fc2ブログ

東洋大×中央大【東都大学野球連盟】

6/22 東都大学野球連盟 1部2部入替戦 第3戦
東洋大×中央大 @神宮球場

試合経過

東都2部を制した東洋大と、三つ巴のプレーオフの末に1部最下位となった中央大による入替戦。1勝1敗のタイで迎えた第3戦は、勝った方が秋は1部、敗けた方が秋は2部というまさに運命の1戦。中央大は西舘、東洋大は細野とともに第1戦に先発した投手が、中1日で再び先発のマウンドに上がった。

東洋大は1回表、1番松本渉がいきなり左中間に3ベースを放ってチャンスを作ると、初戦では満塁弾を放つなど好調な3番石上泰が前進守備の1・2塁間を破り、東洋大が幸先よく先制点をあげる。
20220622東洋大 石上泰
先制タイムリーを放った石上泰

東洋大の先発の細野は、大胆なフォームから繰り出すストレートはMax154㌔をマークし、130㌔前後で大きく曲がるスライダーをはじめとして、フォークやカーブといった変化球も冴えわたり、初回には得意の1塁牽制でもランナーを刺すなど中央大打線を圧倒。大学日本代表合宿を辞退して、この入替戦に臨んでいるが、この試合の投球を見ても、参加していたら日本代表でも主力となるだろう投手だけに、非常にもったいないと感じた。
20220622東洋大 細野
中央大打線を圧倒した東洋大のエース細野

一方の中央大の先発の西舘もストレートはMax153㌔をマークし、Max140㌔をマークしたSFFに加えて、120㌔前半のスライダーや、タイミングを外すカーブなども交えて、奪三振率も高く、2回以降は素晴らしい投球を展開。初戦では5回途中KOであったが、この試合では打って変わって東洋大戦を圧倒。この両投手の素晴らしいピッチングで、4~6回は両チームともにパーフェクトに抑えられるなど、試合は東洋大が1-0とリードしたまま終盤を迎える。
20220622中央大 西舘
細野に負けじと好投をみせた中央大の先発西舘

東洋大の細野は7回裏にも、森下・北村と中央大の最も警戒すべき3・4番コンビを打ち取り2死とするものの、そこから5番石井には四球。明らかにストレートが上に外れることも多くなり、続く高橋にはストレートの四球を与えてしまい、2死1・2塁のピンチを迎える。このピンチは7番皆川をファーストゴロに打ち取り脱したものの、明らかに疲れが見えてきており、細野は7回2安打無失点という素晴らしい投球ながら、この回でマウンドを降りることとなる。

東洋大は2番手として、河北がマウンドにあがる。河北はストレートはMax148㌔をマークし、130㌔台のスライダー(カットボール?)とのコンビネーションで、櫻井・代打の佐藤といきなり2者連続三振というスタートを切り、8回裏の中央大の攻撃を3人で抑える。一方の西舘は9回表のピンチも凌いで、4安打11奪三振1失点という内容で9回を投げ切り、味方の最後の攻撃に望みを託すこととなった。

9回裏は河北VS中前という、共に一緒にプレーもした浦和学院の先輩後輩対決から始まったが、コントロールが自慢の河北にしては珍しくストレートの四球。さらに続く森下に対しても四球を与えてしまい、9回に入ってから投じた9球のうちストライクは1球のみというまさかの乱調。東洋大の杉本監督はたまらず、河北→島田に投手を交代する。無死1・2塁ということで中央大は4番北村であってもバントの構えで、北村は3塁側にきっちりとバントを決めると、これを処理した島田の1塁への送球がショーバンとなり、ファースト小口が弾く間に、中前の代走の川波がホームインして同点となる。

なおも無死1・3塁とサヨナラのチャンスで中央大は5番石井を迎える。石井は追い込まれてから、島田の148㌔のストレートをカットすると、最後は低めの変化球に食らいつき、打球は前進守備のセカンドの横をセンターに抜けていき、サヨナラタイムリーヒット。目前で1部昇格を逃した東洋大ナインだけでなく、打って石井や主将の北村といった中央大ナインも涙を流しすなど、入替戦は壮絶な結末を迎えて、中央大が2-1で勝利し、1部残留を決めた。
20220622中央大 サヨナラ
サヨナラ勝ちで1部残留を決めた中央大ナイン


20220622東洋大×中央大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


正直東洋大有利と思われていた入替戦だが、初戦に敗れた中央大が崖っぷちから見事に逆転で1部残留を決めた。その原動力となったのは、リーグ戦から大幅にテコ入れをしたバッテリーであろう。リーグ戦ではリリーフエースとして活躍していた西舘を先発で起用し、1戦目ではKOされたものの、この3戦目にも再び先発を託すと、9回4安打11奪三振1失点完投と見事な投球をみせて、この試合の原動力となった。キャッチャーもリーグ戦では山田、プレーオフでは村高を起用していたが、入替戦では1年生の綱川を抜擢し、この試合でも好リードに加えて、細野から2ベースを放つ活躍をみせた。打線は森下・北村を中心にいいだけに、西舘というエースが確立して守備面が安定してくれば、秋は上位進出が見えてくるだろう。
20220622中央大 綱川
この入替戦では1年生ながら全試合でスタメンマスクを被った綱川

東洋大は自慢の投手陣が、前日に崩壊したのがきつかった。細野の後は本来であれば、Max151㌔の189㎝右腕一條、ドラフト候補の156㌔右腕の羽田野を起用したいところであったが、2人ともこの入替戦では不安定な投球を見せてた。そこで安定感のある河北に託したものの、河北が9回にまるで魔物にでも取りつかれたかのように連続四球で降板。この場面をリーグ戦では登板のない1年生の島田に託すというのは酷であった。この投手陣の負の連鎖が、目前で1部昇格を逃した要因となってしまったが、1部にいてもトップクラスといえるほど投手陣は実力者揃い。いきなり登板した島田もストレートは148㌔をマークして、大きく曲がる得意のパワーカーブでも空振りを取るなど球自体は素晴らしいものがあった。東洋大が秋も入替戦に出場してくる可能性はかなり高いであろう。
20220622東洋大 島田
最終回のピンチでマウンドに上がった東洋大の1年生島田


Pickup Player
石井巧 中央大3年 ショート
~執念で放ったサヨナラタイムリー~
中央大が、石井のサヨナラタイムリーで1部残留を決めた。

守備力と打撃に秀でた内野手である石井匠は、兄の石井一成(日本ハム)と同じく作新学院に進学すると、2年春よりショートのレギュラーを獲得し、2年夏の甲子園には6番ショートとして出場。2年秋からはチームの主将も務め、3年夏の甲子園には4番ショートとして出場し、中京戦では3ランホームランを放つなど3試合で打率.455打点6という活躍をみせる。

中央大に進学すると、1年秋からリーグ戦に出場し、2年春はセカンドのレギュラーに定着。今年からは3年生ながらチームの副主将も務め、ポジションも本職のショートとして活躍し、リーグ戦では打率.286打点7という成績を残した。ただチームはプレーオフの末に最下位となり、この入替戦では1・2戦目と7番を打っていたものの、前日の3安打4打点という活躍からこの試合では5番に昇格した。

ただこの試合の石井は、細野の前にいきなり2打席連続三振。持ち前の守備でも打球は飛んでこず、中盤までは存在感は発揮できずにいた。ただ7回の第3打席では2死から四球を選んで出塁すると、結果的にこれが細野が7回で降板するきっかけとなった。そして9回裏は同点に追いついた後の無死1・3塁という場面で石井に第4打席が回ってきた。この打席での石井は、島田の大きく曲がるカーブに空振りして追い込まれるも、続く148㌔(島田のMax)をカットすると、最後は低めのカーブに食らいつくと、打球は前進守備のセカンドの横をセンターに抜けていき、サヨナラのタイムリーヒットとなった。

打った石井は1塁を回ったところで、その場で泣き崩れるように屈んで、そこにナインが集まっていった。3年生ながら副主将も務めると石井は、主将の北村らとともに前日から頭を丸めて試合に臨んでおり、この試合にも懸ける思いはあったことだろう。サヨナラ打もそれほどいい打球というわけではなかったが、ボールに食らいついて、石井の執念でヒットにしたというような当たりであった。

これで秋も1部で戦うこととなった石井。プロも注目している選手であり、スローイングなどの守備の安定感は抜群で、全体的にそつなくこなすことのできる選手である。中央大で5番を打っているように打撃も悪くはないが、もう一皮むけてインパクトを残せるようになると、来年のドラフト会議で名前を呼ばれる選手になれることだろう。
20220622中央大 石井
サヨナラタイムリーを放った石井


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甲子園2021
価格:499円(税込、送料別) (2021/8/9時点)


カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ