fc2ブログ

二松学舎大付×東海大菅生【秋季東京大会決勝】

11/13 秋季東京大会決勝
二松学舎大付×東海大菅生 @神宮球場

試合経過

勝てばセンバツが当確となり、神宮大会出場も決まる秋季東京大会の決勝は、二松学舎大付と東海大菅生の対戦となった。二松学舎大付は背番号7の大矢、東海大菅生はエース日當と共に前日の準決勝と同じ投手が先発のマウンドに上がった。
20221113二松学舎大付 大矢
二松学舎大付の先発は背番号7の大矢

先行の二松学舎大付は1回表、1番毛利・3番大矢のヒットで1・2塁のチャンスを作ると4番片井が先制タイムリー。対する後攻の菅生も1回裏、1番沼澤がヒットで出塁し、2番大舛が送ってチャンスを広げると、今大会初の4番起用となった北島がタイムリーヒット。両チームともに4番がきっちりと仕事を果たし、初回は1ー1で終える。
20221113二松学舎大付 片井
先制タイムリーを放った片井

菅生は3回裏、2死ランナー無しから4番北島がヒットで出塁すると、5番新井の高く上がった打球は風の後押しもあり、そのままバックスクリーンに飛び込む勝ち越し2ラン。北島の代わりに4番→5番に降格となった新井が奮起し、菅生が3ー1と勝ち越しに成功する。
20221113東海大菅生 新井
新井の2ランで東海大菅生が勝ち越し

菅生は4回裏にも、先頭の門間がヒットで出塁すると、二松学舎大付は早くも大矢から、背番号1をつけるリリーフエースの重川に投手を交代。ただ菅生は高橋が送ってチャンスを広げると、9番日當が190㎝95㎏という体格から来るパワーを見せつけるように、レフトフェンス直撃の強烈なライナーを放ち追加点。

菅生は5回裏にも、北島の早くも猛打賞となるヒットと四球で1・2塁のチャンスを作ると、7番門間がライト線に2点タイムリー2ベースヒット。8番高橋もタイムリーで続き、菅生が7ー1と大きくリードして、試合は前半を終了する。

センバツ選考のためにも、勝敗に加えて、大きく点差をつけられたくない二松学舎は7回表、先頭の主将押切がライトフェンス直撃の3ベースを放ち、9番中川のセカンドゴロの間に生還。さらに毛利・柴田の1・2番が連打でチャンスを作るも、3番大矢は三振、4番片井はサードゴロと日當が持ち前のピンチでの粘りをみせて1点止まり。

すると菅生はその裏、北
島・新井が連打とまたもや4・5番コンビの活躍でチャンスを作ると、原田が送りバントを決めて、門間の犠牲フライで追加点をあげる。
20221113東海大菅生 門間
東海大菅生の7番門間はこの試合3打点の活躍

前日135球で完投している日當であったが、この試合でもストレートはMAX143㌔をマーク(前日のMAXは144㌔)。ストレートの平均はやや落ちていたものの、得意のフォークやスライダーといった変化球も使い、うまいピッチングを見せ、二松学舎打線を抑えていった。結局前日と全く同じ135球2失点で完投。東海大菅生が8ー2で勝利して、秋季東京大会を制した。
20221113東海大菅生 優勝
秋季東京大会を制したのは東海大菅生


20221113二松学舎大付×東海大菅生
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


東海大菅生の新チームは若林監督曰く「最低のチーム」だったらしい。菅生の前チームは、鈴木泰・福原・小山・小池ら甲子園を経験している選手も多く、期待の世代であり、レギュラーも全員3年生であった。その分、新チームには経験者が少なく、戦力としても不安ではあった。ただその中で唯一経験があるといえるのはエース日當。前チームではエース鈴木泰が故障で離脱していたために、その間に登板機会を得て、今年の春はエース格として活躍。鈴木泰が復帰した夏も、いきなり1人では投げ切れないので、西東京大会ではほぼ2枚看板的な役割を果たした。その経験もあってか、日當は190㎝95㎏でそのフォームといいまるで外国人投手のようであるが、投球は丁寧で、うまく打者のタイミングを外すことにも秀でている。今大会では3回戦以降は、全て日當が完投し、防御率0.82という大活躍でチームを優勝に導いた。チームとしての経験が少ない中で、唯一の経験者が見事にチームを牽引した結果といえる。
20221113東海大菅生 日當
前チームからの経験をもとにエースとしてチームを優勝に導いた日當

二松学舎大付にとっては痛い敗戦となった。敗れたこともさることながら、その内容が…といった話になる。来年のセンバツは95回の記念大会のため、出場枠増に伴い、関東の出場枠も1つ増える。例年関東のセンバツ選考は、最後の1枠を巡って関東5校目と東京2校目の選考が焦点となるが、今年はこの2校が両方出られるという話になる可能性が高かった。しかしこの決勝では6点もの差をつけられ、試合内容としても東海大菅生に投打に圧倒される形となり、選考委員の印象は非常に悪い。スコアと内容から見れば、準決勝で東海大菅生に2-3で敗れた日大三の方が、東京2校目としていいという声も上がるかもしれない。終盤は日當からチャンスを作っていたので、せめてもう2・3点返していれば…というところであったが、最終回も1死満塁で4番片井が併殺で試合終了となってしまう、試合だけでなくセンバツの選考においても、あと1本が足りなかったということになれなければ良いが…。


Pickup Player
北島蒼大 東海大菅生2年 捕手
~新4番が4打数4安打の大活躍~
この試合から東海大菅生の4番に座った北島は、すべてが得点に絡む4安打の大活躍であった。

北島は中学時代は上尾リトルシニアでショートとしてプレーをしており、東海大菅生では1年秋に背番号12でベンチ入りを果たすとセンターとして途中出場している。2年夏は背番号15でベンチ入りも出場機会のなかった北島は、その後の新チームに向けて捕手にコンバートされる。前チームまで福原という大黒柱がいた一方、新チームでは捕手不足という事情があった。北島は正捕手の座を掴み、打ってもクリーンアップとして新チームでは活躍していた。今大会は1回戦の日大豊山戦、2回戦の明治戦とノーヒットであったが、3回戦の佼成学園戦では4打数4安打2打点の大活躍。前日の準決勝の日大三戦では1安打であったが、この決勝では初の4番打者として起用された。

すると1点を先制された後の1回裏2死3塁で回ってきた第1打席では、ピッチャーの足元を抜くセンター前ヒットを放ち、いきなり4番だとしての仕事を果たす。第2打席でもセンター前ヒットを放ち、続く新井の2ランに繋げる貴重な役割を果たす。第3打席でも三遊間を破るヒットを放ち、5回裏の3得点の起点となると、第4打席でも同じく三遊間を破り8点目のホームを踏んだ。結局4打数4安打1打点3得点、放った4本のヒット全てで打点or得点をマークしており、ランナーを返すことも、攻撃の起点となることもできる貴重な役割を果たした。

北島は172㎝71㎏と体格としては決して大きくないものの、思い切りのいいスイングが特徴で1発もある打者だ。これで今大会4安打は2回目な一方、ノーヒットも3試合とまだ若干ムラはあるものの、打者としての期待値は高い。守備では肩の良さが売りであり、肩だけでいえば東京No1ともいえる捕手で、この試合でも4回にはセカンドランナーを牽制で刺す場面も見られた。ワンバン投球などのストップを含めたキャッチングに関しては、まだ捕手経験が浅いこともあり、課題は残るものの、この試合ではバッテリーミス0であった。身体能力が高く、今後も東海大菅生の中心選手として、まだまだ成長が見込めそうであり、楽しみな選手だ。
20221113東海大菅生 北島2
20221113東海大菅生 北島1
全て得点に絡む4安打の活躍をみせた東海大菅生の4番捕手北島


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甲子園2021
価格:499円(税込、送料別) (2021/8/9時点)


カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ