三奈木(ライトの兼任)もいるが、事情は詳しく知らないが今大会は野手に専念のようである。そんな投手事情なので継投が難しいところだが、この試合では3回で早くもエース宮城を諦めて、4回から金田を登板させたことがチームにとっては勝利への大きなターニングポイントとなっており、ここはさすが森士監督という起用であった。
20210725浦和学院 三奈木
146㌔右腕として期待されるも今大会は野手に専念しそうな浦和学院の三奈木


Pickup Player
金田優太 浦和学院2年 投手兼ショート
~好リリーフに同点打・決勝打の大活躍~
ショートとしてスタメン出場し、4回からマウンドに上がり、打っては同点打に決勝打と、この試合の浦和学院はまさに金田様様であった。

中学時代にはBFA U-15アジア選手権日本代表でも投手兼内野手として活躍していた金田は、浦和学院に進学すると、2年春には主に9番ファーストとして活躍し、打率.364の活躍で埼玉大会優勝、関東大会4強入りに貢献。この2年夏は背番号は3のままであるが、主にショートを守り、初戦の聖望学園戦ではリリーフとしてマウンドに上がっている。

この試合でも2番ショートとしてスタメン出場した金田であったが、先発の宮城が初回に失点し、以降もピンチを招く投球をみせると、4回裏からはマウンドに上がった。金田はゆったりとしたサイド気味のフォームが特徴の投手で、そこから繰り出すストレートはコントロール抜群であり、球速差の大きいカーブとのコンビネーションを武器とする投手だ。3回まで5安打と元気であった春日部共栄打線はこの金田の投球術の前にテンポよく打ち取られてしまい、ヒットすら出ない状況であった。

打者として非常に器用な打席を見せる選手であり、1・2打席目は内野ゴロに打ち取られていたが、2死3塁で迎えた第3打席では高橋の変化球にうまく合わせると打球はセカンドの横を抜ける同点のタイムリーヒットとなった。さらに7回表の1死2・3塁という場面で迎えた第4打席では同じようにセカンドの横を破る2点タイムリーを放ち、この一打で浦和学院は3-1と逆転に成功した。

投球面では7回裏の先頭打者に初ヒットとなる内野安打を許すものの、後続は打ち取り無失点。8回の1死1塁という場面ではこの試合2安打の春日部共栄の4番石﨑を迎えたものの、左打者の石﨑のインコース、本当に体のすれすれにストレートを投げこんで三振に打ち取った場面は痺れるものがった。結局このまま最後まで投げ切り、投手としては6回1安打無失点、打っても同点タイムリーに決勝タイムリーという5打数2安打3打点の活躍であった。

投手兼ショートということですでに浦和学院の中心選手となりつつある金田。見た目はまだ細身な選手であるが、走攻守さらには投においてセンスがあって器用であり、まだ2年生ということを踏まえれば、今後パワーがついてくれば非常に楽しみな選手である。

20210725浦和学院 金田2

20210725浦和学院 金田1

投げてはリリーフで6回無失点、打っては同点打と決勝打のタイムリー2本の活躍をみせた浦和学院の金田



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ