fc2ブログ

国学院久我山✕日大三【秋季東京大会】

11/6 秋季東京大会準決勝
国学院久我山✕日大三 @神宮球場

試合経過

優勝すればセンバツ出場が決まる秋季東京大会準決勝は、国学院久我山✕日大三という西東京勢どうしの対決。今年の夏の西東京大会でもこの2チームは対戦しており、そのときは国学院久我山が勝利しております。

1回表、国学院久我山は1番齊藤が1・2塁間を破るヒットで出塁すると、日大三のエース矢後は立ち上がりストレートでストライクが取れず2番木津は四球で、3番上田が送って1死2・3塁のチャンスを作る。矢後はここで変化球中心の投球に切り替え、4番成田からはスライダー3球で三振を奪い、5番下川邊に対しても変化球を4球続けるも三遊間を破られてしまい、齋藤・木津が生還して国学院久我山が2点を先制する。

国学院久我山の先発の背番号19の左腕渡邊も立ち上がりはコントロールが安定せず、先頭の大川にストレートの四球を与えてしまうと、自らのバント処理の送球が暴投となり、さらにワイルドピッチも絡んで無死2・3塁のピンチを招いてしまう。日大三は3番冨塚の犠牲フライで1点をあげるも、4番浅倉の打球はサード正面のライナーになってしまうなどして、初回は1点止まりとなってしまう。

2回表、国学院久我山は先頭の大野が死球で出塁すると、8番橋本の高く跳ねたピッチャーゴロは打球が太陽と被って矢後が捕球できずに内野安打となり、渡邊が送って1死2・3塁のチャンスを作る。すると1番齊藤はセカンド強襲のタイムリー、2番木津はスクイズを決めて、3番上田も二遊間を破るタイムリーを放ち3点を追加。日大三のエース矢後をこの回でKOする。
20211106日大三 矢後
まさかの2回KOとなってしまった日大三のエース矢後

2回途中から登板した日大三の2番手の安田は、2回のピンチを凌ぎ、3回も国学院久我山の攻撃を3人で抑える。ただ4回に先頭打者のピッチャー渡邊に四球を与えてしまったのが痛く、これでリズムを崩してしまったようで、1番齊藤に早くも猛打賞となるヒットを浴びてチャンスを広げられると、2番木津にはライト線に2点タイムリーを浴びてしまい、さらに3番上田の打球もショート強襲のタイムリーとなって、国学院久我山が4回にも3点を追加して8-1とリードを広げる。
20211106国学院久我山 木津
ライト線へ2点タイムリー2ベースを放つ国学院久我山の木津

渡邊は2回以降は、制球を極端に乱すこともなくなり、落ち着いてきた。180㎝80㎏という体格の左腕は、ストレートはMax134㌔をマークしており、110㌔台のスライダーとのコンビネーションで、日大三打線は当たりとしては悪くないものの、外野手の守備位置もよくて正面をついてしまう打球も多く、渡邊からヒットが出ないという状態が続いていた。
20211106国学院久我山 渡邊
好投をみせた国学院久我山の先発渡邊

しかし4回裏、やっと飛び出したチーム初ヒットは、4番浅倉のライトスタンド中段にまで飛ぶホームランを放つ。さらに5番金澤はサードゴロも俊足を飛ばして内野安打として、反撃ムードが高まる。ただその金澤が左腕渡邊に牽制で刺されてしまい、そのムードも下がり、結局反撃は1点のみとなってしまう。
20211106日大三 浅倉
ホームランを放った日大三の4番浅倉

すると5回表、先頭の大野が四球で出塁して、バントと内野安打で1死1・3塁のチャンスを作ると、1番齊藤がこの試合4安打目となる左中間への2点タイムリー3ベースを放つ。齋藤はサードエラーで生還して、さらにランナーを溜めた国学院久我山は5番下川邊がレフト線に2点タイムリー2ベース。日大三は安田→河村に投手をスイッチするも、6番吉川がセンター前にタイムリーを放ち、結局この回打者一巡の猛攻で6点を追加し、スコアを14ー2とする。
20211106国学院久我山 下川邊
レフト線へ2点タイムリー2ベースを放つ国学院久我山の下川邊

3点を取らないとコールドとなってしまう日大三の5回裏の攻撃は、2個の死球と大川のヒットで満塁のチャンスを作り、3番冨塚がこの試合2本目の犠牲フライを放つ。さらに前の打席でホームランを放っている4番浅倉という場面であったが、最後は渡邊が全球スライダーで浅倉から三振を奪ってゲームセット。打線が活発だった国学院久我山が14ー3(5回コールド)で日大三を下し、決勝進出を決めた。


20211106国学院久我山✕日大三
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


夏の西東京大会準決勝の再戦となった試合は、国学院久我山が日大三を見事なまでに返り討ちにした。その西東京大会準Vのチームから、セカンド上田・ショート下川邊・センター齋藤と、センターラインが残って守備は安定しており、またこの3人は打撃面でも(3人合わせて)10安打9打点という活躍でチームを牽引した。前チームではエース高橋がほぼ1人で投げ抜いており、投手陣は不安要素であったが、この試合では背番号19の左腕渡邊が打線の大量援護もあって3失点完投。センバツ出場をかけた翌日の決勝に、今大会エース格としての働きをみせている成田(この試合は4番ファーストで出場)を温存できたのは非常に大きい。
20211106国学院久我山 上田
国学院久我山の前チームからのレギュラーでこの試合でも2本のタイムリーを放った上田

一方の日大三にしてみれば、5回コールドでの敗戦というのはショックだろう。その原因は間違いなく投手陣であり、チームの絶対的エースである矢後はストレートでストライクがとれずに2回で降板というのは大誤算では済まないほどの痛手であった。矢後以外の投手陣は、安田が1回戦で先発したものの、それ以外は全く登板がなく、安田も経験不足を露呈する形で4回には崩れてしまった。それでも小倉監督は安田を引っ張るしかなかったという点に、投手事情の苦しさが感じられた。さらに守備陣も足を引っ張ってしまい、記録上のエラーはサード冨塚のものだけだが、他にもセカンド強襲ヒットになっている当たりなど、日大三ほどのレベルであれば捕って欲しいという打球もあった。今年のチームは冨塚・浅倉・川崎をはじめとして打線の力はあるだけに、春に向けてしっかりとディフェンス面を鍛えていきたいところだ。
20211106日大三 針金
日大三の投手陣再建の切り札として期待した190㎝左腕の針金


Pickup Player
齋藤誠賢 国学院久我山2年 外野手
~巧みなバットコントロールで4安打を放ったリードオフマン~
国学院久我山の1番齋藤が、その巧みなバットコントロールで4安打3打点の活躍で、5回までに14得点をあげた打線を牽引した。

齊藤は東葉ボーイズでは、海老根(現在の大阪桐蔭の4番)らとともに活躍し、リードオフマンとしてボーイズ春季全国大会、ボーイズ選手権大会の優勝に貢献し、鶴岡一人記念大会東日本ブロックの選抜メンバーにも選ばれた。国学院久我山では1年秋からセンターのレギュラーを獲得し、2年夏には2番センターとして西東京大会準Vを達成。2年秋の新チームからは1番打者を務め、今大会でも、日野台戦・帝京戦と2試合連続で猛打賞をマークする活躍をみせていた。

この試合も1番打者としてスタメン出場した齋藤は、まず第1打席ではカウント2B0Sから134㌔のストレートを捉えると、強烈な打球は1・2塁間を抜けていき、初回の2得点の起点となった。2回の第2打席は1死2・3塁という場面で、齋藤が強打した打球は全人守備のセカンドのグラブを弾くタイムリーとなった。第3打席では今度は逆後方向にうまく打って三遊間を破るヒットを放つと。1死1・3塁で迎えた第4打席では変化球を捉え左中間を破る2点タイムリー3ベースを放った。結局この試合で齋藤は4打数4安打3打点と大暴れであった。センターを務める守備でも、その俊足もさることながら、守備位置が秀逸で左中間に抜けたかと思った当たりをいとも簡単に捕球するなどして投手を盛り立てた。

バットコントロールが巧みでヒットを量産し、俊足で、センターの守備範囲も広く、まさに絵に描いたような1番センターである齋藤。これで今大会の打率は.611と絶好調であり、明日の決勝戦での活躍が楽しみである。

20211106国学院久我山 齋藤1
20211106国学院久我山 齋藤2
4打数4安打3打点の活躍をみせた国学院久我山のリードオフマン齋藤


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ